• >
  • >
  • 徹底比較!除湿シートの人気おすすめランキング10選【布団やマットレスに】

徹底比較!除湿シートの人気おすすめランキング10選【布団やマットレスに】

マットレスや畳の上に敷く布団はどうしても湿気が溜まりがち。そんな寝具に対して除湿効果が期待出来るのが除湿シートです。カインズや西川などはもちろん、100均などでも販売され、またシングル・セミダブルといったサイズに違いがあり、消臭効果のあるものや洗えるものまで商品は様々。上手く活用してカビ対策したいですよね。
そこで今回は、除湿シートの選び方を解説した上で、おすすめの除湿シートランキングを紹介致します。

今回は、カビから大切な布団やマットレスを守ってくれる「除湿シート」に注目しました。

クローゼットなど密閉度が高い空間同様、布団やマットレスは湿気が溜まりやすい場所です。気付けばカビだらけの布団に・・・なんてことは避けたいですよね?そこで活躍するのが除湿シートです。布団やマットレスの下に一枚除湿シートを敷くだけで簡単にカビ対策が出来ちゃうんです。

そこで今回は、除湿シートの選び方を解説した上で、Amazonや楽天などの通販サイトで売れ筋の人気商品から価格・機能・口コミなどを比較して、おすすめの除湿シートランキングをご紹介致します!

除湿シートの効果

一度発生してしまうと完全に取り除くことが難しいのがカビ。もし布団やマットレスに発生してしまうと、場合によっては買い直しをしなくてはいけない事もあります。

特に、フローリングに布団を直敷きしていたり、敷きっぱなしにしていると通気性が著しく低い状態が続く為、湿気が溜まりカビの温床になる事も。

除湿シートは、その名の通り湿気を取り除く事が出来るので、布団やマットの下に敷く事でカビの発生を未然に防いでくれる効果が期待できます。衛生的な寝具で睡眠をとるためにも、特に湿気が気になる季節は有効活用してみましょう。

除湿シートの選び方

除湿シートを選ぶ上でのポイントは、「除湿力」「速乾性」「洗濯のしやすさ」の3点があります。今回は一つずつ解説していきますので、ポイントを押さえましょう!

除湿力(吸湿性)で選ぶ

除湿力は、除湿シートにとって生命線と言えるメインの機能です。シートによって除湿力は異なりますが、必ずしも高額で除湿力が高いものを買い揃える必要はありません。まずは動かしにくいマットレスと動かしやすい布団に分けて考えましょう。

動かしにくいマットレス

重たいマットレスは布団よりも動かしにくいですよね。そんなマットレスを頻繁に動かして除湿シートを着脱するのは大変。

このような場合は、吸湿性能の高い除湿シートがオススメです。吸湿性が高い=水分を含み重たくなるので一回一回の洗濯や天日干しは大変になりますが、手入れの頻度を少なく出来るので、負担を減らす事が出来ます。

動かしやすい布団

布団の場合は、動かしやすく天日干し出来たりする事もあるので、吸湿性能の高さを最優先する必要はありません。それよりも洗濯や干しやすい手軽なタイプのものが良いでしょう。

ただ、布団でも天日干しが出来ない、動かすのが面倒・・・という場合は、吸湿性能に優れた除湿シートを選ぶ方が無難です。

速乾性(放湿性)のあるものを選ぶ

たっぷりと湿気を吸い取った除湿シートは、乾かす事で除湿力を取り戻せます。

ただ、湿気が多い梅雨時期などは天気が悪い事も多く洗濯物が乾きにくいですよね。その上、除湿シートまで乾きにくいとなると、とってもストレスです。そういった点を考えると、可能な限り速乾性のある除湿シートを選んでおくのがオススメです。

洗濯出来て洗いやすいものを選ぶ

天日干しだけでも除湿力自体は回復しますが、寝ている時には汗もかくので、衛生面を考えると洗濯出来るタイプが好ましいでしょう。ただ、洗濯時は水分をたっぷり吸収して除湿シートが重たくなるので、その点は頭に入れておいてくださいね。

除湿シートを使う場所と洗濯機、天日干しをする場所が遠い場合は、出来るだけ軽量タイプを選びましょう!

お手入れの目安になる湿気センサーの有無

除湿シートには基本的にお手入れのタイミングが分かる湿気センサーが付いています。これがある事で、除湿シートがドライな状態なのかウェットな状態なのか確認でき、洗ったり天日干しする目安に出来ますよ。

念のため、除湿シートを選ぶ際は、湿気センサーが付いている事を確認しておきましょう。

除湿シートのおすすめ人気ランキング10選

それではamazonや楽天などの通販サイトで売れ筋の除湿シートの中から、選び方のポイントを押さえた上で、おすすめの除湿シートランキングをご紹介します!

