• >
  • >
  • かわいくておしゃれ!良いシャーペンの人気おすすめランキング5選【2018最新】

かわいくておしゃれ!良いシャーペンの人気おすすめランキング5選【2018最新】

勉強や仕事、ちょっとメモを取る時などほとんどの方がシャープペンシルを使った事があると思いますが、みなさん満足する物を使っていますか?シャープペンにも太さやグリップの違いなど様々な種類が販売されていますね。使っていて手が痛くなったり疲れない為にもぜひ自分に合った商品を選んでいただきたいと思います。
そこで今回はシャープペンの選び方ポイントを解説し、人気おすすめランキングを紹介致します。

シャープペンシル(シャーペン)の選び方ポイント

安いシャーペンもあれば、こだわりの性能が付いている良いシャーペンまで種類が豊富でなかなか決められませんよね。

おすすめ商品を発表する前に選ぶ時のポイントを紹介していきます。人それぞれ好き嫌いや合う合わないがあるのでしっかり確認していきましょう。

シャーペンの太さで選ぶ

シャーペンの太さは持ちやすさや書き心地に大きく関わってくるので自分にはどれが良いか考えてみましょう。

軸が細いタイプ

まずシャーペンの大きさ(太さ)は最も使い心地に影響してきます。細いタイプは軽く持って書く事ができるので、疲れにくく大きな力を必要としないというメリットがあります。

しかし力があまりいらず軽く持てるので筆圧が低くなりがちというデメリットもあります。しっかり筆圧を高く書くためには力をかなり必要とし、結果疲れやすくなってしまいます。

軸が太いタイプ

太いタイプは重さがあるので書き手がブレにくく安定し、楽に筆圧を高く書く事ができます。

またペンが太いと握り方の矯正効果も!ただシャープペンを持つ力は細いタイプより必要になるので好みが分かれるところではあります。

シャーペンの重さで選ぶ

もう一つの使い心地に影響してくるポイントは重さです。メリットやデメリットは太さの違いと似てくるのですが、こちらの要素も人によって大きく好みが分かれると思いますので、しっかりチェックしておきましょう。

軽いタイプ

軽いシャープペンの特徴は、持って支える時に大きな力を必要としないので疲れにくく動かしやすいというところです。動きが多い細かい作業などには使いやすいですね。

しかし軽いと、どっしりした安定感がなくブレやすいという側面もあり、慣れるまで力のコントロールが難しいかもしれません。

重いタイプ

重いタイプは安定していてペンの重量で文字が書けるので軽い力でも筆圧が高くなります。ブレずにしっかりと線が描けたりするのでストレスが少なくてすみます。

しかし、ペンを支える力は必要ですので、こちらも慣れていない方は大変に感じるかもしれません。

シャーペンの素材で選ぶ

素材の違いは価格や先ほど説明した重さに関係してきます。簡単に紹介しますので頭に入れておきましょう。

プラスチック製

シャープペンにはプラスチックを使った製品が多く、最もポピュラーな素材になります。特徴は軽さと、大量生産しやすい為リーズナブルな価格というところです。

その代わり落としたり踏んだりすると壊れやすいというマイナス点もあります。

金属製

高級なシャープペンなどに多く採用されているのが金属製です。重さがあり製図用などに使われるタイプで、丈夫で壊れにくいというメリットがあります。

価格はプラスチックに比べ高くなりますが、長く使えるところは魅力。

木製

そんなに多く見かける事はないかもしれませんが木製のシャープペンも存在します。重すぎず軽すぎずの重量で、特に鉛筆に慣れている方にとっては使いやすいでしょう。

ただしこちらも金属製ほど丈夫ではないので注意してお使いください。

シャーペンのグリップで選ぶ

柔らかいグリップが指先辺りに付いている物は、指にかかる負担を減らしペンだこなどができにくくする効果があります。ただ、腕や手を疲れなくする為の物ではないので覚えておきましょう。

また金属製などで硬く”ザラッ”とした滑り止め効果を施している商品もあります。そちらは重心が下にいくので安定性とコントロール性の向上効果があり、しっかり握っている感も得られます。

シャープペンシル(シャーペン)の機能

シャープペンには便利で使いやすいように特殊な機能が付いている製品があります。代表的な物を紹介しますね。

振るだけでOK!フルフル機能

シャーペンの芯を出す時、一般的な最上部の"カチカチ"ボタンを押さなくても振るだけで芯が出てくるタイプ。中に組み込まれている金属パイプが上下に揺れ、反動で芯を繰り出すという仕組みになっています。

メリットはペンを持ち替えたり動かす必要がないので書いているポジションのまま芯を出すことが出来るところ。ただ金属パイプが入っている為、重さがある物が多いです。

自動で芯がでる!?オートマチック機能

こちらは書いているだけで自動で芯が出てくるタイプです。完全に「芯を出す」という行為をしなくて済むので好きだ!というコアなファンがいるモデルですね。

筆幅が均等に!芯回転機能

文字などを書いているとどうしても片面だけ芯がちびてくるので文字の幅が変わってきますよね。

芯回転機能は書きながら芯がクルクル回るので、常に均一な幅で書くことが可能。ずっと尖った芯で書けるので気持ち良いですね。

シャーペンの人気おすすめランキング5選

それでは、シャーペンの人気おすすめランキング5選を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

三菱鉛筆

ユニアルファゲル クルトガ

M5858GG1P.71

太め
重量20.6g
素材プラスチック
特徴回転式・ゲルグリップ

太め・ゲルグリップ・回転式の3点盛り

三菱鉛筆の「ユニアルファゲル(クルトガ)」。

吸い付くような弾力のある「ユニアルファゲル」グリップで指への負担を軽減してくれるシャーペンです。また「クルトガエンジン搭載」で書くたびに芯が回り、筆体にムラがなく書き続けられるところもGOOD!

