【徹底比較】ホットサンドメーカーの人気おすすめランキング10選【2018最新】

自宅で気軽にホットサンドを作れるホットサンドメーカー。ホットサンド以外にもマフィンやバケット、ワッフルなどが簡単に作れます。ただ、バウルーやレコルト、ロゴス、コールマンなどメーカーやブランドも様々な上に、IH対応のものや直火式のものなど商品が多く迷いがち。
そこで今回は、ホットサンドメーカーを購入する際のポイントをまとめた上で、おすすめのホットサンドメーカーランキングをお届けします!

今回は、「ホットサンドメーカー」に注目しました。

中の具材は熱々で外はカリッと香ばしく焼きあがる絶品ホットサンドを手軽に作れるホットサンドメーカー。自宅だけに止まらずキャンプなどのアウトドアイベントなどでも活躍してくれる優れものです。

しかし、バウルーやレコルト、コールマン、ロゴスなどメーカーやブランドも数多く、直火式・電動式、IH対応など購入時の選択肢が非常に多いのも事実です。また、根強い人気で一部のメーカー商品では長引く価格高騰があったり。

そこで今回は、ホットサンドメーカーの選び方のポイントを解説した上で、売れ筋の人気商品から価格・機能・口コミなどを比較して、直火式・電動式別におすすめのホットサンドメーカーランキングをご紹介したいと思います!

ホットサンドメーカーの選び方ポイント

ホットサンドメーカーには大きく二つのタイプが存在します。それぞれにメリットやデメリット、特徴があるので理解した上で選びましょう!

  1. 1. 電動式ホットサンドメーカー
  2. 2. 直火式ホットサンドメーカー

電動式ホットサンドメーカー

電動式は、ボタンを押すだけで電気の力を利用し自動的にホットサンドを作ってくれます。

メリット

  • ボタン一つで出来上がるので手間がかからない
  • 忙しい朝でも他の事をこなしながらの「ながら焼き」ができる
  • プレートを取り替えられるタイプが多く、ワッフルやたい焼きなども楽しめる
  • プレートの取り外しが可能で簡単に洗える

デメリット

  • コンセントが必要なのでアウトドアなど外でのイベントでは使いにくい
  • 直火式に比べると価格は高めの傾向
  • 余熱に多少の時間がかかる
Pointing up
電動式がおすすめな人

気軽に作りたい人、ワッフルやたい焼きなどホットサンド以外にも色々作ってみたい人

直火式ホットサンドメーカー

直火式は、フライパンのように使えて、サクッとホットサンドを焼き上げられます。

メリット

  • 電動式に比べシンプルな構造なため、コンパクトで収納しやすい
  • 電動式よりも焼き上がりまでの時間が短い
  • ホットサンドメーカーごと丸洗い可能
  • 電動式に比べると価格は安い傾向

デメリット

  • 火加減は自分で調整する必要あり
  • 電動式に比べれば自分で焼き上げる手間がかかる
Pointing up
直火式がおすすめな人

カリッと焼けるホットサンドを食べたい人、焼き上げる工程を楽しみたい人

電動式ホットサンドメーカーの人気おすすめランキング5選

それでは売れ筋の電動式ホットサンドメーカーの中から、選び方のポイントを押さえた上で、おすすめの電動式ホットサンドメーカランキングをご紹介します!

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

石崎電機 シュアー ホットサンドメーカー

シュアー ホットサンドメーカー ブラック SHM-75S

サイズ :長さ23.5×幅23×高さ9.8cm
重量  :1.2kg
消費電力:700W
付属プレート:ホットサンド(固定)

一度に4枚のホットサンドを焼けて操作も簡単!

電熱機器メーカー・石崎電機のシュアーファミリーベーカーforホットサンド。

一度に4ピースのホットサンドを作ってくれる商品です。食べ分けやすいのが大きな魅力。また電源スイッチはないものの、パイロットランプが導入されていて、加熱状態は一目で確認可能。オレンジなら通電中、グリーンなら加熱中といった具合です。

もちろん加熱が完了すると、自動的に加熱ヒーターがオフにされる安全設計。モダンでシックなデザインもキッチンやダイニングにすんなり溶け込みますよ♪

4

山善(YAMAZEN) マルチサンドメーカー YHS-X700-2N

山善(YAMAZEN) マルチサンドメーカー (ホットサンド・たい焼きプレート付) ホワイト YHS-X700-2N(W)

サイズ :長さ26.5×幅23.5×高さ10cm
重量  :2kg
消費電力:700W
付属プレート:ホットサンド・たい焼き

フルオープン可能なプレートが◎!