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

magniflex (マニフレックス) 除湿シート マニシート・ネオ

マニフレックス 除湿シート 抗菌 消臭 マニシート・ネオ セミダブル

サイズ:114×190cm(厚さ0.6cm)/セミダブル
洗濯 :○
湿気センサー:○
※シングル/ダブル/クイーンサイズ有り

消臭・抗菌効果まで期待出来る除湿シート

イタリアの寝具ブランド・マニフレックスの除湿シート「マニシート・ネオ」。

ウールの約3倍・コットンの約5倍の吸湿力を誇る特殊な吸湿素材が採用されている商品です。調湿機能が高く、吸湿と放湿を繰り返す事で、カビや不快なニオイの発生を抑えてくれるという優れもの。抗菌効果もあり、湿気がたまりがちな布団やマットレスを衛生的な状態に近づけてくれますよ。

また裏地に滑り止め生地を採用した事で、使用中にズレにくくなっています。お手入れは、普段は天日干し、汚れが気になれば洗濯機での洗濯まで出来ちゃいます。

価格は高いですが、特にマニフレックスのマットレスを使っている人にはオススメです。

9

東洋紡 洗える高吸放湿繊維使用 除湿マット さらっとファイン

東洋紡 洗える高吸放湿繊維使用 除湿マット シングル 90×180cm

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :○(手洗い)
湿気センサー:○
※セミダブル/ダブルサイズ有り

高吸放湿繊維「モイスファイン」でいつでもサラサラ・ふかふかに!

この除湿シートの特徴は、シリカゲルの2〜3倍、コットンの7倍と言われる吸湿性能を誇る東洋紡の高吸放湿繊維「モイスファイン」が採用されている点。抜群の吸湿力は、夏場の寝汗でジメジメしがちな布団やマットレスもしっかり湿気から守ってくれますよ。

また、吸湿上限に達すると湿気センサーが青からピンクに変わるので、お手入れ時がすぐに分かるのも◎。さらに軽量設計で持ち運びやすい上に、手入れは天日干しだけでOKなのでメンテナンスも簡単です。

湿気センサーだけ取り外せば、手洗いも可能と非常に衛生的な除湿シートです!

8

東京西川 洗える除湿シート セブンデイズ SEVENDAYS

東京西川 除湿シート 洗える 軽量 日本製 90×120cm セブンデイズ SEVENDAYS CM07493501GR

サイズ:90×120cm/シングル
洗濯 :○(手洗い)
湿気センサー:○

発汗が多いところをピンポイント吸湿!

東京西川のブランド・セブンデイズの除湿シート。

通常のシングルサイズよりもコンパクトにした事で、価格的なメリットが強くなっている西川の商品です。サイズが小さいとちゃんと除湿できるのか不安になりますが、発汗が多い上半身〜膝付近までしっかりカバーしてくれますよ。

またコンパクトな分、軽量で洗濯や天日干しが簡単なのも嬉しいポイント。抗菌防臭加工で衛生面もバッチリです。

身長170cm程度までなら発汗の多い場所をカバーできるので、女性や小さなお子様はもちろん、男性でも使えますよ♪

7

眠り製作所 調湿敷マット PT-SW110

眠り製作所防ダニ/防カビ/消臭/除湿ができる!調湿敷マット セミダブルサイズ(110×180cm) ベージュ PT-SW110BE

サイズ:110×180cm/セミダブル
洗濯 :○
湿気センサー:○
※シングル/ダブルサイズ有り

累計販売数12万枚を突破したオシャレ除湿シート

睡眠寝具メーカー・眠り製作所の除湿シート。

除湿シートとしては珍しいカラフルな3色カラー展開が特徴的な人気除湿シートです。オシャレなカラーは、寝具から少しはみ出ても部屋の雰囲気を崩しにくいのが嬉しいポイント。

また吸湿素材として使われているシリカゲルB型を含め、製造工程は全て日本国内というこだわりようで、高品質なシートは一年を通じてダニやカビ、汗臭から布団を守ってくれますよ。

さらに丸洗い可能で、もし部分的に使えなくなったら、好きなサイズにカットして下駄箱やタンスなど湿気が気になる場所で再利用することも可能。

価格は高めではあるものの、評判の良い除湿シートです!

6

メリーナイト(Merry Night) 除湿シート 吸湿センサー付

メリーナイト(Merry Night) 除湿シート 吸湿センサー付 DJ90180

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :-(洗えるタイプも有り)
湿気センサー:○
※ダブルサイズ有り

緊急時にも嬉しい格安除湿シート!

