【2018年最新】最強ヘアドライヤーの人気おすすめランキング10選

毎日使用するドライヤーにはこだわりたいという方も多いですよね。ただパナソニックやダイソン、コイズミ、テスコムなどのメーカーから、パワフルな風量で速乾性に優れるものや温度調節が可能なものマイナスイオンによる髪質改善が期待出来るものなど様々な商品が販売されています。どれが良いのか迷っちゃいますよね?
そこで今回は、ドライヤーの選び方を解説した上で、売れ筋から厳選したオススメ10商品をご紹介していきます!

今回は、毎日のヘアケアに欠かせないドライヤーに注目!

この記事では、ドライヤーの選び方を解説した上で、売れ筋商品から価格・機能性・風量・デザイン・口コミなどを比較して、厳選したおすすめ10商品をご紹介していきます。

ドライヤーの選び方

まずは、ドライヤーを選ぶ時のポイントを簡単に紹介していきます。ぜひ購入前にチェックして、失敗しないお買い物にして下さいね。

速乾性を求めるなら風量をチェック

ドライヤーでブローする女性の画像

髪へのダメージを軽減するためにもドライヤーを使用する時間は短くしたいものですよね。そこで重要になってくるのが風量です。風量がパワフルなことで速乾性が高まり、髪を乾かす時間を短くすることが出来ますよ。結果的には髪も傷めにくくなります。

風量は「○㎥/分」といった形で表記され、風量を重視するなら少なくとも1.3㎥/分のものがオススメです。

風温調節が出来るとなおよし

髪を傷めないためにもブローする時間は短くしたいものですが、風量と合わせてチェックしておきたいのが温度調節機能です。一般的なドライヤーは、HIGH・ドライモードなど髪をしっかり乾かすモードでは100℃を超える温風になることがあります。ただ100℃を超える温風を髪に当て続けると髪の毛が傷む原因にもなりかねません。

距離を離すなどの工夫も出来ますが、もう少し低温のモードがあると便利ですよ。そこで活躍してくれるのが風の温度調節が可能なドライヤーです。中には60℃前後の温風になるスカルプモードが搭載されたドライヤーなどもあるので、ぜひチェックしてみて下さいね!

音が気になるなら静音性に優れたものを選ぶ

夜遅くにドライヤーを使用する際やお家に赤ちゃんなどがいる場合、ドライヤーの運転音が気になってしまうこともありますよね。

ナイトケアモードが搭載されているドライヤーや運転音が50dB台のドライヤーは音が気になる時でも使いやすい静音性の高いタイプと言えるでしょう。

ただ風量も少なくなるので、その点は頭に入れておいて下さいね。

軽量タイプなら腕への負担も軽減出来る

特に髪を乾かす時間が長くなるロングヘアの方にとってはドライヤーの重量も気になるポイント。

一般的なドライヤーは400g〜700g前後のものが多いですが、500〜600g程度までならそこまで腕に負担を感じにくいですよ。軽さを求めたい方は、ドライヤーの重量もチェックするのを忘れないで下さいね。

海外旅行に持参するなら海外対応か必ず確認する

海外旅行などでドライヤーを持参する、またはその可能性があるという方は、海外対応が可能なドライヤーかどうかという点もチェックしておきましょう。ポイントは電圧とコンセントの差込口形状です。

まず、ドライヤーの電圧が旅先の国の電圧に対応して入れば、使用する事が出来ます。海外対応のドライヤーは電圧を切り替えられるようになっている事が多いですね。

またコンセントの差込口形状が日本と異なる場合もあります。その場合は変換プラグが必要になるので、この点も要チェック。海外対応と謳っているドライヤーは変換プラグが付属していることも少なくありません。

ブローの仕上がりを綺麗にしてくれるマイナスイオン

最近のドライヤーはマイナスイオン機能があるものが多いですよね。しかし、中にはいまいちピンと来ないという方も少なくないのでは?

