収納スツールタイプも!椅子が快適になるオットマンの人気おすすめランキング7選

お家のソファーや椅子でくつろぐ時のリラックスアイテムとして便利なオットマン。足置き用のシンプルなオットマンからサイドテーブルや収納ボックス、スツールとして使えるもの、折りたたみ可能でコンパクトになるもの、デザインがおしゃれでかわいいものまで様々な商品があるんですよ。これだけ多いと、一体どれが良いのか迷っちゃいますよね。
そこで今回は、オットマンの厳選おすすめ7商品を選び方の解説を交えてご紹介致します。

オットマンとは?スツールとの違いは?

オットマンとは、ソファーや椅子の前に置いて足を乗せるものです。椅子に座るだけよりもリラックスした状態になるので、自宅でくつろぎながら読書したりテレビを見たりする時なんかにとっても便利。

またオットマンを選んでいるとスツールという言葉を目にする機会も多いと思います。これは言葉は違えど、同じものと理解しても良いでしょう。

厳密に言えば、オットマンは背もたれのないソファーで主に足乗せ用です。スツールは、肘掛け・背もたれのない椅子のことです。なので、オットマンのことをフットスツールと呼んだりする事もあります。

ただ、オットマンでも補助椅子として腰掛けできますし、スツールでも足置きとして使えます。意味だけ理解しておけば、あまり厳密に考える必要はないでしょう。商品を選ぶ際に困る事もありませんよ。

オットマンの選び方

ここからはオットマンの選び方について、簡単に解説していきたいと思います。あなたのお家にあった素敵なオットマンを選ぶための参考にして下さいね。

使い方に合わせてオットマンの種類を選ぼう!

オットマンとして使える商品には、いくつかの種類があります。簡単に紹介していくので、使用する際のイメージを膨らませてみましょう。

高さ調整機能とキャスター付き!オーソドックスタイプ

オットマンと言えばこれ!という人も多いのではないでしょうか。

キャスター付きで高さ調整が可能なタイプです。座面の表面にはレザーが使われることが多く、高級感のある椅子とも相性が良いですよ。

また足先の向きや椅子との距離を、座った状態で自由に変えらるのもキャスター付きのメリット。椅子に座る体勢を変えても、それに合わせて快適な位置にオットマンを動かせ、とっても快適です。

ただソファーとはデザインの相性が悪く、主に椅子用として使うものと考えた方が良いでしょう。

小物などを収納できる!収納スツールタイプ

洋服やゲーム機、本などちょっとしたものを収納することができるものもあります。

収納スツールと呼ばれ、足置き・腰掛け用として使いながら荷物も収納して省スペースに。リビングにオットマンを置きたいけどスペースがなくなるのが嫌という方はリビングに置いてある小物を収納して使ってみるのも良いかもしれませんね。

ただ収納できるタイプはボックス型になり存在感が出やすいので、雰囲気を考慮しながら選ぶようにしましょう。

部屋に馴染みやすい!脚付きタイプ

部屋の雰囲気に合わせやすいのが脚付きタイプ。

座面の下は木材の脚になっていることが多く、家具やインテリア、フローリングにも馴染みやすいですよ。圧迫感も少なめです。また足置き用として使っても良いですし、来客時の補助椅子としても使えます。

デザインやカラーも豊富なので、使う部屋の雰囲気に合わせて選びましょう!

使わない時はコンパクトに!折りたたみタイプ

将来的にオットマンを使わなくなるかもしれない・・・という時には折りたたみできるタイプが便利です。

主に収納スツールタイプに多く、中が空洞になっているので、そのまま折りたためるようになっています。また、物を収納せずに使っていれば、すぐに折りたためるので、急な来客でスペースを広くとりたい時にも安心。

折りたためるメリットの生かし方は様々ですが、何かあればたためるという安心感は嬉しいですよね。

耐荷重で強度を確認

足を乗せるだけでなく、腰を掛けたりすることもあるオットマンは、強度も気になるところ。

その一つの指標となるのが耐荷重なので、選ぶ際には念のためチェックしておきましょう。基本的には80kg以上のものがほとんどで十分な強度がありますが、心配な人は100kg以上のものを選んでおくのもありです。

部屋や家具の雰囲気にあったデザインを選ぼう!

