• >
  • >
  • 【徹底比較】ソフトクーラーボックス(保冷バッグ)の人気おすすめランキング7選

【徹底比較】ソフトクーラーボックス(保冷バッグ)の人気おすすめランキング7選

保冷力と携帯性に優れ、様々なアウトドアシーンで活躍してくれるソフトクーラーボックス。キャンプや釣り、BBQ、ピクニックの他、運動会なんかにも便利ですよ。行きは飲み物やお弁当など目一杯詰めて保冷しても、帰りは折りたたんでスッキリ。ただサーモスやロゴス、コールマンなどメーカーも多く、サイズも様々。どれがいいのか迷っちゃいますよね。
そこで今回は、ソフトクーラーボックスの選び方とおすすめ7商品をご紹介します!

ソフトクーラーボックス(保冷バッグ)の選び方

あなたの使い方に合ったソフトクーラーボックスを見つけるために、まずは選び方のポイントからチェックしてきましょう!

使い方に合わせて形状を選ぼう!

ソフトクーラーボックスの形状には主に「トートバッグ型」と「ボックス型」の2種類があります。使い方に合わせて選ぶ事で、使い勝手もアップしますよ!

小回りの利くトートバッグ型

普段使いに便利なのがトートバッグ型。形状的に容量をそこまで大きくすることは出来ませんが、持ち運びやすいのが大きな魅力です。アウトドアはもちろん、生鮮食品など普段の買い物にも活躍してくれますよ。

また、パッと見だとソフトクーラーボックスと分からないようなオシャレなものもあって、特に女性の方には嬉しいですね。

たっぷり持ち運べるボックス型

家族でキャンプをしたり、友人とバーベキューを楽しんだり、とにかく大人数で使いたい!という場合はボックス型が便利。コンパクトタイプもありますが、40L以上の大容量タイプもあり、保冷したい飲食物をたっぷり詰め込めちゃいますよ。

また置いた時に安定感が出るので、登山や釣りなどアクティブなシーンにもオススメ。倒れてしまうのを気にする必要がありません。

人数や荷物に合わせてサイズを選ぶ!

ソフトクーラーボックスを選ぶ際に大切なのが、サイズです。

コンパクトタイプなら5L程度、大容量タイプなら40L以上のものもあります。小さすぎると荷物が入らないので使えませんが、大きすぎても邪魔になってしまい、持ち運びも不便。

1〜2人分のお弁当と飲み物を入れる程度なら5L前後、大人数でアウトドアを楽しむなら40L近いものがオススメです。

また汎用的に使いたい場合は、10〜20L程度のものでも良いでしょう。もし容量が足りない場合は、2個用意するといった形でも対応出来ますよ。

取り出しやすさもチェック!

キャンプなど特に頻繁に中の荷物を出し入れする場合は、取り出しやすいタイプがとっても便利。手間取ると内部温度が上昇してしまうといった事にも繋がります。

上部の蓋を開ける際に、スムーズに開閉できるものを選ぶようにしましょう。

ファスナーはスムーズに動かせる?

特にポイントになるのがファスナーの使いやすさです。

左右どちらからでも開閉できるダブルファスナーになっているか、角部分でも詰まる事なくスムーズにスライドしてくれるかといった部分に注目してみましょう。

持ち運びやすいかどうか確認

ソフトクーラーボックスは持ち運びながら使うことが多いので、持ちやすさも確認しておきたいポイント。特に荷物を入れた状態は重たくなることもあるので、「持ちにくい=使いにくい」という結果になりかねません。

ショルダーベルトの長さや肩パッド部分の柔らかさ、手持ち用ベルトの握りやすさなど確認しておきたいですね。

保冷剤ポケット付きなら保冷剤が使いやすい

多くのソフトクーラーボックスには保冷剤ポケットがあり、保冷剤を使いやすい工夫がされています。

ただ中には保冷剤を入れにくいものや、ポケットが小さく使いにくいものもあります。保冷剤ポケットの大きさや使いやすさも意識しながら選んでみて下さいね。

また保冷剤についても別の記事で解説しているので、気になる方は是非チェックしてみて下さい。

関連記事

長時間使える最強はコレ!保冷剤の人気おすすめランキング10選

暑い季節にお弁当など食べ物を持ち運ぶと傷んでしまう事がありますよね。冷たい飲み物もヌルくなり、美味しさ半減。そこでおすすめなのが強力な保冷剤です。クーラーボックスの中で使えば一段と保冷力が上がるので、夏の必需品という方も多いのでは?ただロゴスやキャプテンスタッグなどアウトドアブランドのものからコンビニで売られているものまで商品は様々です。 そこで今回は、保冷剤の選び方と厳選したおすすめ商品をご紹介します。

