保温機能付き電気ケトルの人気おすすめランキング5選【2018年最新】

手軽にお湯を沸かせる電気ケトルですが、近年は保温機能が搭載されたタイプも人気ですよね。食事に時間差のある家族や2杯目のコーヒーなどにも便利で、ティファールやレコルト、象印などのメーカーから販売されています。ただ保温時間の違いや温度設定機能の有無などに違いがあり、電気代も気になるところ。そこで今回は、保温機能付き電気ケトルに注目して厳選したおすすめ5商品を紹介していきたいと思います。

保温機能付き電気ケトルの選び方

保温機能があれば沸かしたお湯が余ったりしても有効活用できますよね。ただ電気ケトルは保温機能の有無以外にも、材質・容量・形状、温度調整機能など選ぶ際に違いを理解しておきたいポイントがいくつかあります。

以下の記事ではそういった注意ポイントをまとめてあります。特に初めて電気ケトルを購入する方は、ぜひ購入前に軽く読んでみて下さい。

関連記事

【徹底比較】電気ケトルの人気おすすめランキング11選

コーヒーやお茶、カップ麺などお湯が欲しい時に便利な電気ケトル。ティファール・デロンギ・タイガー・ニトリなどのメーカーから、保温できるものやステンレス製のもの、小さいコンパクトサイズのもの、掃除しやすいものなど色々な電気ケトルが発売されています。おしゃれなものも多く、一体どれが良いのか分からないという方も多いのでは? そこで今回は、電気ケトルの選び方を解説した上で、厳選した11商品を一挙に紹介致します!

まずはこの記事を読む

保温機能付き電気ケトルの人気おすすめランキング5選

それでは、保温機能付き電気ケトルの中から厳選したおすすめ5商品を紹介していきます。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

HARIO(ハリオ)

V60 温度調整付きパワーケトル Buono(ヴォーノ)

EVKT-80HSV

材質ステンレス・ポリプロピレンなど
容量0.8L
本体重量0.96kg
消費電力900W
保温時間15分
付加機能温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

好みに合わせて1℃単位での温度設定が可能!

HARIO(ハリオ)の電気ケトル・V60温度調整付きパワーケトル・ヴォーノ

コーヒードリップに合わせて設計された細口ノズルで思い通りにお湯を注げるのが大きな魅力の一つです。指に合わせて凹凸のあるハンドルは握り心地が良く、湯量の繊細なコントロールもしやすいですよ。

また温度設定は60℃〜96℃の範囲に対応し、1℃単位で設定できるのが嬉しい点。好みの温度に合わせやすく、より満足度の高いコーヒーが淹れられます。

ただ保温時間は15分と短く、価格は高めです。おしゃれな見た目は雰囲気がありますが、使い方は限定されるので頭に入れておきましょう。

4

récolte(レコルト)

スマートケトル

RSMK-1

材質ステンレス・ポリプロピレン
容量1L
本体重量約1kg
消費電力1000W
保温時間30分
付加機能温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

50℃から温度設定可能!赤ちゃんのミルク作りにも最適

スタイリッシュなデザインが魅力的なレコルトのスマートケトル。

温度設定が可能なタイプで、50℃〜100℃まで対応可能です。多くの商品が60℃程度〜のものが多く、50℃から設定できるというのが特徴的ですね。赤ちゃんのミルクも簡単に作りやすいですよ。

また保温は最高90℃で30分まで対応できます。保温中はランプが緑色になるので、複数人で使う場合も状態が分かりやすくてGOOD。食卓にスタイリッシュな雰囲気をプラスしてくれる洗練されたデザインも魅力的でオススメな電気ケトルです。

ただ沸騰時に本体表面が熱くなりやすいので、十分気を付けて下さい。

3

山善(YAMAZEN)

電気ケトル

YKG-C800

材質ステンレス
容量0.8L
本体重量0.98kg
消費電力1000W
保温時間60分
付加機能温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

1℃単位の湯温設定と60分の保温が◎!

リーズナブルでコスパの良い商品に定評のある山善の電気ケトル・ YKG-C800。

2017年末に発表され、2018年より発売された高機能な商品です。コーヒードリップに最適な細口ノズルが採用されたスタイリッシュなデザインが特徴的。ブラックの本体は高級感がありますね。

機能面では、温度設定機能が充実していて、1℃単位で細かく設定することも、6段階から簡単に設定する事も出来ちゃいます。さらに保温は60分間可能で、この点では同じ細口ノズルのハリオ・EVKT-80HSVを大きく上回り、汎用性が高められています。

山善らしい価格も大きな魅力で、コーヒードリップに使いたい方、細かく温度設定できて保温時間も長いものを探している方には是非チェックしてみて欲しい商品です!

