ふきんハンガー(スタンド)の人気おすすめランキング7選【おしゃれな吸盤式も】

キッチンには必要不可欠な布巾ですが、ササッとかけられる布巾掛けがあると便利ですよね。そこで活躍してくれるのが布巾ハンガー(布巾スタンド)。吸盤やマグネット、粘着テープなど様々な取付方法があり、使いたい場所に合わせて選ぶことで、便利な布巾掛けが簡単に作れちゃいます。中にはおしゃれでスタイリッシュなものもあるんですよ。そこで今回は布巾ハンガーの選び方を解説した上で、厳選したおすすめ7商品をご紹介していきます!

ふきんハンガーの選び方

まずは布巾ハンガーの選び方を分かりやすく解説していきます。ぜひ購入前の参考にしてみて下さいね!

場所に合わせて取付方法を選ぶ

布巾ハンガーには、様々な取付方法があるので、使う場所に合わせて選ぶことが大切です。まずはそれぞれ紹介していくので、どれが良いのかイメージしながらチェックしてみて下さい。

マグネット(磁石)タイプ

冷蔵庫や洗濯機、マグネットが吸着する壁面などに設置することが出来ます。設置と取り外しのどちらも簡単なので、位置調整や貼り直しなんかも気軽に出来ますよ。

吸盤タイプ

キッチンのタイル壁やガラス面、戸棚、冷蔵庫なんかにも取り付けられます。取り付ける際に少し気を使うものの、マグネットタイプよりもさらに設置可能な場所は増えます。

ただ時間経過と共に吸着力が低下することもあり、選ぶ際は口コミなどもしっかりチェックしておきましょう。

粘着テープタイプ

タイルやプラスチック面、スチール製品など凹凸のない面であれば、取り付け可能です。吸盤タイプ同様、取り付けられる場所が豊富にあるので、使いたい場所に使いやすいのがポイント。

ただ、一度取り付けると位置調整などの貼り直しがしづらく、貼り替え用のテープを買う必要があることもあります。

挟み込みタイプ

このタイプは、戸棚の棚板などに金具を使って挟み込んで取り付けられるので、安定感に優れます。他の取り付けタイプに比べて、重さに強いのが魅力の一つ。設置場所が限定されてしまいますが、デッドスペースを有効活用できるという意味でも有効ですよ。

注意点としては、取り付けられる板の厚みに制限があるということです。事前に対応できる厚みと取り付け予定の板の厚みの両方をしっかりチェックしておきましょう。

スタンドタイプ

取り付ける必要のないタイプとして、スタンドタイプという選択肢もあります。スペースを取ってしまいますが、折りたたみ式で使わない時は収納しておけるものもあります。また重さで落ちてしまう・・・といった心配をする必要もありません。

手軽さという意味では魅力的で、中にはペットボトルや牛乳パックを干したりするのに使える商品もあったりしますよ。

使う枚数に合ったアーム数のものを選ぶ

布巾ハンガーは3枚掛けが多いですが、中には5枚掛けなどもう少し多くの枚数をかけられるものもあります。使う量が多く、3枚掛けだと足りないという人は、アーム本数が多いものを選ぶようにしましょう。

ただ商品数は少し限定されてしまうので、その点は頭に入れておいて下さいね。

布巾サイズに合ったアーム幅のものを選ぶ

意外と盲点なのがアームの長さです。20cm台のものから30cm台のものまで、商品によって違いがあります。いつも使っている布巾の大きさを事前に確認して、しっかり掛けられるアームの長さがあるものを選ぶようにしましょう。

長さが足りないと、少し折り返すか先の方が掛けられていない状態のまま乾かす・・・なんて事になってしまいますよ。

アームの素材をチェックする

濡れた布巾を掛ける事を考えると、錆びに強いかどうかも重要です。

錆びに対する考え方は二つあって、耐久性は劣るものの錆びとは無縁のプラスチック系の素材のものを選ぶというのが一つ。もう一つが、耐久性のある金属製の中でも錆びに強いステンレスまたは粉体塗装など錆びにくいコーティングがされているものを選ぶというものです。

ただ売れ筋商品の多くは金属製なので、実際のところは後者を選ぶ人が多いようです。

また、アーム先端に角度がついていたりゴム系の素材がついていると、掛けている布巾が滑り落ちにくいので、合わせてチェックしておきましょう。

耐荷重を気にして選ぶ

取り付けるタイプの布巾ハンガーを使っていて生じる問題の一つに、外れてしまうというものがあります。実際に購入した人の口コミなどをしっかりチェックして選ぶというのも重要ですが、「耐荷重」を確認しておくことも大切です。

耐荷重はどの程度の重さまで耐えられるかというものなので、吸着力の目安にもなります。しっかり固定できる挟み込みタイプや吸着面が多いタイプはより耐荷重が高い傾向にありますよ。

またスタンドタイプなら重さを気にする必要がほとんどないので、落ちるのが心配という人はスタンドタイプもオススメです。

速乾性を高めるならアームの形状にも注目!

