マンションにも最適!ベランダ用物干し台の人気おすすめランキング5選

マンションなどに住んでいる方はもちろん、一軒家でも周囲の環境などで二階のベランダに洗濯物を干したいといったケースもありますよね?そんな時に便利なのがベランダ用の物干し台。コンパクトながら収容力が高く、干す作業を効率的にしてくれます。ただ材質の違いやスタンド・ポールタイプの違いなど種類が多くて選ぶのが大変。
そこで今回は、ベランダ用物干し台の選び方とオススメ5商品をランキング形式でお届け致します。

ベランダ用物干し台の選び方

ベランダ用物干し台をご紹介する前に簡単に選び方のポイントをお伝え致します。種類が多いので、ポイントを押さえてご自宅にぴったりのベランダ用物干し台を探して下さいね!

ベランダに合わせてタイプ・種類を決める!

ベランダで使用できる物干し台は大きく4種類があります。それぞれ簡単にご紹介していきます。

スタンドタイプ

最も簡単に使えるのがスタンドタイプの物干し台。

動かしやすいので位置調整もしやすく、季節や時間帯によって日光が当たりやすい場所に設置することも出来ます。また安定させるベース部分がポリタンクになっているようなタイプであれば、少し場所を取りますが、安定感を出すこともできます。

ポールタイプ

天井と床の間にポールを挟み込むようにして設置するタイプです。

伸縮可能なポールをまっすぐ縦に伸ばして固定させるので、スタンドタイプに比べると設置が少し大変です。ただポールだけなので場所を取らず、コンパクトなベランダでもバッチリ使えますよ。また安定感もあります。

加えて、ベランダの天井に奥行きがあれば雨の日でも雨水を浴びないような位置に設置することも出来るんですよ。

天井があるベランダに限定されますが、物干し台にスペースを出来るだけ潰されたくないという人にはオススメです。

格子手すり掛けタイプ

格子と手すりを使って物干し台を固定するタイプです。

格子と手すりが取り付け可能なサイズである事が条件にはなりますが、取り付け箇所が多く、しっかりと安定させられます。

また竿受け部分のパイプを回転させて収納出来たり、高さ調整ができるものが多く、使わない時に邪魔にならないのも嬉しいポイント。

ベランダよりも高い位置に竿が設置出来るので、直射日光もしっかり当たります。

壁手すりタイプ

ベランダの壁と手すりを使って設置するタイプです。

格子手すり掛けタイプと似たタイプで、壁や手すりなどが設置可能なサイズであることが使用条件になります。採光性が高く、乾かしにくいものもしっかり太陽の光で乾かせ、風にも強いです。

価格は多少高いですが、機能性と使い勝手が良いので条件が合えば是非検討してみてはどうでしょうか。

ベランダのサイズをチェック!

特にスタンドタイプの場合は、使用時にスペースを取られるので、ベランダの幅・奥行をチェックしてどの程度占有されるのかイメージしておきましょう。物干し台を置いたらベランダが思うように使えなくなったなんて事にならないようにして下さいね。

また隠し干しをする場合は、物干し竿を置ける高さとベランダの壁の高さをチェックすることも忘れないようにして下さい。

たっぷり干すなら竿かけ本数は多めに!

物干し台によって竿を掛けられる本数は様々です。

最も少ないタイプだと2本、多いタイプだと6本のものなどもあります。干せる量が変わってくるので、大人数で暮らしているご家庭では竿かけ数が多い方が良いでしょう。

ただベランダのスペースにも影響してくるので、バランスを考えながら選んで下さいね!

耐荷重の確認も忘れずに!

耐荷重が高い物干し台の方が、重さの面でより多くの洗濯物を干す事が出来ます。

20〜30kgの商品が多いので、特に洗濯物の量が多いというご家庭では30kg前後を中心に選んでみて下さい!

ベランダ用物干し台の人気おすすめランキング5選

それでは、ベランダ用物干し台のおすすめ5商品を紹介していきます。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

積水樹脂 ベランダ物干し台 DB-502

タイプ :格子手すり掛け
サイズ :-
重量  :3kg
素材  :ステンレス巻きパイプ(パイプ部)
竿掛け数:4本
耐荷重 :30kg(全体)

使わない時は折りたためる!

