【液体・個体別に紹介】調味料入れの人気おすすめランキング10選

キッチンや食卓で調味料を使う際にとっても便利な調味料入れ。塩・砂糖・オイルなど様々な調味料を使いやすくしてくれ、またキャンプなどのアウトドアでも大活躍です。ただプラスチック・ステンレス・陶器など素材に違いがあり、液だれしないタイプやおしゃれでかわいいタイプなどその種類はとっても豊富。そこで今回は、調味料入れの選び方を簡単に解説した上で、液体・個体別にそれぞれおすすめの厳選5アイテムを紹介していきます。

調味料入れの選び方

お家はもちろん、キャンプなどのアウトドアでもあると便利な調味料入れ。まずは選ぶ際のポイントを簡単にご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

液体調味料は液だれしないものを選ぶ

注いだ後の液だれは液体調味料入れを使う上でとってもストレスになりやすいポイントですよね。食卓やキッチンを気付かぬうちに汚してしまっていた・・・なんてことにもなりかねません。

注ぎ口がシャープなタイプや口径が狭いタイプは、液体の表面張力が働きやすく、比較的液だれしにくいと言えます。また液体調味料入れは口コミにも液だれしやすい・しにくいといった情報が書かれていることが少なくありません。注ぎ口の形状に注目すると当時に実際に使用した人のレビューなども参考にしながら、選んでいきましょう。

個体調味料は固まりにくいものを選ぶ

調味料入れに入れていた塩や砂糖がカチカチに固まっていたという経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか。例えば、塩や砂糖は湿度の変化や乾燥などによって固まってしまいます。しっかりと密閉出来る調味料入れを使うことでサラサラの状態をキープしやすくなります。

特に湿気が気になる場所で保管する場合、密閉力の高いパッキン付きのものを選んでおくのもありですよ。

素材の特徴を理解しておこう

調味料入れの素材にはプラスチックやガラス、陶器、ステンレスなどがあります。

例えば、プラスチックはリーズナブルかつ軽量で使いやすい反面、ニオイが移りやすいのが弱点。陶器は調湿効果に優れているため、塩が固まりにくくサラサラの状態を保ちやすくなります。またステンレスは汚れに強くお手入れしやすいのが魅力。ガラスはスタイリッシュな上にニオイ移りもしにくいです。

それぞれの素材に特徴があるので、少し頭に入れた上で選んでみてくださいね。

透明タイプなら中身の確認が楽チン

調味料が多く、使用する調味料入れが増えてくると、どの調味料入れに何が入っているのか分かりにくくなってしまいます。それを回避するためには透明タイプの調味料入れを使うのも一つの方法です。中身が分かりやすいだけでなく、残量確認もしやすいですよ。

またラベルシールを貼っておくのも判別しやすくする方法です。中にはラベルシールが付属している調味料入れもあるので、選ぶ際はチェックしておきましょう。

おしゃれかわいいデザインなら気分もアップ

食卓はもちろん、キッチンで使う調味料入れもデザインがオシャレだと気分が良いですよね。調味料入れの中にはシンプルだけどおしゃれなものや可愛いキャラクターが描かれているものなど見た目が楽しめるものも少なくありません。ぜひデザインにもこだわって満足度の高い調味料入れをゲットしちゃいましょう♪

【液体】調味料入れの人気おすすめランキング5選

それでは液体調味料におすすめな調味料入れを厳選5アイテム紹介していきます。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

レック(Lec)

ドレッシングボトル

KK-330

サイズ直径6×高さ19.5cm
容量300ml
素材ポリエチレン(本体)
ラベルシール付属

選べる細口と太口!調味料に合わせて調整できちゃう

レックのシンプルな調味料ボトル・KK-330。最大の特徴はノズル部分が細口と太口の2WAY仕様になっているところです。調味料に合わせて使い分けられるため、例えば油控えめにしたい方は細口を使って細かく量を調整しやすくするなんて使い方が出来ますよ。

スッキリとしたシンプルなデザインはどんなキッチンとも相性良し。少し小さな180mlタイプもあるので、用途に合わせて選んでみてくださいね。

4

moiitee

油スプレー

サイズ直径4×高さ17.8cm
容量100ml
素材ガラス・ステンレス
ラベルシールなし

ミスト状に広がるスプレータイプ!出し過ぎ防止にも効果的

中に入れた液体調味料がミスト状に噴出されるスプレータイプの液体調味料入れ。ステンレス×ガラスの組み合わせとスリムなボトル形状は見た目がとってもスタイリッシュです。

またプッシュすると調味料がミスト状に均一に広がるため、出し過ぎ防止にも効果的。オリーブオイルやサラダ油なんかにおすすめです。調味料の出し過ぎを防いで、よりヘルシーな生活を送ってみませんか?

