【保存するなら!】フリーザーバッグの人気おすすめランキング5選

フリーザーバッグは余った料理や食材、おやつなどを保存する時に便利なアイテム。また化粧品などのアメニティを収納する時にも活躍します。その中には誰もが知っているジップロックを始め、キチントさん、リードなどの人気商品があり、さらにはダイソーやセリアなどの100均、ikea、ニトリなどでも販売されているためどれが良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、フリーザーバッグの選び方と人気おすすめ商品を紹介致します。

フリーザーバッグのサイズで選ぶ

フリーザーバッグを選ぶ時にはまずサイズを選ぶことが肝心です。多くの商品はS・M・Lなどで分けられているので、自分が保存したい物やサイズをよく考えて選ぶようにしましょう。

例えば、Sサイズのものだとちょっとしたお薬や小物を入れたり、またスマホをお風呂で使う時なんかにも丁度良いサイズです!Mサイズは最も幅広く使える大きさですね。余った料理を小分けにしたり、魚や肉などを冷凍保存しておきたい時に使いやすいですよ。

Lサイズになると幅や長さを取りがちな野菜などに最適なので、ベジタリアンにはもってこい。使用用途に合わせて選んでみて下さいね。

解凍方法で選ぶ

フリーザーバッグの解凍方法についても考えておきましょう。ほとんどは電子レンジで解凍することができますが、中にはレンジ解凍不可のものもあります。

また自然解凍や湯せん解凍できるものもあるので、購入前には解凍方法をしっかり確認することをおすすめします。

ジッパーのタイプで選ぶ

フリーザーバッグの開け閉めはジッパーで行いますが、シングルジッパーやダブルジッパー、スライド式ジッパーなどいくつか種類があります。

シングルだと量があまり多くない食品や、薬などの小物に最適です。逆にダブルジッパーは密閉性が高いところが魅力なので、溢れては困る汁物などに大活躍!

最後にスライド式ジッパーは開け閉めがとにかく楽なところが特徴なので、上手く開け閉めできない子供やお年寄りの方におすすめですね。うっかり締め損ねるといった事も起こりませんよ。自分の目的に合わせてジッパーのタイプを選んでみてはいかがでしょうか?

フリーザーバッグの枚数で選ぶ

フリーザーバッグは基本的に使い捨てのキッチンツールとして販売されています。使い捨てるなんてもったいないと感じる方も多いと思いますが、口に入れる物に使用するのであれば衛生的にも使い回しはおすすめできません。特に魚や肉などの生ものに使った後はなおさらですね。

人数の多い家庭などフリーザーバッグを使用する機会が多い方は、枚数の多い商品を選ぶことをおすすめします。

自立可能!マチがあるものも!

フリーザーバッグの中にはマチが付いているものもあり、幅のあるものを入れたい時やカレーなどの汁物に最適です。収納時には自立させて保存できるところも◎。

ただし、横向きにしろ縦向きにしろ幅が出るので収納スペースの確保が必要になることは覚えておきましょう。

フリーザーバッグの人気おすすめランキング5選

それでは、フリーザーバッグの人気おすすめランキング5選を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

旭化成

ジップロック イージージッパー

内容量30枚
サイズ幅20.3×高さ17.7cm
解凍方法電子レンジ
特徴スライド式ジッパー

開け閉め楽チン!スライドジッパー付きバッグ

スライド式ジッパーで開け閉めがとっても簡単なフリーザーバッグです。子供からお年寄りまで安心。サッと中身を取り出すことが出来る上に、なかなか閉まらないストレスからも解放されますよ。

さらに電子レンジでの解凍が可能なところもGOOD!解凍の際わざわざ別のお皿に移し替える必要がなくて良いですね。加えて食品だけでなく、マスクなどを入れても外出先でもたつかずスマートに取り出せるので便利です。

ただし、使いやすくて機能的な分お値段も上がってしまうという事は頭に入れておいて下さいね。

4

旭化成

ジップロック お手軽バッグ

内容量100枚
サイズ幅16.5×高さ15cm
解凍方法
特徴グリーンジッパー・Open Tab

ちょっとした仕分けにピッタリなサイズ感!

こちらはコンパクトサイズでちょっとした小物の仕分けなどに最適。冷凍保存はできないので、薬やカード、パン、クッキーなどを入れる袋として大活躍です。外出時におやつを持ち運びたい時なんかにも良いですね。

また、ジッパー部分がおしゃれなグリーンカラーになっているところもポイント。爽やかでフレッシュな気分にさせてくれそうです。

気軽に使えて小物の整理整頓にもおすすめなジップロックの "お手軽バッグ" はいかがでしょうか?