マイナスイオンを発生させる大きなポイントは、髪に対して水分を補給しながら乾かせる事です。髪にうるおいを与えられることで、まとまりが出たり、ツヤ感がアップするといった嬉しいメリットがあるんですよ。

ドライヤーの人気おすすめランキング10選

それでは売れ筋のドライヤーの中から厳選したおすすめ10商品をご紹介していきます。コスパ抜群のお手軽ドライヤーから充実した機能性で美しい仕上がりが期待できる本格的なドライヤーまでありますよ!

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー イオニティ

EH-NE18

本体サイズ幅18.9×高さ20.8×奥行7.9cm
重量約405g
風量1.3㎥/分(ターボ時)
温度調節約110℃(ターボ時)
海外対応×
コードの長さ約1.6m
その他マイナスイオン発生・他カラーあり

人気パナソニックのリーズナブルなヘアドライヤー

ドライヤーメーカーの中でも高い人気を誇るパナソニック製のドライヤーです。ハイスペックなものから手頃なものまで様々な価格帯の商品がありますが、こちらはお手頃価格が魅力的な商品。

そして1.3㎥/分と必要十分な風量がありながら、本体は405gとかなり軽量なのも嬉しいですね。使用中にドライヤーの送風口をコントロールしやすく使い勝手が良いですよ。

コスパを重視したい方にはぜひチェックしてみて欲しいドライヤーです!

9

テスコム(TESCOM)

ヘアードライヤー

TD121-K

本体サイズ幅27.5×高さ21.3×奥行8.3cm
重量約480g
風量-(1200W)
温度調節約120℃(HIGH時)
海外対応×
コードの長さ約1.8m
その他ハンズフリー(自立)形状

両手でスタイリングできる自立タイプ!

ドライヤーを使用する時は基本的に片手でドライヤーを持つ必要がありますよね。ただこちらのドライヤーは自立するハンズフリータイプなので、ドライヤーを当てながら両手でスタイリング出来るのが大きな魅力。ノズルの送風口が細くなっているため、風力もしっかり感じられますよ。

一方、ハンドル部分は折りたたむことが出来ないため、収納時には少しかさばるかもしれません。

8

コイズミ(KOIZUMI)

ダブルファンドライヤー モンスター

KHD-W720

本体サイズ幅27×高さ28×奥行10cm
重量約685g
風量2.0㎥/分
温度調節-
海外対応
コードの長さ約1.7m
その他マイナスイオン発生・他カラーあり

ダブルファンで2.0㎥/分の大風量!パワフルなドライヤー

コスパが良く大風量ということから根強い人気があるテスコムのモンスター。内部には2つのファンが搭載され、風量は2.0㎥/分とかなりパワフルです。今まで風量に物足りなさを感じていた方には特にオススメです。お子様のお風呂上がりの髪を乾かすのに時間がかかっていたというママ・パパにも◎。

また髪にうるおいを与えるマイナスイオンは全4ヶ所から発生。ボタンを押している時だけ冷風になるのも、より手軽に冷風を使いやすいポイントです。

ただ風量が強いことで運転音は少々大きめ。特に音を気にする方は注意して下さいね。

7

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー ナノケア

EH-NA59

本体サイズ幅19.2×高さ21×奥行8cm
重量約545g
風量1.2㎥/分(AC100・200V時/ターボ時)
温度調節約80℃(AC100・200V時/ターボ時)
海外対応
コードの長さ約1.7m
その他ナノイー・電圧切り替え可・C2プラグアダプター付き・他カラーあり

旅行・出張が多い人でも安心!海外対応ドライヤー

パナソニックの人気ドライヤー・ナノケアシリーズの海外対応モデル。100〜120V・200〜240Vと電圧を簡単に切り替えられるため、どちらかで電圧が合わせられる限り海外でも使えちゃいます。ヨーロッパで主要なC-2プラグのアダプターも付属しているので、渡航先の国がC-2タイプなら別途変換プラグを用意する必要もありません。

またナノイーによる潤いのある仕上がりも魅力で、国内・海外問わずいつでも満足感のいくブローが出来ますよ!