オットマンはリビングや書斎など家の中に置く家具なので、デザインにはこだわりたいですよね。

置いた時に必要以上に圧迫感が出ないように気をつけた上で、置く部屋に合わせて相性の良いデザインのものを選びましょう。

ソファーや椅子とカラーを合わせるだけでも、まとまり感が出ますよ♪

オットマンの人気おすすめランキング7選

それでは、売れ筋オットマンの中から厳選したおすすめ7商品をご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

武田コーポレーション 収納スツール 5M-38

武田コーポレーション 【収納・スツール・オットマン・椅子 】 収納スツール ブラック 5M-38BK

サイズ:幅38×奥行38×高さ38cm
耐荷重:約100kg
収納性:○(約39L)
高さ調整:×
その他 :折りたたみ可・5色2サイズ展開

高級感のあるブラックレザー調ながら折りたためちゃう♪

武田コーポレーションの収納スツール・5M-38BK。

全5色展開されていますが、こちらは黒椅子と相性の良いレザー調のブラックカラーです。収納スツールは可愛らしいデザインのものが多い中で、男性の部屋でも使いやすいデザインです。ウレタンフォームによる柔らかな座面も良いですね。

耐荷重は100kgと十分な強度があり、収納力は約39Lの容量。散らかった小物類を収納してしまえば部屋の雰囲気がスッキリする上に、快適な足置きとして使えちゃいます。

折りたたみ式は、使わない時はもちろん、引っ越しする際にも便利ですよ!

6

cyberlife 北欧風デザイン 木枠スツール「バレンティナ」

オットマン スツール 北欧風デザイン 木枠スツール 「 バレンティナ 」 ( 布地タイプ ) ネイビー色

サイズ:幅63×奥行63×高さ38cm
耐荷重:-
収納性:×
高さ調整:×
その他 :脚付き・6色展開

おしゃれカラーで部屋馴染みも抜群!

cyberlifeのスツール・バレンティナ。

北欧風デザインのスッキリとしたシルエットと温かみのあるナチュラルカラーが、とってもおしゃれ。座面の表地はサラッとした厚手の生地が使われ、冬はひんやりしにくく、夏は蒸れにくくなっています。

また座面内部にはスプリング材を使用し、へたれにくく弾力のある座り心地。普段は足置きとして使ってくつろぎながら、友人が来た時は補助椅子として使ったりと汎用性も高いですよ。

ちなみに、こちらは天然木の脚付きタイプですが、取り外して座布団のように使うことも出来ちゃいます。

5

東谷(Azumaya-kk) スツール トロペ CL-790C

サイズ:幅48×奥行33×高さ42cm
耐荷重:-
収納性:×
高さ調整:×
その他 :4色展開

曲線状の座面が座りやすいおしゃれスツール

AZUMAYAの脚付きスツール。

座面の幅は48cmで、中央が低くなる曲線形状に仕上げられています。足やお尻にフィットしやすく、使いやすいのが特徴の一つ。そして天然木の質感と優しい色合いの座面カラーは、おしゃれにこだわる部屋にもしっかり馴染みます。

また脚が末広がり形状なので、置いた時の安定感も◎。

ただ座面のクッション性は若干硬めです。硬めが好きという人なら問題ないですが、クッション性の高さを重視したい人は気を付けてくださいね。

4

アイリスプラザ オットマン レザーブラック

オットマン レザーブラック

サイズ:-(高さ40~50cm)
耐荷重:120kg
収納性:×
高さ調整:○
その他 :キャスター搭載

耐荷重120kgで強度抜群!