小栗株式会社のメリーナイトシリーズ・除湿シート。

とってもリーズナブルな価格が大きな魅力の商品です。寝具の買い替えや季節要因などで一時的に使う除湿シートが欲しいという方でも手軽に購入出来ますよ。

こちらのタイプは洗うことが出来ませんが、3時間程度の天日干しで吸湿力も回復。湿気センサーがあるので、干すタイミングや干し終わりも簡単に分かります。重量は600gと女性でも持ち運びやすいですね。

また、少し価格は上がりますが、洗えるタイプもあります。どちらもお手頃なので、価格重視の方にはオススメです。

5

帝人(テイジン) すのこ型除湿マット ダブルインパクト

サイズ:(約)100×205cm(厚さ1.5cm)
洗濯 :-
湿気センサー:-

サイズ調整も分解も可能!すのこ型の除湿マット

テイジンのすのこ型除湿マット・ダブルインパクト。

通常の除湿シートとは異なり、すのこ型が特徴的な商品です。マット自体は伸縮可能な4つのパーツを組み合わせて使用するので、サイズ調整出来るのが使い勝手の良いポイント。布団やマットレスはもちろん、2パーツだけ組み合わせてクローゼットに使うなんてことも出来ますよ。

また分解することでコンパクトになる上に、1枚350gと軽く、お手入れも楽チン。4時間程度の天日干しで吸湿性が戻ります。

さらに、消臭性能も高いテイジンの高吸水・高吸湿繊維「ベルオアシス」が素材に使われていて、寝汗や結露から布団やマットレスをしっかり守ってくれますよ。少しクッション性があるのも嬉しいですね。

4

Reveur 洗える除湿シート 備長炭入り 防臭

洗える除湿シート シングルサイズ用 90x180cm 備長炭入り 防臭 210-90LC

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :○
湿気センサー:○
※セミダブル/ダブルサイズ有り

洗濯機で丸洗いOK!お手入れしやすい優良シート

寝具専門店・リヴェールの洗える除湿シート。

手頃な価格帯の商品ながら、洗濯機で丸洗いできる上に消臭効果のある備長炭が配合されているのが魅力的な商品です。汗のニオイはもちろん、気になる加齢臭などにも効果的ですよ。

汚れが気になれば、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗っちゃいましょう。重量1kgと軽めなので、持ち運びもそこまで苦になりません。

1万円を超えるような価格帯の商品と比べれば除湿力は劣りますが、コスパ重視の人にはイチオシです♪

3

東京西川 洗える除湿シート ドライウェルプラス

東京西川 洗える除湿シート ドライウェルプラス 吸湿センサー付

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :○(手洗い)
湿気センサー:○
※セミダブル/ダブルサイズ有り

強力な放吸湿力で湿気をしっかり除去!

東京西川の洗える除湿シート・ドライウェルプラス。

東洋紡が誇る高吸放湿繊維「モイスファイン」をさらにパワーアップした「モイスファインEX」が採用されている商品です。モイスファインよリもさらに吸湿性が高くなっていて、消臭性能も向上。湿気や寝汗が多い季節でも強力に除湿してくれますよ。

さらに水洗い可能な点も◎。抜群の吸水性で寝汗をたっぷり吸い込んでも、しっかりお手入れ出来て、いつでも気持ちよく使えますね。

価格は高めですが、カビが生えて寝具が台無しになることを考えれば、十分メリットのある人気商品です!

2

テイジン(TEIJIN) 除湿シート 快眠ドライ ベルオアシス

テイジン TEIJIN 除湿シート 除湿マット ベルオアシス 快眠ドライ 湿気を吸収・放出 湿気センサー付

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :-
湿気センサー:○
※ダブルサイズあり

帝人のベルオアシスを採用!コスパも◎

テイジンの除湿シート・快眠ドライ。

木綿の7倍相当、シリカゲルB型の2倍相当の吸湿力が自慢の「ベルオアシス」が採用された商品です。しっかり除湿してくれると同時に、耐久性にも優れ、天日干しによる日光照射でも吸湿性能が低下することはありません。繰り返し使っても変わらない効果を期待できるのが嬉しいですね。

水で洗えるタイプではないものの、価格的にはズバリお手頃。ジメジメとした湿気を解消して、ふかふかの布団でぐっすり眠りませんか?

1

西川リビング 調湿シート からっと寝 シリカゲル入り

西川 リビング 調湿シート からっと寝 シリカゲル入り 90x180cm シングルサイズ

サイズ:90×180cm/シングル
洗濯 :-
湿気センサー:○
※セミダブル/ダブル有り

amazonで圧倒的な人気を誇るベストセラー商品

寝具メーカー東京西川の除湿シート・からっと寝。

西川の商品としてはかなり安めの価格です。素材には、吸湿・消臭効果のあるシリカゲルB型を採用し、湿気や汗臭・加齢臭などの匂いをしっかりと除去してくれます。マットレスや敷布団の下に敷けば、目覚めた時にいつもよりふわふわした布団に気付けるはず。口コミでも"朝起きて布団の裏を触ってもサラッとしていて驚きました。"などと高評価。Amazonベストセラーの実績も納得ですね。

同社のドライウェルプラスに比べれば吸湿量は劣るものの、除湿シートに中々予算を割けないという方も多いのではないでしょうか。安心の東京西川製とリーズナブルな価格という点を考えれば、最初の除湿シートとしては間違いのない一品です♪

まとめ

今回は、除湿シートをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

梅雨など高温多湿な時期は特にカビが発生しやすく、一度発生したカビを駆除するのは大変です。湿度が高いなと感じたら、早めに除湿シートを利用してカビから布団やマットレスを守ってくださいね!布団がジメジメしないことで寝心地もよくなりますよ♪