2

T-fal (ティファール)

アプレシア エージー・プラス コントロール

KO6201JP

材質ポリプロピレン・ナイロン・ステンレス(内側底面)
容量0.8L
本体重量0.98kg
消費電力1250W
保温時間60分
付加機能温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

ティファールの保温機能付き電気ケトル!

T-fal (ティファール)の電気ケトル、アプレシア エージー・プラス コントロール。

電気ケトルメーカーとしても非常に人気の高いティファールの商品は、すでに使った経験があるという方も多いのではないでしょうか。使い慣れたティファールの電気ケトルに保温機能と温度設定機能が搭載されてパワーアップしたとも言える商品です。

温度設定は60℃〜100℃までの7段階で、保温時間はたっぷり60分。さらに抗菌素材「マイクロバンR」が使用された本体は汚れがつきにくく、内容器の底面は水垢が付着しにくい仕様で、手入れもしやすいですよ。

保温&温度調整機能があり、注ぎ口が汎用性の高いくちばし型の電気ケトルを求めている方には一押しです!

1

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

電気ケトル

CK-AW10-TM

材質ステンレス
容量1.0L
本体重量1.3kg
消費電力1300W
保温時間60分(90℃)
付加機能湯もれ防止構造・蒸気レス構造・自動電源オフ機能・空焚き防止機能・カルキ抜きコース有

カルキ抜き可能で安全性も高い!充実した機能を誇る電気ケトル

象印の電気ケトル・CK-AW10。

60分間の保温はもちろん、水道水を使う時に気になるカルキとばしまで対応した商品です。さらに内容器はフッ素加工され、弱アルカリ化したお湯はお茶を作る時に茶葉の成分をより引き出してくれます。

また安全性が非常に高いのも魅力。万が一、倒してしまっても湯漏れを防止する構造になっている上に、お湯を沸かした際に発生する熱い蒸気が出ない蒸気レス構造です。特に小さなお子様がいて安全性を重視したいという方には嬉しいですね。

今まで紹介してきた電気ケトルにあった温度設定機能がないという弱点はあるものの、安全性という点では群を抜いた機能性を誇り、1300Wの消費電力で沸騰力も高いですよ。

お手入れという点でも、フッ素加工の内容器は汚れがつきにくく、広口なので、楽チンです。

保温機能付きで安全性の高い電気ケトルを探している方には特にオススメです!

保温機能付き電気ケトルの比較表

商品画像商品名紹介文材質容量本体重量消費電力保温時間付加機能商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

象印マホービン(ZOJIRUSHI)

電気ケトル

カルキ抜き可能で安全性も高い!充実した機能を誇る電気ケトルステンレス1.0L1.3kg1300W60分(90℃)湯もれ防止構造・蒸気レス構造・自動電源オフ機能・空焚き防止機能・カルキ抜きコース有

2

2位のアイテムの商品画像

T-fal (ティファール)

アプレシア エージー・プラス コントロール

ティファールの保温機能付き電気ケトル!ポリプロピレン・ナイロン・ステンレス(内側底面)0.8L0.98kg1250W60分温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

3

3位のアイテムの商品画像

山善(YAMAZEN)

電気ケトル

1℃単位の湯温設定と60分の保温が◎!ステンレス0.8L0.98kg1000W60分温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

4

4位のアイテムの商品画像

récolte(レコルト)

スマートケトル

50℃から温度設定可能!赤ちゃんのミルク作りにも最適ステンレス・ポリプロピレン1L約1kg1000W30分温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

5

5位のアイテムの商品画像

HARIO(ハリオ)

V60 温度調整付きパワーケトル Buono(ヴォーノ)

好みに合わせて1℃単位での温度設定が可能!ステンレス・ポリプロピレンなど0.8L0.96kg900W15分温度設定機能・自動電源オフ機能・空焚き防止機能

まとめ

今回は、保温機能付き電気ケトルをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

コーヒードリップに最適なものや細かな温度設定が出来るもの、安全性が高いものなど商品によって色々な特徴がありましたよね。ぜひアナタが求めている電気ケトルを見つけて下さいね!

関連キーワード