レジャーシートの人気おすすめランキング7選

家族や友人と楽しむキャンプや花見、ピクニックなど様々なアウトドアシーンで大活躍してくれるレジャーシート。クッション性の高い厚手タイプやコンパクトに折りたためる薄手タイプ、防水性に優れるタイプなど商品によって特徴がある上に、おしゃれで可愛いデザインや一人用のコンパクトなものまで種類は豊富。
そこで今回は、レジャーシートの選び方を簡単に解説した上で、売れ筋から厳選したおすすめ7商品をご紹介していきます。

レジャーシートの選び方

まずはレジャーシートを選ぶ時のポイントについて簡単に解説していきます。ぜひ購入前にチェックしてみて下さいね!

用途と人数に合わせてサイズを選ぶ

レジャーシート選びで最も重要なのがサイズです。ある程度使用する人数が決まっている場合は、それを目安に選んでいきましょう。

大人一人が寝転がる、または二人で座って使うなら90×180cmサイズがちょうど良いですし、二人で寝転がるなら150〜180×180cm程度のサイズ感があると良いです。3〜5人で座るなら200×200cm程度のサイズ感がおすすめ。

用途や使用人数を意識しながら選んでみて下さいね。またお子様用は、さらに小さな60×90cmや90×140cmといったより小さなサイズを選ぶと良いですよ。

クッション性のある座り心地

レジャーシートを大きく分けると、中材にクッションが入っている厚手のものと入っていないものの2種類があります。特に小さなお子様のいる家族やデコボコした地面で使う可能性がある場合は、中材にクッション素材が使われているものを選んでおきましょう。

長時間座ったり、寝転がってもお尻や背中が痛くなりにくいですよ。ただ重たくなる、折りたたんだ際にサイズ感が出るというデメリットもあるので、ビーチなど柔らかい地面で使うという人はクッションなしのものを選ぶのもありです。

耐水性・防水性をチェックする

耐水性・防水性があると、レジャーシートを敷く地面が少し濡れていても安心。水がジワジワと浸透してきて、お尻が濡れてしまうといったこともありません。

耐水性に優れるPVCやアルミなどがシートの裏面に使われているレジャーシートなら、少々濡れている地面でも使えるので、確認してみてましょう。

軽量でコンパクトなら携帯性も高まる

レジャーシートは基本的に持ち運んで使うものですよね。特に公共交通機関で移動する方は携帯性も考えておきたいポイントです。

折りたたんだ際にコンパクトになるものならバッグの中にも収納しやすいですし、重量が軽いものなら持ち運びも負担になりにくいですよ。ただ座り心地と相反する部分ではあるので、使用環境などに合わせて携帯性と座り心地のバランスを考えてみましょう。

例えば、自家用車での移動が多いという場合、手に持って運ぶ距離が少なくなるので、より座り心地を重視して選んでも良いですし、ちょっとした散歩に持ち歩きたいといった場合は軽くてコンパクトなものが気軽に使えて便利。シーンに合わせて選んでみて下さいね。

折りたたむだけでバッグ型になるタイプも!

レジャーシートの中には、折りたたむと自然とバッグのような取っ手付きの形状になるタイプもあります。こういったレジャーシートは別途収納用のバッグを持ち歩く必要がない上に、メインバッグの容量も潰してしまいません。持ち歩きが便利になるので、必要に応じてチェックしてみましょう。

ただこのタイプは厚手でクッション性に優れたタイプに多いということも頭に入れておいて下さい。

ペグで固定できると風の強い場所でも安心

レジャーシートを敷いて楽しい時間を過ごしている最中に、風が吹いてシートが飛ばされたといった経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?

