メンズ長靴の人気おすすめランキングベスト10【2018年最新】

釣りや農作業、登山や雨の日の外出などで活躍する長靴。泥や雨、雪、水などからしっかりと足を守ってくれる上に、洗うのも簡単で使い勝手も抜群です。色々なメーカーから軽量タイプ、防寒・防水・防滑タイプ、おしゃれで蒸れないタイプなど色々な長靴が販売されているので、用途から適切な長靴を選ぶことが大切です。
そこで今回は、長靴の選び方をまとめた上で、おすすめの長靴ランキングをお届け致します!

今回は、メンズ向けの長靴に注目しました。

雨の多くなる梅雨時期に加え、農作業やガーデニング、清掃、釣り、野外キャンプなど長靴が活躍する場面は意外と多いです。最近はデザインも豊富でおしゃれなものや、軽量で持ち運びやすいもの、防水・防寒・防滑性能に優れたものなど色々な長靴が発売されています。

そこで今回は、メンズ向け長靴の選び方ポイントをお伝えした上で、売れ筋の人気商品から価格・機能・口コミ/レビューなどを比較して、おすすめの男性向け長靴ランキングをご紹介致します!

長靴の選び方ポイント

長靴にはデザイン性に優れたものや滑りにくいもの、価格的に安いものなど特徴があります。
ここでは、長靴を選ぶ際にポイントになる点を一つずつ解説していきます。

価格

農作業などでハードかつ頻繁に使う場合は、ローコストなものを高頻度で買い換えるか、高品質なものを長く使うかのどちらかが多いと思います。
長靴の消耗を気にせず使い倒したいのであれば、1,000円前後の低価格なタイプがおすすめ。

雨の日やアウトドア、釣りなど毎日使うわけではない場合は、デザイン性を求めたくなりますよね。
低価格なものはホームセンターにあるようなデザイン性の低いものがほとんどなので、4,000円〜の価格帯の長靴から選ぶのが早いでしょう!

履き口カバー

長靴を使用する環境によっては、履き口をしっかり締められるカバーがあるタイプの方が望ましい場合があります。

特に泥や土が飛びやすい環境や深い水場で作業する場合などは、この履き口カバーがあるタイプを優先的にチェックすると良いでしょう!

靴底(滑りにくさ)

長靴を使用する場合は、雨が降っているか水気のある環境、ぬかるんだ土が多い環境で履くことが必然的に増えると思います。
何れにしても地面が滑りやすいのは変わらないので、防滑性に優れたタイプを選びましょう。

もともと長靴のソールは滑りにくさを意識して作られていますが、中でもグリップ力を高める素材が使われているものや、ソールの溝がしっかりと刻まれているものは特に防滑性が高いのでおすすめです!

サイズ

長靴は、ひざ下まで覆うため、履きやすさは通常の靴よりも落ちます。
いつもの靴と同じサイズで選ぶと、足首部分が引っかかり履きにくい・・・と感じる事も多いはず。

履きやすさを考えれば、ワンサイズ大きめのサイズを選ぶのがおすすめです。
もし大きすぎた場合でも中敷を敷く事で後からサイズ調整も出来ます。

また、サイズに関わらず、長時間履く場合の疲労の蓄積を抑えるためにクッション性のある中敷を設置するのはおすすめです。

メンズ長靴の人気おすすめランキング

それでは売れ筋のメンズ向け長靴の中から、選び方のポイントを押さえた上で、おすすめの長靴ランキングをご紹介します!