太めな軸とずっしり程よい重さが安定した筆記を可能にしてくれ、超極太というわけではないので万人に使いやすいシャープペンですよ。

4

三菱鉛筆

クルトガ ローレット

M510171P.43

細め
重量15.1g
素材
特徴回転式・低重心

クルクル回るクルトガエンジン搭載!

三菱鉛筆の「クルトガローレット」です。

こちらは芯がクルクル回って常に尖った状態で筆記が出来るクルトガシリーズに、グリップ部に「ローレット加工」を搭載したモデル。

ギザギザしたアルミのグリップが今までよりも滑りにくくホールド感を増しているので、持ちやすくなっています。また、重心を下に置くために重厚なペン先を使用しているので、ブレにくく安定した書き心地を提供してくれる優れもの!

カラーはシックなガンメタリックとシルバーの2色で高級感溢れる見た目です。ちょっと贅沢な気分を味わえちゃいますよ。

3

ぺんてる

グラフ1000

PG1005-11A

細め
重量11g
素材軸/アルミニウム・クリップ/鉄・先金/真鍮
特徴プロ仕様(製図用/デザイナー/イラストレーター)

製図用でワンランク上の使い心地を

製図用として有名な「グラフ1000フォープロ」

プロ仕様のシャーペンを普段使いにも使えるようにしたモデルで、「書く」事にこだわった快適な使い心地を提供してくれます。

また、メタルとラバーを融合させたグリップが安定感と馴染みの良さを向上させているところも魅力。さらに、常に均一な芯を出すように作られているのでペン先が緩んだりしても安心です。

全体的に強度が高いシャーペンなので筆圧が強めの方でも心配無用。まさに職人的、というシャーペンをあなたも体感してみませんか?

2

ぺんてる

グラフギア1000

PG1015

細め
重量20g
素材軸/アルミニウム・クリップ/鉄・先金/真鍮
特徴製図用・デュアルグリップ・先端ワンタッチ収納

グッドデザイン賞を獲得したアルミボディ

ぺんてるのシャープペン「グラフギア1000」です。

耐久性に優れたアルミボディのシャープペン。最大の特徴はクリップ部分をワンタッチノックすると、ボールペンのようにペン先が収納できる仕組みになっているところです。うっかり指を刺したりしないように安全面も考慮されているんですね。

またグリップ部も "ザラザラ" と "プニプニ" を組み合わせた「デュアルクリップ仕様」なので滑りや疲れを軽減してくれるところが◎!

高級感溢れる見た目で「グッドデザイン賞」まで受賞している人気のシャープペンです。

1

ぺんてる

スマッシュ 0.5mm

Q1005-1

細め
重量13g
素材軸/ABS・クリップ/鉄・グリップ/真鍮、シリコンゴム
特徴製図用・プロ仕様

プロ仕様の性能を詰め込んだシャープペンシル

ぺんてるの「スマッシュ」

こちらもプロ仕様のシャープペンを一般使用向けに改良しているモデルになり、開発の際ラフに使えてタフなシャープペンを作るという事も一つのテーマになっています。

特徴は芯を送り出す部分「チャック」と呼ばれる箇所を金属で作っている事。これにより強く筆記した時に芯が引っ込んだり、きちんと出てこないというトラブルを解消しています。

また、重心をペン先の近くに置くことでバランスの良さをしっかり実現。一般使用としてお使いいただけるシャープペンですが、性能はプロも納得の仕上がりですよ!是非お試し下さい。

おすすめシャーペンの比較表

商品画像商品名紹介文重量素材特徴商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

ぺんてる

スマッシュ 0.5mm

プロ仕様の性能を詰め込んだシャープペンシル細め13g軸/ABS・クリップ/鉄・グリップ/真鍮、シリコンゴム製図用・プロ仕様

2

2位のアイテムの商品画像

ぺんてる

グラフギア1000

グッドデザイン賞を獲得したアルミボディ細め20g軸/アルミニウム・クリップ/鉄・先金/真鍮製図用・デュアルグリップ・先端ワンタッチ収納

3

3位のアイテムの商品画像

ぺんてる

グラフ1000

製図用でワンランク上の使い心地を細め11g軸/アルミニウム・クリップ/鉄・先金/真鍮プロ仕様(製図用/デザイナー/イラストレーター)

4

4位のアイテムの商品画像

三菱鉛筆

クルトガ ローレット

クルクル回るクルトガエンジン搭載!細め15.1g回転式・低重心

5

5位のアイテムの商品画像

三菱鉛筆

ユニアルファゲル クルトガ

太め・ゲルグリップ・回転式の3点盛り太め20.6gプラスチック回転式・ゲルグリップ

まとめ

今回は、シャーペンの人気おすすめ商品をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか?

一口にシャーペンと言っても色々ありましたね。使い心地がそれぞれ全然違うので是非自分に合った商品を見つけてくださいね♪

関連キーワード