3

LION

リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ

内容量14枚×2個
サイズ幅26.8×高さ28.4cm
解凍方法電子レンジ・流水解凍・自然解凍
特徴抗菌加工フィルム

鮮度を保って美味しさキープ

人気のキッチンアイテムブランド "リード" のフリーザーバッグです。冷凍・冷蔵対応で食品を新鮮にキープ!また、密閉性の高いダブルジッパーを使用しているので、固形物はもちろん汁物もバッチリです。ニオイ移りの心配もありませんよ。

さらに抗菌加工フィルムを採用しているところも特徴。生ものなどでも衛生的に保存できそうですね。加えて電子レンジ・自然解凍・流水解凍など解凍方法も豊富なので、毎日キッチンに立つ主婦のには強い味方となりそうです。

デザインもおしゃれでかわいいので、ぜひ一度お試し下さい♪

2

クレハ

キチントさん マチ付きフリーザーバッグ

内容量54枚
サイズ幅22×高さ18cm
解凍方法電子レンジ・熱湯解凍
特徴マチ付き

立てて使える!マチ付きフリーザーバッグ

厚みのあるものを入れる時に活躍するマチ付きのフリーザーバッグです。幅が出てしまいがちなカレーやシチューなどの汁物にも最適。自立だって出来ちゃうんですよ。横でも縦でも保存可能。

また、ジッパーはダブルなので液漏れの心配もありません。さらに電子レンジはもちろん熱湯解凍もOK。加えてガイドジッパー機能によって、閉めている時に "プチプチ" と手に感触が伝わるので閉め損なうこともなさそうですね!

幅のあるものや汁物を保存する時には是非おすすめしたい商品です。たっぷり54枚入りなところも◎。

1

旭化成

ジップロック フリーザーバッグ

内容量45枚
サイズ幅17.7×高さ18.9cm
解凍方法電子レンジ・自然解凍・流水解凍
特徴書き込みラベル・Open Tab

定番中の定番!これぞフリーザーバッグ

フリーザーバッグと言えば "ジップロック" ですね。知らない人はいないといっても過言ではないほど有名な定番商品。こちらは色々なことに使い回しやすいMサイズで、持っておくと役に立つこと間違いなしです。

また、ジッパーの真ん中にOpen Tab (オープンタブ) が付いているところが魅力。そこをつまむとサッと開けることが出来ます。さらに書き込みラベルが左上にあるところもポイントになり、中身の確認がしやすくなっているんですね。

閉める時はプチプチと指先に感触が伝わるので、閉まったかどうかハッキリ分かるところも◎。迷っているならまずはこの商品をおすすめします!

おすすめフリーザーバッグの比較表

商品画像商品名紹介文内容量サイズ解凍方法特徴商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

旭化成

ジップロック フリーザーバッグ

定番中の定番!これぞフリーザーバッグ45枚幅17.7×高さ18.9cm電子レンジ・自然解凍・流水解凍書き込みラベル・Open Tab

2

2位のアイテムの商品画像

クレハ

キチントさん マチ付きフリーザーバッグ

立てて使える!マチ付きフリーザーバッグ54枚幅22×高さ18cm電子レンジ・熱湯解凍マチ付き

3

3位のアイテムの商品画像

LION

リード冷凍も冷蔵も新鮮保存バッグ

鮮度を保って美味しさキープ14枚×2個幅26.8×高さ28.4cm電子レンジ・流水解凍・自然解凍抗菌加工フィルム

4

4位のアイテムの商品画像

旭化成

ジップロック お手軽バッグ

ちょっとした仕分けにピッタリなサイズ感!100枚幅16.5×高さ15cmグリーンジッパー・Open Tab

5

5位のアイテムの商品画像

旭化成

ジップロック イージージッパー

開け閉め楽チン!スライドジッパー付きバッグ30枚幅20.3×高さ17.7cm電子レンジスライド式ジッパー

まとめ

今回は、フリーザーバッグの人気おすすめ商品をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか?

フリーザーバッグは食品だけでなく、色々なものを入れる袋としても役に立つアイテムです。食べ物の保存や小物の仕分けなどに困っている方はぜひお気に入りの商品を探してみて下さい♪

関連キーワード