四隅に荷物や靴を置いて重し代わりにすることもあると思いますが、万全の対策とは言えません。そこでオススメなのがペグ(ピン)で四隅を固定出来るタイプです。ちなみに、このタイプには、ペグ用の穴が開いているだけのものとペグまで付属しているものがあります。

特に長時間レジャーシートを使う場合は、風の影響を受ける確率が高まるので、ペグで固定出来るものを選んでおくと安心ですよ。

レジャーシートの人気おすすめランキング7選

それでは、売れ筋レジャーシートの中から厳選したおすすめ7商品をご紹介していきます。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

アサヒ興洋

レジャーシートプラージュL

サイズ90×180cm(180×180cmも有)
重量180g
材質ポリエチレン・ポリプロピレン
特徴ペグ付き
カラー3色

軽い!安い!コンパクト!手軽に使える

アサヒ興洋のとってもお手頃なレジャーシート。急遽レジャーシートが必要になった!なんて時にも買いやすいですよ。使い手を選ばない癖のないデザインも汎用性が高くて◎。

またクッション性はないものの、重量180gとかなり軽量です。楽しいイベント終わりの疲れ気味の身体でも持ち帰りが苦にならないのが嬉しいですね。さらに四隅にはペグ穴があり、ペグ自体も付属。風対策もしっかり出来ちゃいます。

6

The Friendly Swede

レジャーシート

サイズ150×200cm(130×170cmも有)
重量(約)700g
材質フリース素材・PVC
特徴裏面防水加工
カラー1色

スウェーデンブランドのおしゃれシート!

北欧スウェーデンのブランド「The Friendly Swede」が手がけたおしゃれなレジャーシート。スタイリッシュなブルーのチェック柄が爽やかですね。

表面は起毛素材で肌触りが良く、裏面はPVCで耐水性もバッチリ。少し湿った芝生でも安心して使えますよ。また折りたたむとバッグのような取っ手付き形状になるので、収納用バッグも必要なし。

使い勝手の良いおしゃれシートで、ワイワイ楽しい時間を過ごしてみませんか?

5

TIANBAO

レジャーシート

サイズ(約)200×200cm
重量(約)1000g
材質起毛素材/表面・5mmスポンジ/中材・防水PEVA/裏面
特徴裏面防水加工
カラー2色

厚さ5mmのスポンジ入りでお尻が痛くない!

レジャーシートに座っているとお尻が痛くなってシンドい・・・という方におすすめの厚手タイプ。厚さ5mmのスポンジが優しく身体を支えてくれますよ。また厚みがあることで地面の冷気が伝わりにくいのも嬉しいポイント。心地よい座り心地でイベントを楽しめますね。

さらに200×200cmの大判タイプなので、家族で使う方や複数人でキャンプ・花見などを楽しむ時にも◎。大人3人が寝転がってもゆったりと使えるサイズ感です。

4

Outad

軽量折りたたみレジャーシート

サイズS:150×220cm
M:180×220cm
L:240×220cm
重量S:310g
M:380g
L:485g
材質210Dオックスフォード生地・ポリエチレン
特徴裏面防水仕様・収納袋付き
カラー4色

サイズ×カラーのバリエーションが豊富!

比較的薄手のレジャーシートでサイズはS/M/Lの3種類。いずれも重量が軽く、持ち歩きの際の負担を軽減出来ます。さらにカラーバリエーションが4種類と豊富にあり、テントカラーなどと合わせて選んでみるのも良いですね。

また裏面は耐水性のあるポリエチレンを採用し、四隅にはハトメ付き。テントの下に敷くグランドシートとしても使い勝手が良いですよ。リーズナブルな価格なので、消耗を気にせず使いやすいのも嬉しいポイントです。

3

OutPort

厚手レジャーシート

サイズ200×200cm(150×200cmも有)
重量1200g
材質アクリル/表面・スポンジ/中材・防水TPE/裏面
特徴裏面防水仕様
カラー3色

ファミリーサイズのおしゃれBIGシート!