アイリスプラザのシンプルなオットマン。

PVCレザーとブラックカラーは相性抜群で、上品な質感が大きな魅力です。脚はスチール製で強度も高く、耐荷重は120kg。かなり大柄な男性が腰掛けても問題ありません。

加えて、キャスター付きなので、足を乗せた状態でも体勢に合わせて動かしやすく、レバーで高さ調整も可能です。

また椅子を主役にする控えめなシンプルデザインは、高級チェアーとも相性良し。それでいて、価格はリーズナブルです。

ただキャスターのロック機能はないので、その点は頭に入れておきましょう。

3

アイリスオーヤマ 収納スツール SST-38

アイリスオーヤマ スツール 収納スツール Mサイズ ダークブラウン SST-38

サイズ:幅38×奥行38×高さ40cm
耐荷重:80kg
収納性:○(39.3L)
高さ調整:×
その他 :折りたたみ可・3色2サイズ展開

39L収納できる大容量な収納スツールは価格もお手頃

アイリスオーヤマの収納スツール・SST-38。

"アイリスオーヤマらしい"お手頃な価格ながら使い勝手の良い収納スツールで、Amazonでも大人気の商品です。

収納ボックスとしても十分な役割が果たせる39Lの収納力を誇り、40cmの高さは椅子としてもちょうど使いやすい高さ。折りたためば縦横38cm・厚み9cmのコンパクトサイズになり、クローゼットの隙間にすっと収納しておけますよ。

また座面は5cmのクッションがあり、足置き・腰掛けどちらでも心地の良い使用感。ボックス型なので多少圧迫感は出てしまうかもしれませんが、使い方次第では大活躍してくれること間違いなし!

2

サンワダイレクト オットマン 100-SNC035

サンワダイレクト オットマン リラックス 足置き台 ブラック 100-SNC035

サイズ:幅52.5×奥行52.5×高さ40.5~48cm
耐荷重:80kg
収納性:×
高さ調整:○
その他 :キャスター搭載・3色展開

椅子でベットのようなくつろぎを得られる♪

サンワダイレクトの人気オットマン・100-SNC035。

Amazonのオットマン部門でもベストセラー1位の実績を持ち、手頃な価格と椅子に合うシンプルデザイン、足を乗せた時の心地よさが魅力です。

デザインは、座面・脚・キャスター全てオールブラックで統一され、黒椅子と相性抜群。そして座面は前後で20cmの絶妙な傾斜が作られ、より自然に足が置ける秀逸設計です。またウレタン素材の座面はほどよい沈み込みがあり、足を優しく包み込んでくれますよ。

見た目的にソファーとは合いませんが、椅子と合わせるなら最もおすすめのオットマンです!

1

アイリスオーヤマ 脚付き収納スツール ASST-38

アイリスオーヤマ 脚付き収納スツール オットマン ASST-38 グレー ASST-38

サイズ:幅38×奥行38×高さ35cm
耐荷重:90kg
収納性:○(25L)
高さ調整:×
その他 :折りたたみ可・脚付き・6色展開

収納ボックスからサイドテーブルまで4役こなす優れもの

アイリスオーヤマの脚付き収納スツール・ASST-38。

オットマンとして足置き用に使うことはもちろん、腰掛け用としてサブチェアーにもなります。加えて、中は25Lまで物が入れられる収納ボックスになっていて、蓋をひっくり返せばサイドテーブルにも。

これ一つでオットマン・簡易チェアー・収納ボックス・テーブルと4役こなせる多機能ぶりが大きな魅力です。

また短いながら天然木の脚付きなのも嬉しいポイントで、"ボックス感"が弱まり、フローリングに直置きしても良いですし、家具との相性も良いですよ。

さらに、脚を外せば折りたたみまで出来ちゃうという万能っぷり。ぜひリビングに一つ置いてみてはいかがでしょか?

まとめ

今回は、オットマンをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

様々な商品があり、機能性やサイズ感などそれぞれに違いがあります。是非あなたが満足できるオットマンを見つけて、快適なリラックスタイムを過ごして下さいね!

関連キーワード

インテリア・家具の人気ランキング