山善のマルチサンドメーカー・YHS-X700-2N。

熱々ジューシーなホットサンドに加え、ふっくらしたたい焼きまで焼き上げてくれる活躍頻度の高いホットサンドメーカーです。プレート面は180度フルオープン出来るので、たい焼きを焼く場合などには便利。

また使い終わった後は、プレートを取り外して丸洗い可能。お手入れも楽チンですね。縦置き出来るので、収納時は省スペースになりますよ。スペースが限られるキッチンには嬉しいポイント。

さらに別売りプレートもお手頃価格なので、気に入れば幅広い食べ物が楽しめちゃいます♪

3

Vitantonio (ビタントニオ) バラエティサンドベーカー

Vitantonio バラエティサンドベーカー 《VWH-20-R》 [焼き型2種付き]

サイズ :長さ25.5×幅24.5×高さ10.7cm
重量  :2.5kg
消費電力:900W
付属プレート:ワッフル・ホットサンド

ドーナツやタルトなど全8種類のプレートに対応!

ビタントニオが手がける色鮮やかな本格ホットサンドメーカー。

900Wの電力で、中はふわっとしていながら外はサクッとした食感が楽しめるホットサンドやワッフルを堪能出来ます。また、フッ素加工のプレートは汚れがつきにくい上に、取り外して丸洗い出来るので、使用後のお手入れも楽チン。

加えて、付属プレートがワッフルとホットサンドというのも嬉しいポイントです。その他にもドーナツやパンケーキ、パニーニなど全8種類のプレートに対応していて、好みで追加出来ますよ♪

2

レコルト プレスサンドメーカー キルト

レコルト プレスサンドメーカー キルト recolte PRESS SAND MAKER Quilt [ ピンク / RPS-1PK ] ホットサンドメーカー

サイズ :長さ23×幅13×高さ9.5cm
重量  :約1kg
消費電力:600W
付属プレート:キルト模様プレート(固定)
※サーモスタッド機能付き

可愛らしいキルト模様の絶品ホットサンドを堪能

レコルトのプレスサンドメーカー・キルト。

こだわりを感じる美しいカラーとスタイリッシュなデザインが印象的な商品です。キッチンがおしゃれになって◎。そして、とっても可愛いキルト模様のホットサンドを焼き上げてくれるのも大きな魅力です。食パンの耳までカリッと焼きあがって、見た目にも食欲をそそられます。

また、具材の厚みに合わせてハンドロックは三段階調整可能。男性でも満足度の高いボリュームのあるホットサンドを作れちゃいます。

プレートが固定式のため、取り外して丸洗い出来ないものの、隙間の少ない仕様でお手入れも手軽。収納時は省スペースな縦置きも可能です。本体重量が1kgと軽めなので扱いやすいですよ。

見た目よし・使い勝手よしなオススメのホットサンドメーカーです!

1

アイリスオーヤマ ワッフル ホットサンドメーカー IMS-703P

アイリスオーヤマ マルチサンドメーカー プレート3枚(ワッフル ホットサンド ドーナッツ) IMS-703P-W

サイズ :長さ25.7×幅24.6×高さ11cm
重量  :2.3kg
消費電力:700W
付属プレート:ホットサンド・ワッフル・ドーナツ

手軽にホットサンドやワッフルが楽しめちゃう♪

アイリスオーヤマのマルチサンドメーカー・ IMS-703P-W。

使い勝手が良くお手頃な価格から人気の商品です。それでいて付属プレートが3種類あるというのも魅力的。ホットサンドはもちろん、ワッフルやドーナツまで付属プレートで作れちゃいますよ。

プレートは取り外して丸洗い可能で、収納時は場所を取らない縦置きに対応。電力も700Wと十分で、予熱しておけば5分程度で焼き上がります。

外はカリッとしていて中はジューシーな絶品ホットサンドをお家で手軽に堪能してみませんか?

直火式ホットサンドメーカーの人気おすすめランキング5選

ここからは、おすすめの直火式ホットサンドメーカランキングをご紹介します!

5

及源(Oigen) 南部鉄器 ホットサンドメーカー F-416

サイズ:長さ41.7×幅14.4×高さ5.7cm
重量 :1500g
IH対応:×

アウトドアにも最適!鉄で出来たホットサンドメーカー

1852年創業の南部鉄器の老舗「OIGEN(及源)」のホットサンドメーカー。

直火式としては高めの価格ですが、熟練の職人が作り上げる細部までこだわった品質と歴史を感じさせる重厚なデザイン、鉄素材の組み合わせは大きな魅力です。強火でもしっかり焼き上げられるのでカリッとした食感のホットサンドが堪能でき、頑丈な鉄素材はアウトドアシーンにもオススメ。

重量感はあるものの、「国の伝統的工芸品」第1号の指定を受けている高品質な南部鉄器は、根強いファンも多いですよ。雰囲気のある鉄製ホットサンドメーカーでこんがり焼けたきつね色のホットサンドに舌鼓を打ってみませんか?