200×200cmのゆったりとしたサイズ感はファミリーや大人数でのアウトドアシーンにぴったり。少し重量感はあるものの、中材にウレタンスポンジが採用されている上に、表地は優しい肌触りのアクリル生地で座り心地も抜群です。ゆったりと楽しい時間を過ごせますよ。

また3色のカラー展開はいずれもおしゃれ。派手すぎないものの、花見や花火大会では目印にもしやすいですね。もちろん裏面は防水仕様で、折りたためばバッグ型になり収納袋も不要です。

2

SweetPea(スイートピー)

レジャーシート

サイズ175×135cm(200×200cmも有)
重量600g
材質アクリル/表面・PUフォーム/中材・裏面/PVC
特徴裏面防水仕様・手洗い可能
カラー8色

豊富なカラバリでお気に入りが選べる!

カラー・デザイン展開が非常に豊富なレジャーシートです。カッコいいチェック柄や可愛いボーダー柄などがラインナップされ、デザインにこだわりたい方には嬉しい商品。

175×135cmという少し正方形に近い形は3人程度で中心を囲って座りやすいですよ。そっちが広くてこっちが狭い・・・なんて事にもなりにくいので、気を使わずにすみますね。

また、縦が少し短い事で男性は寝転がりにくいですが、女性なら寝転がってリラックスするのも◎。クッション材が入ったソフトな寝心地でくつろげます。

1

コールマン(Coleman)

レジャーシート

サイズ200×170cm
重量1200g
材質アクリル/表面・PUフォーム/中材・PVC/裏面
特徴裏面防水仕様・コーナーループ付き
カラー5色

運動会からピクニックまで!快適に過ごせるふかふかシート

アウトドアブランドとして非常に人気の高いコールマンのレジャーシートです。4〜5人でゆったりくつろげる200×170cmという大きめサイズでありながら、折りたたむと直径15×幅45cmのコンパクトサイズに。少し重めですが、車の中にも収納しやすいですよ。

また表面に起毛素材が採用されている事に加え、中材にはポリウレタンスポンジを採用。多少凹凸のある地面でも座り心地の良い環境を作れますよ。もちろん寝転がって風を感じたり、日光浴したりするのも◎。

さらにコーナーにはペグで固定できるループが付いているので、バッチリ風対策出来ます。風の強い日でも安心して楽しめますね。

おすすめレジャーシートの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ重量材質特徴カラー商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

コールマン(Coleman)

レジャーシート

運動会からピクニックまで!快適に過ごせるふかふかシート200×170cm1200gアクリル/表面・PUフォーム/中材・PVC/裏面裏面防水仕様・コーナーループ付き5色

2

2位のアイテムの商品画像

SweetPea(スイートピー)

レジャーシート

豊富なカラバリでお気に入りが選べる!175×135cm(200×200cmも有)600gアクリル/表面・PUフォーム/中材・裏面/PVC裏面防水仕様・手洗い可能8色

3

3位のアイテムの商品画像

OutPort

厚手レジャーシート

ファミリーサイズのおしゃれBIGシート!200×200cm(150×200cmも有)1200gアクリル/表面・スポンジ/中材・防水TPE/裏面裏面防水仕様3色

4

4位のアイテムの商品画像

Outad

軽量折りたたみレジャーシート

サイズ×カラーのバリエーションが豊富!S:150×220cm
M:180×220cm
L:240×220cm
S:310g
M:380g
L:485g
210Dオックスフォード生地・ポリエチレン裏面防水仕様・収納袋付き4色

5

5位のアイテムの商品画像

TIANBAO

レジャーシート

厚さ5mmのスポンジ入りでお尻が痛くない!(約)200×200cm(約)1000g起毛素材/表面・5mmスポンジ/中材・防水PEVA/裏面裏面防水加工2色

6

6位のアイテムの商品画像

The Friendly Swede

レジャーシート

スウェーデンブランドのおしゃれシート!150×200cm(130×170cmも有)(約)700gフリース素材・PVC裏面防水加工1色

7

7位のアイテムの商品画像

アサヒ興洋

レジャーシートプラージュL

軽い!安い!コンパクト!手軽に使える90×180cm(180×180cmも有)180gポリエチレン・ポリプロピレンペグ付き3色

まとめ

今回は、レジャーシートをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

ぜひアナタの使用環境に合ったレジャーシートを選んで、大切な家族や友人と楽しい時間を過ごして下さいね!

関連キーワード