【焦げない・使いやすい】最強フライパンの人気おすすめランキング5選

料理をされる方にとってフライパンは必需品。しかし焦げたりくっついたりして困った経験はありませんか?フライパンには焦げにくくするために、マーブル加工やダイヤモンド加工などと言った加工が施されている商品が数多く販売されているんです。しかし、サイズやデザインにも違いがあったりするので実際どれが使いやすいのか分からず困っている方も多いはず。そこで今回はフライパンの選び方と人気おすすめ商品を紹介致します。

フライパンの選び方

フライパンには素材の違いや大きさなど選ぶ時のポイントがあるので、まずは説明していきます。しっかり理解して自分に合った製品を選ぶようにしましょう。

フライパンの材質で選ぶ!

フライパンにはどんな材質があって特徴の違いなどは何なのでしょうか。

フッ素(テフロン)加工のフライパン

扱いやすくお手入れも簡単なのがこちらのフッ素(テフロン)加工のフライパンです。

幅広くいろんな調理に対応し、焦げ付きにくく洗う際にも手間がかからないというのが最大のメリットになります。またスーパーなど何処でも手に入れる事ができ低価格なところも魅力の1つ。

一方で注意すべき点として、フッ素(テフロン)加工のフライパンは耐熱性が低く高熱での調理にはあまり向いていません。徐々にフッ素加工が剥がれ、使い方によっては最終的に焦げ付きやすくなってしまいますので数年で買い替える物として考えておいた方が良いかもしれません。

フッ素(テフロン)加工の商品の中にも最近ではさらに耐久性や焦げに強い「マーブルコート加工」「ダイヤモンドコート加工」という種類も存在していますので簡単に紹介しておきますね。

▼マーブルコート加工

マーブルコート加工のフライパンは「大理石」の粉を表面にコーティングしたタイプになります。

特徴は一般的なフッ素(テフロン)加工の物よりはるかに耐久性が上がり、焦げ付きにくくコーティングも剥がれにくいというところ。

注意点はやはりフッ素加工には変わりないのであまり高温には強くありません。一般的なフッ素加工のフライパンよりは強く剥がれにくいですが、あまり高熱での使用が長いと寿命が縮まってしまいますので気をつけましょう。

▼ダイヤモンドコート加工

マーブルコート加工が大理石の粉を混ぜてコーティングしているのに対し、ダイヤモンドコート加工のフライパンは「人工ダイヤモンド」の粉をフッ素に混ぜてコーティングしているタイプになります。

特徴はマーブルコート加工と同様で耐久性に優れ焦げ付きにくく剥がれにくいというところです。どちらの方が良いという事は言えず、マーブルコートもダイヤモンドコートも傷つきにくく丈夫です!

もちろん大理石やダイヤモンドの粉が入っている量、コーティングの層の多さによっては耐久性はさらに上がりますがそれに伴って価格も上がってきます。

マーブルコート加工やダイヤモンド加工は、数少ないフライパンで何でもこなしたい方であれば初心者・上級者問わず扱いやすくおすすめです。

フッ素加工されていないフライパン(鉄製)

鉄の様にフッ素(テフロン)加工されていないタイプのフライパンは、取り扱いには若干手間がかかりますが比較的バランスが取れたフライパンです。

また、耐熱性も高いので高熱での使用も安心ということに加え、火の伝わりが良いという特徴があり、キズにも強くきちんと手入れすれば一生使えると言われるほど寿命が長いフライパンになります。

しかし、デメリットは重さがあり、錆つきやすく焦げつきやすいという点。上手に火加減を調節しながら調理しないとすぐに焦げてしまいます。

また錆防止のためにしばらく使わない時には油を塗っておくなどのお手入れが必要。毎日使う方であれば油を塗る必要はありませんよ。

きちんとお手入れが出来る慣れた方でしたら鉄製のフライパンがおすすめですね。

フライパンの大きさで選ぶ

フライパンのサイズは家族暮らしなのか一人暮らしなのかで悩むところですよね。

とりあえず一つ持っておくなら大きめのサイズがおすすめになります。一人だからと中途半端なサイズだといざという時困ってしまう事もありますし、大きめだとどんな調理も一つでまかなえるので大は小を兼ねますよ。

大きめサイズの基準としては26cm〜のサイズがおすすめで、できたら20cm前後のサイズと2つ持っておけば大体の調理はカバー出来るので安心です。

フライパンの重さ

毎日料理する方にとっては重さも気になるところですよね。

ただ腕の筋力に自信のない人が鉄製のフライパンが良い!という理由だけで購入してしまうと重くて料理どこじゃない、持ち上げるのに一苦労、なんてことにもなりかねません。

例えばチャーハンやたくさんの具材を炒めている時はさらに重くなるので、自分で扱えるかどうかを考えて選びましょう。

■ フライパンの重さ(素材別)
チタン製アルミ製 ステンレス製鉄製

一番重い素材は鉄製でチタンが最も軽い素材となります。選ぶ時の参考にしてみて下さい。

IHには対応しているか

IHといえば見た目がスタイリッシュで簡単に火の調節や手入れが出来る便利なクッキングヒーター。IHが使われているキッチンも最近では多いのでしっかりチェックする必要があります。

ご自宅のキッチンはIHなのに買ったフライパンが対応していない!とならない様に購入前には忘れず確認しておきましょうね。

フライパンの人気おすすめランキング5選

それでは、フライパンの人気おすすめランキング5選を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

パール金属(PEARL METAL)

