テントの最強おすすめ人気ランキングベスト10【2018年最新】

夏のアウトドアイベントには欠かせないアイテムの一つがテント。
キャンプやツーリング、登山など子供から大人まで年齢に関わらず夏を楽しみたい多くの人が活用していますよね。
最近は、紫外線カットができるタイプやワンタッチタイプのテントなど種類も豊富で選ぶのにも一苦労するほど。
そこで今回は、テントの選び方を解説した上で、おすすめの商品ランキングをご紹介致します。

今回は、夏のアウトドアイベントに欠かせないテントに注目しました。

キャンプやツーリング、登山など夏に楽しめるアウトドアイベントには、テントが欠かせませんよね。
コールマンやsnow peak(スノーピーク)、モンベル、ノースフェイスなど各メーカーから、大人数でも宿泊できる大型ドームテントや少人数のファミリーなどでも使いやすいコンパクトなワンタッチテント、突然の雨にも安心な防水性の高いテントなど様々なテントが販売されています。

そこで今回は、テントの選び方を解説した上で、売れ筋の人気商品の中から価格・機能性・口コミ・使いやすさなどを比較して、おすすめのテントランキングをご紹介致します!

テントの選び方

テントはアウトドアイベントを楽しむ上で最も重要と言っても過言ではない重要アイテムです。
ここでは、そんなテントを選ぶ際のポイントを一つずつ解説していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。

サイズ

テントを選ぶ際に最初に意識したいのがサイズです。参加する人数や身体の大きさを考えて、適切な広さや高さのテントを選びましょう!

人数に合った広さ

テントを選ぶ際は、使用人数と大人子供など身体の大きさを考慮して広さの合ったテントを選びましょう。

基本的には、目安人数の記載がある場合が多いので、そちらを目安にして良いですが、大人ばかりかつ荷物も多い場合は目安人数では手狭に感じることが多いです。

少し余裕を持って使用人数+1=目安人数になるようにテントの広さを選ぶのがおすすめです。
テントは買い替え頻度がそこまで高くないので、将来お子様が増えたり、参加する友人が増えたりした際にも対応しやすくなります。

高さ

テントでは寝るだけという方も少なくないと思いますが、着替えや荷物探しなど意外と立ち上がってする動作も多いです。

テントを選ぶ際は、広さに加え、ある程度の高さがあるかどうか確認しておきましょう。
また、同じ広さのテントで悩んだ際は、高さを比較要素に加えるのも良いでしょう。

耐水圧

特に夏場にテントを使う際は急な雨に襲われる可能性もあります。耐水圧の値は必ずチェックしておきたポイントです。

目安として覚えておきたいのは1500mm。これより耐水圧が高ければ相当強い雨でない限り、しっかり耐水してくれると考えて良いでしょう。
ただ、耐水圧は高くなればなるほど通気性が悪くなります。結果として、結露が出来やすく、夏はテント内が蒸し暑くなる可能性もあります。
少なくとも1000mm〜、出来れば1500〜2000mm程度の耐水圧が理想的です。

持ち運びやすさ(収納)

テントを選ぶ際に忘れがちなのが、持ち運びやすさ。
特に、ツーリングや登山に持っていく場合は、どの程度の大きさ・軽さに収まるのかは重要なポイントです。

テントの人気おすすめランキング

それでは売れ筋のテントの中から、選び方のポイントを抑えた上で、おすすめの商品ランキングをご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

Coleman(コールマン) テント エクスカーションティピ/325 [3~4人用]

Coleman(コールマン) テント エクスカーションティピ/325 [3~4人用]

展開時サイズ:(約)325×230×H200cm
収納時サイズ:(約)直径16×60cm
重量    :(約)6kg
耐水圧   :1500mm

高さ200cmでゆったり立てるティピー型テント!

大人が3人でもゆったりとしたサイズがあり、中で立っても余裕のある200cmの高さが特徴的なティピー型のテント。

耐水圧も1500mmと急な雨にも十分対応でき、前室があることでテントへの出入り時も雨が入ってくることはありません。
また、シャフトが少ない事で軽量であると同時に設営もシンプルになっているので、初めての方でも扱いやすいテントです。

テント中央にはメインポールがありますが、中で動き回るような遊びをしない限り邪魔になることもありません!

9

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) クレセント3人用ドームテント

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) クレセント3人用ドームテント

展開時サイズ:(約)W200×D200×H130cm
収納時サイズ:(約)直径14×66cm
重量    :約2.5kg
耐水圧   :ー

入門テントとしても最適なコンパクト&軽量タイプ!