6

テスコム(TESCOM)

naturam マイナスイオンヘアードライヤー

TID295

本体サイズ幅19.6×高さ21.5×奥行7.7cm
重量約420g
風量1.1㎥/分
温度調節温風/冷風切り替え
海外対応×
コードの長さ約1.7m
その他マイナスイオン発生・他カラーあり

コスパ抜群!旅行用にもおすすめなお手軽ドライヤー

マイナスイオン機能が搭載されたテスコムの格安ドライヤー。サイズも比較的コンパクトで軽いため、旅行などに持っていくのも負担になりにくいですよ。

またマイナスイオンが発生すると本体側面のランプが点灯。視覚的に分かりやすいのが良いですね。さらにリーズナブルなタイプながらターボモードは温風・冷風のどちらにも対応。

風量がパワフルというタイプではないものの、安い上に必要十分な機能が備わったコスパ良好ドライヤーです!

5

リュミエリーナ(LUMIELINA)

REPRONIZER 3D Plus

REP3D-G-JP

本体サイズ幅23.3×高さ22.9×奥行10.4cm
重量約722g
風量1.2㎥/分
温度調節約110℃
海外対応×
コードの長さ約2.6m
その他バイオプログラミング搭載

使うほどにしっとりツヤツヤ!特殊セラミックスが熱から髪を守る

ブロー後の仕上がりを重視する方にオススメな高級ドライヤーです。最大の特徴は、メーカー独自技術であるバイオプログラミングが施された特殊セラミックス。熱によるダメージを受ける髪の毛や頭皮のタンパク質をよりしっかりとコーティングしてくれます。さらに一時的な潤いを与えるマイナスイオンと異なり、半永久的な効果が期待できる点も大きな魅力。

使えば使うほどに本来の艶のある美しい髪に近づいていきますよ。パサつきやうねりともサヨナラ出来るかもしれませんね!口コミでも "これで乾かすだけで自然にまとまるのでアイロンが必要なくなりました。" などと好評価。ズバリ価格は高いものの、髪が傷まないドライヤーを探している方はぜひチェックしてみて下さい!

4

Dyson(ダイソン)

Dyson Supersonic

HD01 ULF IIF

本体サイズ幅7.8×高さ24.5×奥行9.7cm
重量約630g
風量2.4㎥/分
温度調節45℃〜100℃(5段階で操作可能)
海外対応×
コードの長さ約1.9m
その他マイナスイオン発生・他カラーあり

パワフルな大風量だけど髪に優しい!ダイソンのドライヤー

他のドライヤーとは一線を画すダイソンらしいスタイリッシュなデザインが特徴的な商品です。風量は2.4㎥/分と圧倒的で速乾性はバツグン。さらに、毎秒20回の風温測定を行い、最適な風温をキープしてくれるため、髪へのダメージも防げるんです。サッと乾かしただけでも指通りが良くまとまりのある髪に仕上げられますよ。

また着脱可能な3種類のアタッチメントで、ふんわりとしたブローや風圧のあるピンポイントブローも自由自在。加えて、風温調整は5段階としっかり出来るので、細かく調整したい方でも思い通りのブローが出来ること間違いなし!

3

泉精器製作所

IZUMI マイナスイオンドライヤー

DR-RM36

本体サイズ幅19.7×高さ20.8×奥行7.6cm
重量約440g
風量1.2㎥/分
温度調節約90℃(ドライモード)・約60℃(ヘアケアモード)
海外対応×
コードの長さ約1.8m
その他マイナスイオン発生・他カラーあり

価格重視派必見の格安ドライヤー!