3

アスベル

ガラスポット(液体用) フォルマ

1132

サイズ幅10.6cm×奥行8×高さ14.9cm
容量350ml
素材ソーダガラス(本体)
ラベルシール付属

350mlのたっぷりサイズだけど持ちやすい!

アスベルの液体用ガラスポット・フォルマ。容量は350mlと少し多めですが、大きな持ち手があるため持ちやすく注ぐ時も手を滑らせてしまう事がありません。さらに注ぎ口をカバーする蓋があるので、ホコリなどが入ってしまう心配もなし。

また本体部分は透明なガラス製で中に入れた調味料はもちろん、残量も一目で確認可能です。ラベルシールまで付属しているため、使い間違いをバッチリ防げますよ。

2

タケヤ化学工業

プルーディスペンサー・S

サイズ直径6×高さ13.6cm
容量180ml
素材ポリエチレン(本体)
ラベルシールなし

カーブしたステンレス製ノズルで液だれ防止!

タケヤ化学工業のプルーディスペンサー・S。本体は中身が見える透明なポリエチレン製で、ノズル部分はステンレスが採用されています。さらにステンレスノズルは曲線形状になっていて、傾けた時に必要以上に液体調味料が流れ出ない設計。キレが良く液だれしにくいのが大きな魅力です。

また本体が柔らかいため、持ち手の握り加減を調整する事で出量をコントロール可能。直感的かつ細かく調整できるのが嬉しいですね。ただ上向きな注ぎ口に対して蓋がないため、衛生面を考えるとある程度こまめにお手入れする必要があります。

1

iwaki

フタ付きしょうゆ差し

KT5032

サイズ直径5.8×高さ14.5cm
容量160ml
素材耐熱ガラス(本体)
ラベルシールなし

使いやすく衛生的!人気の高いしょうゆ差し

耐熱ガラス製の食器で有名なiwakiのフタ付きしょうゆ差し。本体素材にはもちろん、90℃まで対応できる耐熱ガラスが採用されています。

本体は上部から底面に向かって少し広がる形状になっていて、安定感のある持ち心地。そしてシャープな注ぎ口はしっかり切れて液だれしにくいですよ。また注ぎ口用の蓋が付いているので衛生面でも安心。

とっても使い勝手が良く評判の良いしょうゆ差しです。同シリーズのオイル差しもあるので、調味料に合わせて選んで下さいね!

【液体】おすすめ調味料入れの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ容量素材ラベルシール商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

iwaki

フタ付きしょうゆ差し

使いやすく衛生的!人気の高いしょうゆ差し直径5.8×高さ14.5cm160ml耐熱ガラス(本体)なし

2

2位のアイテムの商品画像

タケヤ化学工業

プルーディスペンサー・S

カーブしたステンレス製ノズルで液だれ防止!直径6×高さ13.6cm180mlポリエチレン(本体)なし

3

3位のアイテムの商品画像

アスベル

ガラスポット(液体用) フォルマ

350mlのたっぷりサイズだけど持ちやすい!幅10.6cm×奥行8×高さ14.9cm350mlソーダガラス(本体)付属

4

4位のアイテムの商品画像

moiitee

油スプレー

ミスト状に広がるスプレータイプ!出し過ぎ防止にも効果的直径4×高さ17.8cm100mlガラス・ステンレスなし

5

5位のアイテムの商品画像

レック(Lec)

ドレッシングボトル

選べる細口と太口!調味料に合わせて調整できちゃう直径6×高さ19.5cm300mlポリエチレン(本体)付属

【個体】調味料入れの人気おすすめランキング5選

ここからは、個体調味料入れをご紹介していきます。片手で使えるワンタッチタイプのものや人気キャラクターとコラボした可愛いものなど5アイテム厳選しているので、気になった商品はぜひチェックしてみて下さい。

5

山崎実業

調味料入れ

サイズ幅5.8×奥行6.2×高さ10.5cm
容量200ml
素材アクリル樹脂

口笛を吹くミッキーマウスがとっても可愛い♪

おしゃれなインテリア雑貨を手がける山崎実業の調味料入れ。シンプルながらスタイリッシュなデザインの本体には人気キャラクター・ミッキーマウスが描かれていて、とってもキュートな商品です。