軽いね ストロングマーブル

H-3593

サイズ28cm
素材アルミ(マーブルフッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150℃)
重量約730g
IH対応×

4層コーティングでキズに強い

パール金属の「軽いねストロングマーブルフライパン」です。

内面4層コーティングでキズに強く、耐久性も兼ね備えているにもかかわらず610gの軽さが魅力。28cmと大きめサイズですがこれなら女性でも安心して扱えますね。

また、マーブルコート加工なので焦げ付きにくくコーティングも剥げにくい作りになっています。ただしガス火専用ですので、自宅がガスコンロではない方は気をつけて下さい。

4

パール金属(PEARL METAL)

驚きの軽さ ブルーダイヤモンドコートフライパン

HB-2018

サイズ28cm
素材アルミ合金(ダイヤモンドフッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150℃)
重量約530g
IH対応×

とにかく軽くて驚きのフライパン

パール金属の「驚きの軽さブルーダイヤモンドコート」フライパンです。

こちらも軽さに自信があるフライパンで28cmのサイズながら、なんと重量は530gというまさに驚きの軽さ。

またコート層は一般的な3層ですがブルーダイヤモンド加工なので洗いやすく、金属ヘラなどを使っても傷がつきにくく取り扱いが非常にしやすいフライパンです。

子供から女性まで使える軽さですので、軽さを特に重視しつつ耐久性のある物をお求めの方に是非お使いいただきたい商品です。

しかしこちらもガス火専用ですのでIHをお使いの方は注意が必要です。

3

T-fal(ティファール)

IHルビー・エクセレンス フライパン

C62206

サイズ28cm
素材アルミ(チタン・エクセレンス加工)・取っ手/フェノール樹脂
重量約530g
IH対応

真ん中のマークが最高のタイミングをお知らせ!

T-fal(ティファール)の「IHルビー・エクセレンス」

T-falのフライパンシリーズ中、最もコーティングの多い6層ですので焦げや汚れがつかず ”サラッ” と洗えてお手入れの手間がかかりません。真ん中にある赤いマークが、余熱の準備が出来たら変化して適温のお知らせをしてくれる機能も便利で面白いですね!

また傷に強いのはもちろんですが、摩擦や高熱での使用、急な温度変化にもしっかり耐えることができるので安心して幅広くお使いいただけます。

しかし機能的なフライパンだけに少々価格が上がるので、予算に合わせて選んで下さいね。

2

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)

IHハイキャスト フライパン

サイズ26cm
素材アルミ合金(テフロンプラチナ加工)・取っ手/フェノール樹脂
重量約1.07g
IH対応

ガス・IH・ヒーター全ての熱源に対応!

北陸アルミニウムの「IHハイキャスト(オール熱電対応)」です。

こちらは非常に優秀なフライパンでガスやIH、その他全てのヒーター系熱電に使用可能。お引越ししてキッチンが変わっても、どこかに持って行って使う時でも買い替えたりする必要がありません。

また、耐久面でもきちんと3層コーティングでプラチナふっ素加工を施しているので、錆や焦げ付きにも強く作られています。飛び抜けた特徴と機能はありませんが、それは裏を返せば万能で万人受けする証拠!持っていて後悔することのないフライパンです。

1

パール金属(PEARL METAL)

フォア IH対応フッ素加工フライパン

サイズ26cm
素材アルミ合金(フッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂
重量約590g
IH対応

低価格で大人気のフッ素コーティングフライパン

パール金属の「フォアIH対応フッ素加工フライパン」です。

IHに対応していてこの価格?と思うほどの低価格が魅力。また重量は590gですので女性や子供でも安心して扱えますよ。

万が一寿命でコーティングが剥がれてきたりしても買い替えるのに抵抗がない価格ですので、常に新しいフライパンに買い替えて使いたいタイプの人にはもってこいの商品。

そこまでフライパンにお金をかけたくないけど、ちゃんとIHに対応していてフッ素加工もしていて、さらに軽いのがいい!というあなたに是非オススメです。

おすすめフライパンの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ素材重量IH対応商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

パール金属(PEARL METAL)

フォア IH対応フッ素加工フライパン

低価格で大人気のフッ素コーティングフライパン26cmアルミ合金(フッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂約590g

2

2位のアイテムの商品画像

北陸アルミニウム(Hokuriku Alumi)

IHハイキャスト フライパン

ガス・IH・ヒーター全ての熱源に対応!26cmアルミ合金(テフロンプラチナ加工)・取っ手/フェノール樹脂約1.07g

3

3位のアイテムの商品画像

T-fal(ティファール)

IHルビー・エクセレンス フライパン

真ん中のマークが最高のタイミングをお知らせ!28cmアルミ(チタン・エクセレンス加工)・取っ手/フェノール樹脂約530g

4

4位のアイテムの商品画像

パール金属(PEARL METAL)

驚きの軽さ ブルーダイヤモンドコートフライパン

とにかく軽くて驚きのフライパン28cmアルミ合金(ダイヤモンドフッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150℃)約530g×

5

5位のアイテムの商品画像

パール金属(PEARL METAL)

軽いね ストロングマーブル

4層コーティングでキズに強い28cmアルミ(マーブルフッ素加工)・取っ手/フェノール樹脂(耐熱温度150℃)約730g×

まとめ

今回は、フライパンの人気おすすめ商品をピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

料理を作るのに欠かせない大事な調理器具の一つなので、ぜひ自分の希望に合ったフライパンを見つけて下さいね♪

関連キーワード