室内でも使える!物干し竿の人気おすすめランキング10選

洗濯物を干す際に使っている人も多い物干し竿。シンプルなアイテムですが、アルミやステンレスなど材質の違いや長さの調整方法の違い、強度など様々な違いがあるんですよ。
今の物干し竿に不満があるという人、引越し先で物干し竿が必要という人のために、物干し竿の選び方を簡単に説明して、長さ別におすすめ10商品をご紹介していきたいと思います。

物干し竿の選び方

まず最初に物干し竿の選び方を確認していきましょう。簡単に3点にまとめているので、すぐに理解できますよ♪

材質による違いを理解しよう!

物干し材の材質は主に「ステンレス」と「アルミ」に分かれるので、それぞれの違いを少し解説します。

ステンレス

ステンレス製の物干し竿のメリットは、価格の安さ。アルミ製に比べて半分近い価格なので、非常に気軽に買い替えたりする事も出来ますね。

ちなみにステンレス製にも、スチールパイプにステンレスの箔(薄く伸ばしたもの)をコーティングしているだけのステンレスクラッドパイプと呼ばれるものと、パイプ自体もステンレスになっているオールステンレスの2種類があります。前者の場合は、錆びやすく強度も低めです。オールステンレスになると価格も上がりますが、錆びにくく強度が高まります。

ただ最近のオールステンレスは、SUS304という錆びに強いものからSUS430という錆びに強くないタイプが多くなっている傾向にあります。

アルミ

ステンレスに比べ、錆びに強い事が大きなメリット。

また種類にもよりますが、しなりに強く復元力が高い為、負荷がかかっても折れにくいというのも特徴の1つです。加えて、アルミ合金にする事で強度も高められています。

物干し竿としては非常に長く使える高品質なタイプと言えるでしょう。

ただ重量が軽くなるので、しっかりストッパーを設置しないと風で動いてしまいます。

長さと太さは物干し台に合わせて選ぶ!

物干し竿の長さを決めるときは物干し台の距離を基準にしましょう。

長すぎると、邪魔になるだけでなく竿の強度が不必要に下がってしまいます。逆に短すぎると左右の物干し台に届かなかったり、外れやすくなります。

物干し竿が物干し台からはみ出す部分の理想的な長さは、以下の通りです。

  • 竿の長さ2m〜2.5mなら、物干し台から両側プラス25cm
  • 竿の長さ3m〜3.5mなら、物干し台から両側プラス30cm
  • 竿の長さ4m以上なら、物干し台から両側50プラスcm

物干し竿全体の長さによって必要な遊び部分の長さも変わるので、まず物干し台の距離を確認or決めてから、物干し竿の長さを選んで下さいね。

例えば、物干し台の距離が2mなら2.5mの長さに設定できる物干し竿を選ぶといった具合です。

また、太さも物干し台の通し穴に通せるサイズかどうかしっかり確認しておきましょう。

耐荷重をチェック!

物干し竿には、どの程度の重さに耐えられるかという強度を表すために耐荷重という項目があります。

物干し竿が短くなるほど耐荷重は高まりますが、同じ長さでも多少違いがあります。材質選びと合わせて耐荷重のチェックも忘れないようにして下さいね。

ハンガー掛けがあると強風でも干しやすい!

物干し竿の中には、ハンガー掛けが付いているタイプもあります。

特に風の強い日にハンガーをかけると風で位置がズレて衣類と衣類が密着してしまったり、飛ばされたりする事もありますね。ハンガー掛けがあれば位置ズレが起きないので適度な距離感で干せます。もちろん風で飛ばされてしまう可能性も軽減されますよ。

多少価格は上がりますが、必要に応じてハンガー掛け付きタイプも選択肢に入れてはいかがでしょうか?

おしゃれなデザインも♪

物干し竿といえば、多くの人がシルバーカラーのシンプルなアイテムというイメージが浮かびますよね?