リーズナブルな価格が魅力のキャプテンスタッグの最安モデルのテント。

天井部でクロスするように設営される二本のX型ポールのみで骨組みを作るため非常に軽く、コンパクトに収納できることも魅力の一つです。
また、組み立てもシンプルになっているので、初心者の方でも比較的スムーズに設営することができます。

前室がないので、雨天時の出入りや開閉には気を付ける必要がありますが、手頃な価格・軽さ・簡単な設営と手軽なテントとしては十分活躍してくれます。

8

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム S

スノーピーク(snow peak) テント アメニティドーム(3人用)

展開時サイズ:(約)D355×W230×H120cm
収納時サイズ:W58×D18×H23cm
重量    :5kg
耐水圧   :1800mm

人気メーカー・スノーピークのエントリーモデル!

初心者の方が高品質なテントを購入する場合にオススメなテントの一つがスノーピークのアメニティドーム。

ドーム型のダブルウォール構造になっていて、前室がかなり広めにとってあることで使い勝手が抜群です。
また、テントの高さが低めになっているのは、風からのダメージを抑えるためで、全体的に丸みを帯びたシルエットが風を適切に逃がしてくれます。これは、耐久性を高める事にもなり、1800mm〜の耐水圧と相まって雨風にもバッチリ対応出来る優れもの。

設営を簡単にする為に、フレームエンドはパーツに合わせて色分けされているので、迷う事なく設営も済ませられます!

7

DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント T2-29

DOPPELGANGER OUTDOOR 2人用 ワンタッチテント T2-29

展開時サイズ:(約)W193×D132×H103cm(内寸)
収納時サイズ:(約)直径15×65cm
重量    :(約)2.4kg
耐水圧   :1500mm

わずか15秒で設営出来るワンタッチテント!

テント設営が苦手な方や女性の方でも設営しやすいワンタッチ設計が魅力的なコンパクトテント。

テント上部に備え付けられたロープを引っ張る事でテントが展開されるので、ポールを組み立てたりする必要がありません。設営時間を短縮できる分、アクティビティにたっぷりと時間を使えるのが嬉しいですね。

また、2.4kgと軽量ながら大人二人でもゆったり寝られるので使い勝手も抜群。

ただ、フロア生地と側面生地を繋ぐ縫製部分はシーム処理が加えられていないので、長時間雨が振り続ける場合や強雨の場合は雨漏りの可能性があり、テントの上にタープを張るなどの工夫が必要な場合があります。

6

クイックキャンプ ワンタッチ テント 3人用

クイックキャンプ ワンタッチ テント 3人用

展開時サイズ:210×190×110cm
収納時サイズ:(約)17cm×17cm×102cm
重量    :(約)2.8kg
耐水圧   :1500mm

傘を広げるようにテントを広げられるワンタッチテント!

地面に拡げて紐を引くだけの簡単設置が最大の魅力のリーズナブルなワンタッチテント。

ダブルファスナーのエントランスは、外からでも中からでも開け閉め簡単で出入りしやすい設計になっていて、上部のフライシートを外せばメッシュ素材の広めのベンチレーションで通気性を一気に高めることも出来ます。

大人2人にお子様1〜2人でもゆったりとした210cmのワイドサイズなので、ファミリーでの使用にもピッタリです♪

5

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用]

コールマン テント ツーリングドームST [1~2人用]

展開時サイズ:(約)210×120×H100cm
収納時サイズ:(約)直径23×54cm
重量    :(約)4.4kg
耐水圧   :(約)1500mm

広く高い前室で開放感のあるテント!

ゆったりとした天井の高い前室があることでテント内からでも開放感のあるコールマンのテント。

大人1〜2人用のコンパクトサイズですが、1人でも設営のしやすいポールポケット方式で、ソロのツーリングなどにも最適です。
重量は4.4gと軽量とは言いにくいですが、設営は簡単で、しっかりとした強度のテントを立てられます。

また、通気性も素晴らしく、ダブルファスナーの出入り口は外からでも中からでも開け閉め簡単。

ただ、高さが100cmと低めなので、背の高い方はしゃがむ体勢に耐えられるか検討して購入するのがオススメです。

4

ANTSIR ワンタッチテント 3~4人用

ANTSIR ワンタッチテント 3~4人用 設営簡単 ワンタッチで簡単 防災用 2WAY テント 撥水加工 キャンプ用品 紫外線防止 登山 折りたたみ 防水 通気性 アウトドア

展開時サイズ:D240×W210×H130cm
収納時サイズ:80×15×20cm
重量    :3.4kg
耐水圧   :3000mm

低価格ながら抜群の耐水圧と簡単ワンタッチ設営!