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

[kita(キタ)] 安全靴・作業靴 カバー付 長靴 エーストップ KR-730

[キタ] 安全靴・作業靴 カバー付 長靴 エーストップ KR-730

重量:片足770g(26cmの場合)
履き口:38cm( 〃 )
高さ:30cm+カバー部5cm( 〃 )
ソールの厚さ:1.5cm

幅広な3Eサイズで足幅が気になる人も安心

こちらの長靴は、ゆったりとした足幅設計で窮屈感なく履けます。
履き口には、カバーが付いているので、雨水や泥などの侵入をしっかり防げ、脱いだ後に足が汚れていることもありません。
さらに、ドライメッシュの裏地は速乾性に優れていて蒸れにくい構造。
また、ソールは波型形状でグリップ力が高い上に、屈曲性もよく、歩行時もスムーズに歩けます♪

9

[ミドリ安全] 作業靴 長靴 MPB5000N

[ミドリ安全] 作業靴 長靴 MPB5000N

重量:片足880g(Lサイズの場合)
履き口:37.5cm( 〃 )
高さ:37cm( 〃 )
ソールの厚さ:1.5cm

先芯で覆われた爪先は保護力抜群

爪先を先芯で覆っていることで20kgの重さのものが15cmの高さから落下しても足の骨を折るようなことはほとんどない安全性能の高い長靴です。
落下物が考えられるような作業場での利用には非常に安心感があります。

履き口にはカバーも付いているため、隙間からゴミや泥、水などが侵入することもなく、作業にも集中出来ます!

8

[HEIGI(ヘイギ)] 長靴 PVC紳士短半長靴 HG-1

[ヘイギ] 長靴 PVC紳士短半長靴 HG-1

重量:片足555g(26cmの場合)
履き口:39.5cm( 〃 )
高さ:24.7cm( 〃 )
ソールの厚さ:2cm

軽量・幅広で低価格なコンパクト長靴

消耗しやすい環境下での使用が多い長靴にとって、価格も性能の一つという考え方で開発された「安い」と言い切れる激安価格な長靴。
一体成型で水漏れに強く、軽量なので持ち運びや長めの歩行も負担が少なめ。3E幅広設計で足幅が広い人でも安心です。
ただ、長靴の高さはそこまでないので、深い水場やゴミなどが舞う環境での利用を考えている場合は避けた方が良いでしょう。

7

[kita(キタ)] 安全靴・作業靴 PVC 長靴 エーストップ軽半長靴 KR-980

[キタ] 安全靴・作業靴 PVC 長靴 エーストップ軽半長靴 KR-980

重量:片足650g(26cmの場合)
履き口:41.5cm( 〃 )
高さ:33cm( 〃 )
ソールの厚さ:1.5cm

軽量で丈夫な定番長靴は価格もお手頃!

いわゆる「長靴」と呼ばれるものをイメージした時に一番想像されるのがこのタイプ。
PVC素材で光沢のあるブラックカラーに一体成型タイプのシンプルなデザインです。
ソールは波型形状で水はけがよく、滑りやすい地面でもしっかりとグリップしてくれるので、作業中も安心。

何より安い値段が魅力的です!

6

[ALLEXONS(アレクソン)] 作業靴 長靴 ワークブーツ インソール入り

[アレクソン] 作業靴 長靴 ワークブーツ インソール入り

重さ:片足800g(Lサイズの場合)
履き口:43cm( 〃 )
高さ:33cm( 〃 )
ソールの厚さ:2cm

ワンポイントの赤色ソールがおしゃれ

シンプルながらソールに配色された鮮やかなレッドカラーがワンポイント。
おしゃれなので大切に履こうという気持ちにもさせてくれますよ♪
また、履き口が少し大きめになっているので、長靴でも履きやすいです。履くのに手間取る人にとっては嬉しい設計です!

5

アトム グリーンマスター No.2620

アトム グリーンマスター No.2620

重量:片足470g(Lサイズの場合)
履き口:39cm( 〃 )
高さ:35.5cm( 〃 )
ソールの厚さ:1.5cm

ファッション性の高いカジュアル&スリムな長靴

負荷がかかりやすい踵や爪先にはゴム補強をしつつ、全体としてはカジュアルなデザインで男性女性問わず農作業からアウトドア、雨の日まで幅広く使えるおしゃれ長靴です。
ウェットスーツにも使われるSBR素材はふくらはぎなど足全体を優しく包み過度な圧迫感がありません。
さらに内側には滑りの良いナイロン素材を採用し、着脱時の不快感も解消。
特徴的なグリップパターンとフラットなソールは防滑性もよく、防水性にも優れています。