ただ中には竿自体がおしゃれなカラーになっているスタイリッシュなものや、先端のキャップカラーが色鮮やかなものなんかもあります。商品数は多くありませんが、洗濯物を干すのが楽しくなるようなデザインで選んでみるのもありですよ。

【長さ:〜2.5m】物干し竿のおすすめ3選

今回は、長さ別におすすめの物干し竿をご紹介していきたいと思います。まずは一人暮らしなどにぴったりな最大2.5mまでのタイプです。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

3

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ステンレス物干し竿 N-SU-260

アイリスオーヤマ 物干し ステンレス物干し竿 幅138~254cm N-SU-260

材質 :ステンレス
重量 :0.95kg
長さ :1.4〜2.6m
太さ :29.6mm
耐荷重:16kg

スチールパイプに錆びにくいステンレスをコーティング

アイリスオーヤマ製のステンレスコーティングタイプの物干し竿。パイプの太さがしっかりとあり、長さ調整もしやすくなっているのが特徴的です。

2.5mタイプで紹介する物干し竿の中では、太めで重めな仕上がりになっているので、細くて折れるのが心配という人にオススメです!

2

モリエ工業 MORY きらきらポール 伸縮ものほし竿

MORY きらきらポール 伸縮ものほし竿 直径25mm×1.4から2.5M SAE-2.5M

材質 : ステンレス
重量 :約0.8kg
長さ :1.4〜2.5m
太さ :25mm
耐荷重:17kg

室内干しにも最適な安定感のあるエンドキャップ

室内干し用の物干し竿を探しているという人におすすめなのがこちらの商品。

先端のキャップは丸型形状ではなく多面形状になっているので、そのままお部屋の台に置くだけでもしっかり安定してくれます。また軽いので持ち運びが楽というのも良いですね。

もちろん外でも使えるので、外干し用としても使えますよ♪

1

ekans(エカンズ) ステンレス物干し竿

ekans(エカンズ) ステンレス 伸縮 物干し竿 1.4m~2.5m

材質 :ステンレス
重量 :0.78kg
長さ :1.4m〜2.5m
太さ :25mm
耐荷重:14kg

長さ調整しやすく安定感のある人気物干し竿

伸縮可能な両端は、ひねるだけで簡単に長さ調整でき、物干し台に長さを合わせるのも手間いらず。細く軽いので持ち運びにも便利で、雨の日は室内干しに使うのも良いですね。

また、先端のキャップカラーはラベンダーブルーで清潔感もありますよ。

ちなみに、商品画像は2本になっていますが、こちらの商品は2本セットではないので注意して下さいね。

【長さ:〜3m】物干し竿のおすすめ4選

ここからは長さ最大3mまでの物干し竿をご紹介していきます。

4

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) アルミ物干し竿 ALM-300

アイリスオーヤマ アルミ物干し竿 長さ166~300cm ALM-300

材質 :アルミ
重量 :0.7kg
長さ :1.66〜3.0m
太さ :33mm
耐荷重:12kg

太めで軽い!アルミ製の物干し竿

アイリスオーヤマのアルミ製物干し竿です。

非常に軽量ながら竿は直径33mmと太めな仕上がりで、強度も十分。光沢の美しい見た目も大きな魅力です。アルミ製ながら価格がステンレスと大きく変わらないのも嬉しいポイント。

ただ軽いので、外干しに使う場合は、必ずエンドキャップに固定用の紐を通して使用して下さいね。

3

ekans(エカンズ) ステンレス物干し竿 2本セット

ekans(エカンズ) ステンレス 伸縮 物干し竿 2.2m~3m 2本セット SSE-300T

材質 :ステンレス
重量 :1.05kg
長さ :2.2〜3.0m
太さ :29mm
耐荷重:10kg(2本で20kg)

洗濯物が多い人でも安心な2本セット♪

物干し竿などランドリー商品の総合メーカーekansのリーズナブルな2本セットタイプの物干し竿。

物干し竿は本体部分と伸縮する左右部分の3つに分かれていますが、竿を差し込んでキャップをグルっと回すだけで簡単に接続できるので、女性の人でも安心。2本セットなので、洗濯物が多い人でも通気性を確保してゆったり干せますよ。

価格が非常にリーズナブルなのも嬉しいポイントです!