高い耐水圧とワンタッチで設営できる簡単設計に加え、リーズナブルな価格が最大の魅力のテントです。

広さ・高さも十分で、突耐水圧3000mmは、夏の突然の強雨にも安心。
テントの中にはスマホなど小物を収納できるポケットがあり、内外から開け閉め可能なエントランスと使い勝手も良好です。

3〜4人用という表記がありますが、大人だけで使用する場合は、2〜3人までの使用が余裕が出ておすすめです。

3

コールマン テント タフドーム/3025 スタートパッケージ [4~5人用]

コールマン テント タフドーム/3025 スタートパッケージ [4~5人用]

展開時サイズ:(約)300×250×高さ175cm
収納時サイズ:(約)直径26×72cm
重量    :(約)10kg(テント本体のみ)
耐水圧   :(約)2000mm

キャンプをとことん楽しみたい人に最適!家族でゆったりサイズ

ファミリーや大人数でもゆったりできるワイドなサイズに175cmの高さで広々としたテントが満喫出来ます。

耐水圧も2000mmとかなりしっかりしており、天候に不安を覚える必要もありません。
また、テント本体に加え、地面の湿気対策として使えるグランドシートと地面の凹凸を軽減出来るインナーシートもセットになっているので、設営場所も選びやすいです。

さらに、ゆったりとした出入り口や空気循環による心地よいテント内環境を整えるサークルベンチレーションシステムなどテントを快適に楽しむ為の充実した機能性を誇ります。

テントの設営や収納にはそれなりの時間を要し、10kgになる重量は手軽さはありませんが、テントもイベントの一つとして満喫したいという方には満足すること間違いなしの本格的なテントです!

2

FIELDOOR ワンタッチテント 5人用ヘキサゴンタイプ

FIELDOOR ワンタッチテント 5人用ヘキサゴンタイプ

展開時サイズ:(約)W305×D240×H145cm
収納時サイズ:(約)W25×D25×H95cm
重量    :(約)4.9kg
耐水圧   :1500mm以上

大人数用ながらリーズナブル!

大きめサイズで広々使える点とリーズナブルな点が魅力的なテント。
ワンタッチで簡単に設営できるので、大きめサイズながら使い勝手も抜群です。

六角形のシルエットの中には6本のポールが組み込まれていて、強度も十分。出入り口以外にも3箇所にメッシュ窓が設置され、通気性を確保し快適なテント内の空気環境を整えてくれます。

また、荷物が多い方でも大人2〜3名程度は横になれるので、宿泊日数が多いキャンプにも良いですね。
カラーバリエーションが5種類と豊富な点も値段や機能性・使い勝手に次ぐ高評価ポイントです。

1

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 収納ケース付

BUNDOK(バンドック) ツーリング テント BDK-17 収納ケース付 ドーム型 簡易設営 コンパクト収納【1~2人用】

展開時サイズ:W200×D110×H110cm(インナー)
収納時サイズ:(約)46×13.5×13.5cm
重量    :(約)2.3kg
耐水圧   :1000mm

コスパ重視の激安コンパクト&軽量テント!

品質よりもコスパを重視したい人にとってはこれ以上ない激安テントです。

収納時は直径13.5cm×46cmとかなりコンパクトで2.3kgの軽さは携帯性抜群。ツーリングなど荷物を軽くしたいイベントでは間違いなく活躍してくれる優れもの。

出入り口は前後二つに設置され、小さいながら前室も作れるので、雨天時の靴置きや小物置きにも使えます。

耐水圧が若干低くい点や、大人2人が寝るのは少し窮屈な点はネックになりますが、抜群の持ち運びやすさや使いやすさと値段を考えれば十分許容範囲。

特にソロテント用としてコスパ重視のテントを求めている方には、オススメです!

まとめ

今回は、夏のアウトドアイベントには欠かせないテントをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

キャンプや登山、ツーリングなど利用シーンによっても重要視するポイントは異なりますし、人数によってサイズなども異なってきます。
使用用途を考えながら、ぜひ条件にぴったりなテントを見つけてくださいね!

関連キーワード