4

下村企販 ブラックホットサンドメーカー 20415

下村企販 ブラックホットサンドメーカー 20415

サイズ:長さ35.5×幅14×高さ4cm
重量 :480g
IH対応:×

日本製の本格的直火式ホットサンドメーカー!

暮らしに関わる様々なアイテムを手がける下村企販のブラックホットサンドメーカー。

中央にある凹凸で食パンを2ピースに分割して焼き上げてくれます。プレート部分は開けた際に90度の角度で止まるため、奥行きの取れないスペースでもスムーズに焼き上げられますよ。

また焼き面は13.3cm×11.7cmのサイズで、6枚切りのパンでも具材を詰め込みすぎなければ耳ごと焼けるのが嬉しいポイント。カリッとした耳は食感を変えるという意味でもアクセントになりますよね。

価格・軽さ・使い勝手などバランスの良い直火式ホットサンドメーカーです!

3

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX

杉山金属 IH対応 ホットサンドメーカー スマイルクッカーDX

サイズ:長さ37.5×幅16×高さ4cm
重量 :1180g
IH対応:○

IH対応と大きめサイズが嬉しい!

キッチン用品メーカー・杉山金属のホットサンドメーカー「スマイルクッカーDX」。

ガス火はもちろん、IHにも対応しているのが大きな魅力の商品です。どんなコンロでも熱々でカリッとした食感のホットサンドが楽しめちゃいますよ。

また焼き面が大きめなのも嬉しいポイントで、8枚切りの食パンならかなり具材を詰め込んでもパンの耳まで圧着出来ます。具沢山でボリュームのあるホットサンドが好きという方には堪りませんね。

また、少し大きめのサイズは"両面焼ける小さなフライパン"としても使い勝手が良く、おつまみなど色々なシーンで使えますよ。

本体が重たい点はデメリットですが、自宅からアウトドアまで幅広く活躍してくれる人気商品です♪

2

バウルー ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル BW01

バウルー ホットサンドメーカー ニュー・バウルー シングル BW01

サイズ:長さ35×幅14.2×高さ3cm
重量 :450g
IH対応:×

直火式として大人気!バウルーのシングルタイプ

ホットサンドメーカーとして大人気のバウルー。

こちらは中央に折れ目があるダブルタイプよりもリーズナブル(それでも安くはないですが・・・)なシングルタイプのホットサンドメーカーです。

バウルーの特徴である厚い鋼板は、蓄熱性を高めやすくカリッとした食感の焼き上がりを楽しめる最高品質クラス。また、シングルタイプは具材をより沢山詰められ、焼き面がフラットなことでフライパンとしても使いやすいです。ホットサンドの具材準備もこれ一つで対応出来ちゃいますよ。

バウルーのホットサンドメーカーが欲しい!という方は少なくないと思いますが、ダブルに強いこだわりがない方であれば、ダブルより安価で使い勝手の良いシングルタイプをオススメします!

1

ヨシカワ(Yoshikawa) あつあつホットサンドメーカー SJ1681

サイズ:長さ35×幅15×高さ3.2cm
重量 :350g
IH対応:×

コスパ最強!直火式を手軽に楽しめる良品

ヨシカワのあつあつホットサンドメーカー・SJ1681。

こちらの商品の魅力は何と言ってもリーズナブルな価格です。直火式ホットサンドメーカーとしては最安値クラスのお手頃商品。さらに重量350gと軽く、扱いやすいのも嬉しいポイントですね。持ち運びやすく、キャンプなどでフライパンとして使っている人も多いようです。

また、カリッとした焼き上がりになるように火の通りも十分で、直火式ならではの熱々サクサクなホットサンドが楽しめちゃいます。とりあえず1つ直火式ホットサンドメーカーを買ってみたいという人には、是非オススメしたい商品です!

ちなみに、カリッとしたの焼き目が楽しめる同商品の新しいモデル(Amazon楽天Yahoo!)も非常に人気があるので、是非チェックしてみて下さい♪

まとめ

今回は、ホットサンドメーカーをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

直火式と電動式のどちらにするか決めてから、それぞれの商品を比較していくと、ご自身に最適なホットサンドメーカーに辿り着きやすいと思います。ぜひ満足度の高いホットサンドメーカーをゲットして、絶品ホットサンドに囲まれる毎日を楽しんで下さいね!

関連キーワード