2

積水樹脂 物干し竿(3m) 2本セット

材質 :ステンレス(アルミ製もあり)
重量 :1kg
長さ :1.7〜3.0m
太さ :28.8mm
耐荷重:10kg(2本で20kg)

ステンレスとアルミどちらでも選べる♪

幅広い製品を手がける積水樹脂の2本セット物干し竿です。

エンドキャップは、様々なお家環境に馴染みやすいグレーで、自宅の庭に置いても清潔感があり落ち着いた雰囲気になります。光沢が綺麗なので竿部分も好感の持てる仕上がり。

また、太さもあり耐荷重も十分。機能面でも満足できる物干し竿です。

価格は高くなりますがアルミ製も展開されているので、好みに合わせて選んでみてはいかがでしょうか?

1

日本ハンガーボード ステンレス物干し竿 CS-30

材質 :ステンレス
重量 :1.3kg
長さ :1.66〜3.0m
太さ :30mm
耐荷重:20kg

少し重めで安定感のある格安物干し竿

洗濯用品の製造を行う日本ハンガーボードの超リーズナブルな物干し竿。

今回ご紹介する物干し竿では最安値クラスの価格帯で値段重視で選びたい人にはとってもオススメです。耐荷重が20kgと非常に高く、洗濯物が多くなっても安心感があります。

パステルグリーンのエンドキャップが多少目立ってしまう点はありますが、格安価格と機能性に関しては満足感の高い物干し竿です!

【長さ:〜4m】物干し竿のおすすめ3選

最後に長さ最大4mまでの物干し竿をご紹介致します。

3

日本ハンガーボード オールステンレス 継ぎ物干し竿 TSP-40

オールステンレス 継ぎ物干し竿 4.0m TSP-40

材質 :オールステンレス
重量 :1.5kg
長さ :4.0m
太さ :30mm
耐荷重:12kg

オールステンレス製の物干し竿

日本ハンガーボードが販売するオールステンレス製の材質が魅力の物干し竿。

多少価格は高くなっていますが、ステンレスコーティングタイプよりも錆びに強くなっています。加えて、耐荷重も12kgとしっかりあります。

ただ本体は4個の部品を繋ぎ合わせるだけなので、長さ調整が出来ません。4mでしか使えないので注意して下さいね!

また中国製なので、錆びに強いニッケルが含まれたSUS304ではなくSUS430の可能性が高いかもしれません。

2

ekans(エカンズ) ステンレス物干し竿 ハンガーかけ付

ステンレス 伸縮 物干し竿 ハンガーかけ付 2.8m~4m HSE-400T

材質 :ステンレス
重量 :1.5kg
長さ :2.8〜4.0m
太さ :29mm
耐荷重:8kg

ハンガー掛け付きで風の強い日でも安心♪

ekansのハンガー掛け付きタイプの物干し竿。

最大4mまで伸ばして使うと風に飛ばされてしまうのが心配になりますが、ハンガー掛けが付いているので安心。しっかり掛けられるので、風のある日でも洗濯物を干した後に安心して外出できますよ。

多少価格は上がりますが、洗濯物が無くなってしまう事がないと考えれば十分アリな選択肢ではないでしょうか?

1

積水樹脂 ステンレス物干し竿 ( 2.7~3.8m ) 2本セット

積水 ステンレス物干し竿 ( 2.7~3.8m ) 2本セット

材質 :ステンレス
重量 :1.2kg
長さ :2.7〜3.8m
太さ :28.5mm
耐荷重:10kg(2本で20kg)

安くてお得な2本セットタイプ♪

長さは最大3.8mと4mに届かないですが、リースナブルな価格で2本セットというお得感のある物干し竿です。

2本のパイプを繋いで使うジョイントタイプですが、接続部分がパイプから5cm入った所にあるので、強度面で脆さが出てしまう事もありません。

安心感のある日本製という事もあり、この2本セットがあれば当分物干し竿に困る事はないかもしれませんね。

アルミ(パールシルバー/ブロンズゴールド)も選べる♪

またアルミ製も展開されているので、好みによって選べるのも嬉しいポイント。

パールシルバーやブロンズゴールドなどおしゃれなカラーがありますよ!

まとめ

今回は、物干し竿に注目しておすすめアイテムをご紹介させて頂きました。

長さや太さ、素材などそれぞれの違いを理解した上で、あなたのお家にぴったりな物干し竿を見つけて下さいね!