積水樹脂の格子手すり掛けタイプの物干し台。

使わない時はコンパクトに折りたためるので、ベランダのスペースを有効活用出来ます。夏場に人を招いてベランダで食事をしたりする際にも、邪魔になりませんよ。

さらに下段の竿受けは物干し竿を掛けたままでも折りたためるので手間いらず。2段式に加え、耐荷重30kgなので、洗濯物もたっぷり干せます。

価格は高くなりますが、洗濯物を干すのが楽しくなるような物干し台です!

4

積水樹脂 ベランダ用物干し DSL-20

積水樹脂 物干し 室外 ステンレスベランダ用ものほし台 スダンドポール DSL-20

タイプ :ポール
サイズ :幅9×奥行51×高さ200〜275cm(片側)
重量  :2.8kg
素材  :ステンレス巻きスチールパイプ(アルミも有)
竿掛け数:4本
耐荷重 :20kg(全体)

内蔵のバネで強力に固定出来る!

積水樹脂のポールタイプの物干し台。

ジャッキ方式で設置可能なので、設置の手間も最小限。ポールの内部にはバネが内蔵され、固定力を高めてくれます。また上下2段ある竿受けは、開く方向を合わせることもバラバラにすることも出来ます。

干せる量もたっぷりあるので、通気性を確保しながらゆったり干せますよ。

ただ耐荷重は20kgと、優れているタイプではありません。

3

アイリスオーヤマ ベランダ物干し SVI-275NR

アイリスオーヤマ 物干し ベランダ物干し ステンレス SVI-275NR

タイプ :ポール
サイズ :奥行33.5〜58×高さ210~275cm(片側)
重量  :3.6kg
素材  :ステンレス巻きスチールパイプ
竿掛け数:4本
耐荷重 :30kg(全体)

耐荷重もバッチリなポールタイプ!

リーズナブルな価格が魅力的なアイリスオーヤマのポールタイプの物干し台。

圧着版にはバネが搭載され、床と天井の間でしっかり突っ張って安定させられる上に、耐荷重は30kgと強度にも安心感があります。

また竿受けの高さや方向は自由に調整出来るので、ベランダの壁の高さに合わせて隠し干しをしたり、天井に近づけて採光性を高めるなんて事も出来ちゃいます。

価格的にも手頃で、使いやすい物干し台です!

2

平安伸銅工業 ステンレスベランダ用物干し台 MC-60

平安伸銅工業 ステンレスベランダ用物干し台 耐荷重22kg MC-60

タイプ :スタンド
サイズ :幅50×奥行52×高さ127cm(片側)
重量  :3.2kg
素材  :ステンレス巻きスチールパイプ
竿掛け数:2本(タオル掛け有)
耐荷重 :22kg(全体)

タオル掛けまで付いたコンパクトなスタンドタイプ!

平安伸銅工業のコンパクトなスタンドタイプの物干し台。

メインのパイプ部分には10kg(1本あたり)までの耐荷重があり、Tシャツや下着などから布団まで干す事が出来ます。さらにサイドには開閉式のタオル掛けが付いていて、小物類でメインパイプのスペースを使わなくて良いのが嬉しいですね。

使用しない時は折りたたんで重ねて置ける

使用しない時はコンパクトに折りたためるので、ベランダの場所を必要以上にとってしまう事もありません。

風には弱いですが、手軽に使えて、リーズナブルな物干し台です!

1

モリ工業(Mory Industries) ステンレスベランダ物干し台 HB-02

MORY ステンレスベランダ物干し台 スリムタイプ HB-02

タイプ :スタンド
サイズ :幅50×奥行45×高さ126.5cm(片側)
重量  :3kg
素材  :ステンレス巻きスチールパイプ
竿掛け数:2本
耐荷重 :20kg(全体)

コンパクトで使い勝手の良いスリムタイプ!

森工業のとってもスリムなスタンドタイプ物干し台。

奥行きはわずか45cmで、ベランダのスペースがあまりないお家でも使いやすい設計になっています。特にマンションやアパートでは奥行きが狭いベランダも多く、スリム設計が助かります。

コンパクトな分、設置場所も調整しやすいので、雨が降りそうは日は窓側に置いてお出かけする事も出来ますよ。

強度や安定性で優れるタイプではないですが、狭いベランダでも手軽に使える物干し台です!

まとめ

今回は、ベランダ向け物干し台に注目して厳選アイテムをご紹介致しました。

たっぷり干せるものからコンパクトで使い勝手の良いものまで色々あるので、是非あなたのお家のベランダにぴったりな物干し台を選んで下さいね!

関連キーワード