濡れた布巾がいつまでも湿気気味だと衛生的にもよくないですよね。

布巾同士が重なり合わないように位置がずらせたり、アーム間隔にゆとりがある事も重要なポイントですが、多くの布巾ハンガーはそのようになっています。

ただアームの形状については商品によって異なることもあるのでチェックしておきましょう。アームが太いものやダブルアーム(2本のアームが先端で合流する)タイプのものは、掛けたハンガーが折り返した先で接触しにくく速乾性が高まるので、オススメです。

ふきんハンガーの人気おすすめランキング7選

それでは、売れ筋のふきんハンガーの中から厳選した7アイテムを一挙に紹介していきます!色々なタイプがあるので、キッチンに合わせて選んでみて下さいね。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

天馬 FV18 ファビエ ふきんスタンド

サイズ :幅22×奥行10×高さ29cm
耐荷重 :-
取付方法:マグネット
アーム数:3本
アーム素材:スチール(亜鉛メッキ+粉体塗装)など

高さの異なる3段スタンドで通気性アップ

天馬の"ファビエ"シリーズ・ふきんスタンドFV18。

取り付ける必要がないスタンドタイプで、3枚掛けできるアームの高さがそれぞれ異なっているのが特徴的な商品です。布巾のサイズに合わせて使い分けられ、通気性もより高まります。奥行10cmとスリムなので、そこまで場所を取ってしまうこともありませんよ。

ただ幅も22cmと比較的コンパクトです。置きやすいというメリットはあるものの、長さ不足になることがあるかもしれないので、布巾の大きさを考えながら選んで下さいね。

6

山崎実業 プレート 戸棚下布巾ハンガー

サイズ :幅26×奥行1.5×高さ11.5cm
耐荷重 :200g/1本あたり
取付方法:挟み込み(15〜25mm対応)
アーム数:3本
アーム素材:スチール(粉体塗装)

戸棚下のデッドスペースを有効活用!

山崎実業の"プレート"シリーズ・戸棚下布巾ハンガー。

デッドスペースになりがちな戸棚下の空間を布巾ハンガーにすることが出来る商品です。棚板に対してネジで挟み込んで固定できるので、比較的安定しやすいのが特徴です。そして、キッチンをおしゃれに見せてくれるスマートでスタイリッシュなデザインは"プレート"シリーズの大きな魅力。戸棚が白ベースのキッチンなら自然に溶け込んでくれますよ。

使う布巾にもこだわりを持ちたくなるようなデザイン性の高い布巾ハンガーです!

5

レック (LEC) SG ふきん掛け 吸盤 ・ 粘着テープ

サイズ :幅34.5×奥行5×高さ12cm
耐荷重 :100g/1本あたり
取付方法:吸盤・粘着テープ
アーム数:3本
アーム素材:ステンレス鋼線(18-8)

吸盤と粘着テープにダブル対応!

「激落ちくん」でも有名な家庭日用品メーカー・レックのSGふきん掛け(吸盤・粘着テープ)。

使う場所に合わせて吸盤と粘着テープを使い分けられるのが特徴の一つです。合板やタイトル、ガラス、ステンレスから冷蔵庫など幅広い場所に取り付けられるので、「ここにふきん掛けがあったら・・・」を実現してくれること間違いなし。

アームはステンレスの中でも錆びに強い18-8ステンレス製になっている上に、ダブルアーム式で掛けた布巾が少し横に広がります。乾かしやすいというのも嬉しいポイントですね。

比較的お手頃な価格ということもあり、コスパ重視の方にもオススメです。

4

山崎実業 タワー 折り畳み布巾ハンガー

サイズ :幅27.5〜53.5×奥行2.2〜54.5×高さ25cm
耐荷重 :-
取付方法:スタンド
アーム数:3本
アーム素材:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)