とってもリーズナブルなIZUMIのドライヤー。今回ご紹介するドライヤーの中では最も手頃な商品です。安さ重視で選びたいという方はもちろん、旅行や故障などでとりあえず1台欲しいという方にもおすすめ。

風量は1.2㎥/分と十分なレベルで、髪へのダメージを防ぐ60℃の温風によるヘアケアモードも搭載。セット時のブローや仕上げ時に便利ですよ。

ただクイックドライ・ヘアケア・冷風という3つのモードは、風量が全て同じなので、そこだけ注意して下さいね。

2

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー イオニティ

EH-NE59

本体サイズ幅21.2×高さ22.5×奥行9.2cm
重量約530g
風量1.9㎥/分(ターボ時)
温度調節約105℃(ドライモード)・約85℃(ターボモード)
海外対応×
コードの長さ約1.7m
その他マイナスイオン発生・イオンチャージ・温冷ツインフロー・他カラーあり

パワフルな風量とマイナスイオンでしっとりサラサラ!

マイナスイオンの吹き出し口と温風の吹き出し口が分けられたパナソニックの人気ドライヤー・イオニティ。マイナスイオンに含まれる水分が温風によって失われるという事を防ぎやすく、髪の毛にしっかりとマイナスイオンが届くんです。

またノズルは、毛束をほぐす役割の弱風としっかり乾燥させる強風を同時に吹き出せる構造という点も◎。弱風で毛束を少し動かせるのでより広範囲に風が当たり速乾性が高まりますよ。風量も1.9㎥/分とパワフルです。

そして価格も比較的お手頃!コスパの良い人気ドライヤーです!

1

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー ナノケア

EH-NA99-RP

本体サイズ幅21×高さ22.7×奥行9.0cm
重量575g
風量1.3㎥/分(ターボ時)
温度調節約125℃(ドライモード)・約60℃(スカルプモード)
海外対応×
コードの長さ約1.7m
その他ナノイー&ミネラルマイナスイオン発生・他カラーあり

乾かすだけじゃない!ナノイーとダブルミネラルでまとまりのある髪に

Amazonでもベストセラーの実績を誇る大人気ドライヤー・ナノケア。充実した機能性が最大の魅力です。

毛先がまとまる「毛先集中ケアモード」や乾かしながら冷風でツヤ感をアップさせる「温冷リズムモード」など多彩なモードを完備。そしてナノイーとミネラルマイナスイオンが潤いのあるサラサラヘアーに仕上げてくれます。毎日のブローがお気に入りの髪型に近づく工程という実感をより持てますよ。

口コミでも "髪のまとまりがよいですね。さらさらです。" "寝癖直し液が不要になりました。" "乾かしたあとの髪の毛がさらさら、つるつるで感動しました。" などと評判の良さは◎。

価格は少し上がりますが、最高級クラスの価格でない点も嬉しいですね。"髪を楽しみたい"全ての方にオススメしたいドライヤーです!

おすすめドライヤーの比較表

商品画像商品名紹介文本体サイズ重量風量温度調節海外対応コードの長さその他商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー ナノケア

乾かすだけじゃない!ナノイーとダブルミネラルでまとまりのある髪に幅21×高さ22.7×奥行9.0cm575g1.3㎥/分(ターボ時)約125℃(ドライモード)・約60℃(スカルプモード)×約1.7mナノイー&ミネラルマイナスイオン発生・他カラーあり

2

2位のアイテムの商品画像

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー イオニティ

パワフルな風量とマイナスイオンでしっとりサラサラ!幅21.2×高さ22.5×奥行9.2cm約530g1.9㎥/分(ターボ時)約105℃(ドライモード)・約85℃(ターボモード)×約1.7mマイナスイオン発生・イオンチャージ・温冷ツインフロー・他カラーあり