蓋は使い勝手の良い前後スライド式。さらに開け口は大小二つあり、小さじスプーンを使う場合は大きい口、そのままふりかける場合は小さい口と使い分けられるようになっています。スプーンも容器側面に収納できるため、使い勝手が良いですよ。

4

ファイン

ソルト&シュガーさらさらポット(美濃焼)

サイズ直径9×高さ10cm
容量285ml
素材陶器

塩や砂糖がいつでもサラサラ!陶器製調味料入れ

湿度調整機能に優れた陶器製の調味料入れ。塩・砂糖用の2個セットになっていて、色合いがとっても可愛らしい商品です。キッチンにおしゃれな彩りを加えてくれますよ。

陶器は素焼きのため通気性が高く、湿気をしっかりと除去。塩が固まってしまうのを防いでくれます。さらに容器内面に釉薬かけているため、砂糖が乾燥しすぎてしまう心配もありません。

価格は少々高いですが、塩や砂糖をサラサラの状態にキープできる上に見た目もおしゃれな調味料入れです。

3

山佳化成

ワンタッチシュガーポット

1373-2001

サイズ直径7×高さ14cm
容量280ml
素材スチロール樹脂

ひとふり3g!計る必要のないシュガーポット

プラスチックメーカー・山佳化成のワンタッチシュガーポット。最大の特徴は、ひと振りすると自動的に約3gの砂糖が出てくることです。わざわざスプーンで計量する必要がなく、それでいて出し過ぎてしまう心配もありません。

またキャップ付きで衛生的。使わない時はきちんと蓋をしておけます。ちなみに砂糖・グラニュー糖のほか、難消化性デキストリン、チアシード、粉末タイプのインスタントコーヒーなどを入れて使っている方もいるようです。ただ3gは砂糖の場合のため、他の粉物の場合、多少出量が変わる可能性があります。

2

タケヤ化学工業

フレッシュロック 角型 300ml

サイズ幅6.7×奥行7.9×高さ10.4cm
容量300ml
素材飽和ポリエステル(本体)

軽くて丈夫!扱いやすい調味料入れ

タケヤ化学工業のフレッシュロック 角型 300ml。デッドスペースを作らない角型で収納性が高く、広口なため中身の取り出しも簡単です。また飽和プラスチックの本体は軽い上に丈夫。落としてしまっても割れてしまう心配が少なく、とっても扱いやすいですよ。

さらに蓋が本体一体型のため、ワンタッチ開閉が可能。取り出し頻度が高い調味料入れとしても活躍してくれます。シリコンパッキンでしっかり密閉できるので湿気防止の保存用としてもおすすめ!

1

iwaki

塩・コショウ入れ

KT5031-BKSP

サイズ直径5.7×高さ12cm
容量120ml
素材耐熱ガラス(本体)

蓋の開け閉め簡単で使いやすい!

スッキリとしたデザインが印象的なiwakiの塩・コショウ入れ。底面に向かってカーブした形状の本体は手にフィットしやすく、持ちやすくなっています。さらに蓋は持った手でそのまま開閉可能なため、使い勝手バツグンです。開けた状態でカチッと固定されるので、蓋を持ち続けなくて良いのも◎。

耐熱ガラス製のため高級感があり、食卓に置いてもさりげなくおしゃれを演出してくれるはず♪

【個体】おすすめ調味料入れの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ容量素材商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

iwaki

塩・コショウ入れ

蓋の開け閉め簡単で使いやすい!直径5.7×高さ12cm120ml耐熱ガラス(本体)

2

2位のアイテムの商品画像

タケヤ化学工業

フレッシュロック 角型 300ml

軽くて丈夫!扱いやすい調味料入れ幅6.7×奥行7.9×高さ10.4cm300ml飽和ポリエステル(本体)

3

3位のアイテムの商品画像

山佳化成

ワンタッチシュガーポット

ひとふり3g!計る必要のないシュガーポット直径7×高さ14cm280mlスチロール樹脂

4

4位のアイテムの商品画像

ファイン

ソルト&シュガーさらさらポット(美濃焼)

塩や砂糖がいつでもサラサラ!陶器製調味料入れ直径9×高さ10cm285ml陶器

5

5位のアイテムの商品画像

山崎実業

調味料入れ

口笛を吹くミッキーマウスがとっても可愛い♪幅5.8×奥行6.2×高さ10.5cm200mlアクリル樹脂

まとめ

今回は、普段の生活に欠かせない調味料入れの選び方や厳選アイテムを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

商品によって容量・素材・形状など様々な違いがあるので、使い方や使用する調味料に合った調味料入れを選んでくださいね!

関連キーワード