使い勝手の良い折りたたみ式のタワーシリーズ

山崎実業が誇る人気"タワー"シリーズの折り畳み布巾ハンガー。

3個ある四角形アームは自在に角度調整でき、180度しっかり開くもよし、90度程度でコンパクトに乾かすもよしと使う場所に合わせて変形させられる使い勝手の良い商品です。さらに、折りたためば厚さ2cmとスリムになって、収納先にも困りませんよ。

外れてしまう心配がないスタンドタイプが良いという人なら是非チェックしてみて下さい。

ただ価格は若干高めで、アームも細めになっています。

3

田窪工業所 吊戸はさみ用ふきん掛け HKS-4

サイズ :幅27.5×奥行3.7×高さ7.4〜8.4cm
耐荷重 :250g/1本あたり
取付方法:挟み込み(15〜25mm)
アーム数:3本
アーム素材:ステンレス

安心できる安定感と太いアームでしっかり乾燥!

田窪工業所の吊戸はさみ用ふきん掛け・HKS-4。

今回ご紹介する布巾ハンガーの中ではアーム1本あたりの耐荷重(250g)が最も高く、安定感のある商品です。吊り戸棚の底板に金具を挟み込む形で取り付けられ、ネジを締めてしっかり固定できます。さらに3本のアームが少し太めなのも嬉しいポイント。掛けた布巾が折り返した先で接触しにくくなっています。

また、もしアームが余るようであれば、キッチンラップの収納なんかにも使えちゃいます。戸棚下のスペースを有効活用出来る布巾ハンガーです!

2

山崎実業 タワー マグネット布巾ハンガー

サイズ :幅24×奥行1×高さ6cm
耐荷重 :200g/1本あたり
取付方法:マグネット
アーム数:3本
アーム素材:スチール(ユニクロメッキ+粉体塗装)

自然に溶け込むおしゃれデザインが◎!

山崎実業の"タワー"シリーズ・マグネット布巾ハンガー。

冷蔵庫などに取り付けられるマグネットタイプで、布巾ハンガーだと気付かれにくいシンプル&スタイリッシュなデザインが大きな魅力です。奥行1cmとかなりスリムなので、形状的にも凹凸が生まれにくく、自然に溶け込んでくれますよ。

3本のアームが大きく開きゆったり掛けられる!

さらに布巾を掛ける際は、3本のアームがそれぞれ大きく開いてくれるので、角度をずらしながら間隔をあけて掛けられます。布巾同士が接触しにくいので、部分的に乾いてない・・・なんてことも避けられますよ。もちろんマグネット式なので、取り外しや位置調整なんかも気軽に出来ちゃいます。

ちなみに、こちらの商品は"プレート"シリーズ(Amazon楽天Yahoo!)も大変人気があるので、気になる方はぜひチェックしてみて下さい。

1

レック(Lec) SG ふきん掛け ウルトラ マグネット

サイズ :幅33.5×奥行3.5×高さ9.5cm
耐荷重 :100g/1本あたり
取付方法:マグネット
アーム数:3本
アーム素材:ステンレス鋼線(18-10)

大きな布巾も掛けやすいロングアームで錆にも強い!

レックのSGふきん掛け(ウルトラマグネット)。

リーズナブルな価格ながら、機能性に優れていて、非常に人気の高い商品です。アームは長さ約33cmと大きな布巾でも掛けやすいロングサイズで、アーム素材には錆びに強い高品質な18-10ステンレスを採用。さらにダブルアーム式なので、速乾性にも優れます。

これだけでも十分魅力的ですが、アーム先端は布巾が滑り落ちないように角度がつけられているのも◎。通る際に少し触れてしまって、振り返ると落ちていた・・・といったこともありません。

取り付けはマグネット式で、冷蔵庫や洗濯機、レンジ台などに設置可能です。使わない時は設置面につけるような形で折りたためるので、スマートに収納できますよ。

そして、何より価格もお手頃!使い勝手が良く、コスパに優れるおすすめ布巾ハンガーです!

まとめ

今回は、布巾ハンガーをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

取り付け方法やアームの違いなど商品によって特徴も様々なので、キッチンに合わせて選ぶことが大切です。今回ご紹介した選び方なども参考に、ぜひ満足度の高い布巾ハンガーを見つけて下さいね!

関連キーワード

生活雑貨の人気ランキング