3

3位のアイテムの商品画像

泉精器製作所

IZUMI マイナスイオンドライヤー

価格重視派必見の格安ドライヤー!幅19.7×高さ20.8×奥行7.6cm約440g1.2㎥/分約90℃(ドライモード)・約60℃(ヘアケアモード)×約1.8mマイナスイオン発生・他カラーあり

4

4位のアイテムの商品画像

Dyson(ダイソン)

Dyson Supersonic

パワフルな大風量だけど髪に優しい!ダイソンのドライヤー幅7.8×高さ24.5×奥行9.7cm約630g2.4㎥/分45℃〜100℃(5段階で操作可能)×約1.9mマイナスイオン発生・他カラーあり

5

5位のアイテムの商品画像

リュミエリーナ(LUMIELINA)

REPRONIZER 3D Plus

使うほどにしっとりツヤツヤ!特殊セラミックスが熱から髪を守る幅23.3×高さ22.9×奥行10.4cm約722g1.2㎥/分約110℃×約2.6mバイオプログラミング搭載

6

6位のアイテムの商品画像

テスコム(TESCOM)

naturam マイナスイオンヘアードライヤー

コスパ抜群!旅行用にもおすすめなお手軽ドライヤー幅19.6×高さ21.5×奥行7.7cm約420g1.1㎥/分温風/冷風切り替え×約1.7mマイナスイオン発生・他カラーあり

7

7位のアイテムの商品画像

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー ナノケア

旅行・出張が多い人でも安心!海外対応ドライヤー幅19.2×高さ21×奥行8cm約545g1.2㎥/分(AC100・200V時/ターボ時)約80℃(AC100・200V時/ターボ時)約1.7mナノイー・電圧切り替え可・C2プラグアダプター付き・他カラーあり

8

8位のアイテムの商品画像

コイズミ(KOIZUMI)

ダブルファンドライヤー モンスター

ダブルファンで2.0㎥/分の大風量!パワフルなドライヤー幅27×高さ28×奥行10cm約685g2.0㎥/分-約1.7mマイナスイオン発生・他カラーあり

9

9位のアイテムの商品画像

テスコム(TESCOM)

ヘアードライヤー

両手でスタイリングできる自立タイプ!幅27.5×高さ21.3×奥行8.3cm約480g-(1200W)約120℃(HIGH時)×約1.8mハンズフリー(自立)形状

10

10位のアイテムの商品画像

パナソニック(Panasonic)

ヘアドライヤー イオニティ

人気パナソニックのリーズナブルなヘアドライヤー幅18.9×高さ20.8×奥行7.9cm約405g1.3㎥/分(ターボ時)約110℃(ターボ時)×約1.6mマイナスイオン発生・他カラーあり

ドライヤーの収納も考えておこう!

いざドライヤーを使い始めると収納が難しいと感じる方も多いのでは?そこでオススメなのがドライヤーホルダーです。省スペースかつスタイリッシュに収納できる上に、出し入れも簡単で使い勝手がよくなりますよ。気になる方は、ぜひ以下の記事もチェックしてみて下さいね!

関連記事

吸盤式や壁掛け式も!ドライヤーホルダーの人気おすすめランキング7選

毎日使うアイテムながら意外に収納が難しいドライヤー。出来れば場所を取ることなくスマートに収納したいものですよね。そこで便利なのがドライヤーホルダーです。スタンド式はもちろん、吸盤やフック使った壁掛け式など使う場所に合わせた様々な取付方法があります。さらにヘアアイロンやブラシなどヘアケアアイテムを同時収納できるものまであるんですよ。そこで今回は、ドライヤーホルダーの選び方とおすすめ商品を少し紹介致します。

この記事を読む

まとめ

今回は、ドライヤーをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

毎日の生活に欠かせないものだからこそ、満足できるものを選びたいですよね。コスパの良いドライヤーや機能性に優れたドライヤーなど各商品の特徴はそれぞれなので、ぜひ最初に紹介した選び方などを参考に満足度の高いドライヤーを見つけて下さいね!

関連キーワード