この記事を読む

折りたたんだ時のサイズ確認を忘れずに

最後に折りたたんだ時のサイズを確認しておきましょう。折りたたんでコンパクトにできるというのはソフトクーラーボックスの大きな魅力。折りたたんだ状態でも思った以上にかさばる・・・といった事にならないようにして下さいね。

また折りたたんだ状態をキープするための縛りベルトが付いているかどうかもチェックを忘れずに。

ソフトクーラーボックスの人気おすすめランキング7選

それでは、ソフトクーラーボックスのおすすめ7商品をランキング形式でご紹介します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

LOGOS(ロゴス)

ハイパー氷点下クーラー

サイズ幅43×奥行35×高さ35cm
重量1.95kg
容量40L

使う時は中身をしっかりガード!使用後は折りたたんでコンパクトに

ロゴスのハイパー氷点下クーラー。

使用中は中の荷物をしっかりガードする硬さがありながら、使用後は折りたたんでコンパクトになるのが特徴の一つ。他の荷物に押し潰されてしまうことを気にして、車に荷物を載せきれないといった事を避けやすいですね。

また高い保冷力も大きな魅力で、ロゴスの保冷剤・氷点下パックを併用するとアイスクリームを7時間(条件によっては12時間)も保冷できちゃうんです。もちろん一般的な保冷剤も使えますよ。

価格が高いのが難点ですが、高い保冷力と保護力が魅力のソフトクーラーボックスです!

6

TOMSHOO

折りたたみ断熱バッグ

サイズ幅37×奥行32×高さ31cm
重量1.81kg
容量37L(10L/18L/28L/47Lもあり)

最大47Lまで対応できる!幅広いサイズ展開で使い方いろいろ

TOMSHOOの折りたたみ式断熱バッグ。

多彩なサイズ展開が魅力の一つで、10L・18L・28L・37L・47Lという5サイズから選べます。また本体表面は撥水加工がされたオックスフォード布が採用され、深みのある藍色がカッコイイですね。少し光沢のある質感も上品でGOOD。

本体のサイドにはメッシュポケットがあり、ブルーシートやスマホなどちょっとした小物を入れておくのにも便利。断熱壁と防水テープ付きのダブルジッパーで、保温・保冷力もしっかりとあります。

ただ角部分でファスナーが少し詰まりやすく、ちょっとしたコツがいります。

5

コールマン(Coleman)

アルティメイトアイスクーラーII

サイズ幅42×奥行32×高さ38cm
重量1.4kg
容量35L(25Lもあり)

高い保冷力を誇るコールマンの人気商品!

コールマンのソフトクーラーボックス・アルティメイトアイスクーラーII。

30℃の部屋で一定量の氷が完全に溶けきるまでに49時間を要するほどの高い保冷力が大きな魅力。夏場のアウトドアやキャンプには頼もしい存在ですね。

またショルダーベルトと手持ちベルトどちらにもソフトパッドを搭載。荷物を入れた重たい状態でも持ちやすいですよ。

さらに蓋は中央の一部だけ開ける事もできます。外気の熱が入りにくいので、頻繁に取り出す事が多くても保冷力の低下は最小限に。25Lと35Lから選べるので、大人数でのアウトドアに使いたい方なら35Lを選んでみてはいかがでしょうか?

4

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

デリス シルバートート型ソフトクーラーバッグ

M-1856

サイズ幅33×奥行12.5×高さ19cm
重量189g
容量4L(10Lもあり)

中敷付きで安定感もあるトート型!

キャプテンスタッグのトート型保冷バッグ・M-1856。

普段のちょっとした買い物にも使いやすいスタイリッシュなデザインとコンパクトなサイズ。週末のイベントだけでなく、普段使いでも活躍してくれるのが嬉しいポイントです。トート型ですが、中敷でしっかり安定するので、少し荷物の重みがあれば車の中でも倒れにくいですよ。

加えて、価格が非常にリーズナブルなので、価格重視の方にも魅力的。手軽に使えて、見た目も良いソフトクーラーボックスです!