長靴では珍しいベルクロタイプのベルトが付いているのもおしゃれで機能的♪

4

[CROCS(クロックス)] レニー 2.0 ブーツ

[クロックス] レニー 2.0 ブーツ

重量:片足330g(M8の場合)
履き口:39cm( 〃 )
高さ:21.5cm( 〃 )
ソールの厚さ:2cm

米CROCSの超軽量長靴

サンダルタイプのクロックスは履いている人も多いと思いますが、そのクロックス社が発売する長靴です。
高さがないため履きやすく、雨の日の外出にも最適な超軽量モデル。

田んぼの中に入るような農作業などには不向きですが、ガーデニングや雨の日の通勤用などとしては、見た目も良いので最適です♪

3

[ヘイギ] 長靴 軽量 EVA発泡ゴム長靴 インソール付き HG-2807

[ヘイギ] 長靴 軽量 EVA発泡ゴム長靴 インソール付き HG-2807

重量:片足440g(LLサイズの場合 )
履き口: 44.5cm( 〃 )
高さ:36.5cm( 〃 )
ソールの厚さ:1.9cm

軽量ロングタイプのガード力が高い長靴

この長靴の最大の特徴は、軽さ。
高さ36cm以上のロングタイプながら片足440gの軽さは、他のロングタイプの長靴と一線を画しています。
さらに、スリム設計の筒まわりと履き口のカバーがあることで、ロングタイプにありがちなゴワつきも心配ありません。

ロングサイズで軽量モデルを探されている方にはドンピシャな長靴です!

2

[ミドリ安全] 作業靴 耐滑 長靴 NHG2000 スーパー

[ミドリ安全] 作業靴 耐滑 長靴 NHG2000 スーパー

重さ:片足660g(26cmの場合)
履き口: 41cm( 〃 )
高さ:30cm( 〃 )
ソールの厚さ:2cm

前後左右あらゆる滑り強い超耐滑長靴!

ミドリ安全が発売するこちらの長靴は、とにかく滑らない。
グリップ力を高める特殊配合の素材と、靴底の溝パターンを斜めに配置する独自加工で、前後左右斜め全ての方向へのグリップ力を強化し、硬い金属の床や凹凸のある床でも高い防滑能力を発揮します。
取り外し可能な中敷は、不快な蒸れを取り除く通気孔付き。
さらに、蒸れに対する対策は長靴内面にも見られ、内側底面から履き口まで伸びる4本の溝が隙間を生み、効果的に蒸れを排出してくれます。

調理場や水場、清掃時など滑りやすい場所でも抜群のグリップ力で作業性を高めてくれます!

1

[日本野鳥の会] Wild Bird Society of Japan バードウォッチング長靴 ブラウン

[日本野鳥の会] Wild Bird Society of Japan バードウォッチング長靴 ブラウン

重量:片足460g(Lサイズの場合)
履き口: 42cm( 〃 )
高さ:45cm( 〃 )
ソールの厚さ:約1.2cm

徹底的にこだわられたデザインと機能面は圧巻

ブーツに見間違うほど長靴離れしたおしゃれな外見は、グリーン、ネイビー、グレー、レッドなどカラーも豊富。
農作業やガーデニングはもちろん、タウンユースとしても違和感なく使えます。

しっかりと汚れや水から足を守れるロングサイズに、フィット感の高い薄めでスリムな設計、防水機能を備えた本体に、防滑性の高いソールなど機能や着用感も素晴らしい。
さらに、折りたたみも簡単でコンパクトになり、持ち運びも簡単です。

足全体をしっかりホールドしてくれるので、ジャストサイズより着脱しやすいワンサイズ大きめがおすすめです!

まとめ

今回は、メンズ向け長靴をピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

梅雨時期の雨対策にはもちろん、農作業や釣りなど活躍の出番は多いので一足は持っておきたいですよね。
今回ご紹介した選び方のポイントやランキングを参考に、ぜひお気に入りの長靴を見つけてくださいね!

関連キーワード