3

THERMOS(サーモス)

ソフトクーラー

REF-005

サイズ幅24×奥行15×高さ19cm
重量0.3kg
容量5L

5層の断熱構造による保冷力の高さがウリ!

人気の高いサーモスのソフトクーラーバッグ・REF-005。こちらは5Lのコンパクトタイプで、お弁当の持ち運びなどピクニックにも使いやすいサイズ感です。

生地は異なる材質を重ね合わせた5層のアイソテック断熱構造になっていて保冷力抜群。また、手持ち・肩がけどちらでも持ち運べ、折り畳めばとってもコンパクトに。バンドを使って縛れば折りたたんだ状態をキープできるのも使い勝手が良いですね。

さらに底鋲が付いているので、地面に直接置きやすいという点も見逃せません。ブルーシートなどのスペースを使わなくてもすみますよ。

2

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

デリス シルバーソフトクーラーバッグ

M-1851

サイズ幅31×奥行26×高さ25cm
重量0.4kg
容量15L(6L/10L/24L/30L/35Lもあり)

ジャストサイズが見つかる!豊富なサイズ展開

アウトドアブランド、キャプテンスタッグのソフトクーラーバッグ・M-1851。

豊富なサイズ展開が大きな魅力で、「もう少し大きいものを・・・」「もう少しコンパクトなものを・・・」というニーズにバッチリ応えてくれますよ。

加えて、内部の保冷剤用メッシュポケットはファスナー付きで保冷剤をしっかりホールドしてくれるのがポイント。持ち運んでいる最中にズレてしまうことがありません。

また価格がかなりお手頃なのも嬉しいところ。特に価格重視で選ぶ方にオススメしたいソフトクーラーボックスです!

1

THERMOS(サーモス)

ソフトクーラー

REF-020

サイズ幅30×奥行23×高さ34cm
重量0.5kg
容量20L(15Lもあり)

保冷力・使い勝手・価格と三拍子揃った最強保冷バッグ!

サーモスの保冷バッグ・ソフトクーラーREF-020。

夏のアウトドアイベントから子供の運動会、ゴルフ、週末の買い物まで幅広く使える20L(15Lもあり)タイプ。サーモスの技術が詰まったアイソテックの5層断熱構造で高い保冷力を誇る人気商品です。

フロントにはシートなどを収納しておけるポケットがあり、底面には置いた時にスレにくい底鋲を搭載。付属ゴムバンドで折りたためばコンパクトになりスッキリです。さらに背面にはスリットがあり、カートに固定させて持ち運ぶ事も出来ちゃいます。

高い保冷力と使い勝手に加え、手頃な価格でコスパ最強のソフトクーラーボックスです!

おすすめソフトクーラーボックスの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ重量容量商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

THERMOS(サーモス)

ソフトクーラー

保冷力・使い勝手・価格と三拍子揃った最強保冷バッグ!幅30×奥行23×高さ34cm0.5kg20L(15Lもあり)

2

2位のアイテムの商品画像

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

デリス シルバーソフトクーラーバッグ

ジャストサイズが見つかる!豊富なサイズ展開幅31×奥行26×高さ25cm0.4kg15L(6L/10L/24L/30L/35Lもあり)

3

3位のアイテムの商品画像

THERMOS(サーモス)

ソフトクーラー

5層の断熱構造による保冷力の高さがウリ!幅24×奥行15×高さ19cm0.3kg5L

4

4位のアイテムの商品画像

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ)

デリス シルバートート型ソフトクーラーバッグ

中敷付きで安定感もあるトート型!幅33×奥行12.5×高さ19cm189g4L(10Lもあり)

5

5位のアイテムの商品画像

コールマン(Coleman)

アルティメイトアイスクーラーII

高い保冷力を誇るコールマンの人気商品!幅42×奥行32×高さ38cm1.4kg35L(25Lもあり)

6

6位のアイテムの商品画像

TOMSHOO

折りたたみ断熱バッグ

最大47Lまで対応できる!幅広いサイズ展開で使い方いろいろ幅37×奥行32×高さ31cm1.81kg37L(10L/18L/28L/47Lもあり)

7

7位のアイテムの商品画像

LOGOS(ロゴス)

ハイパー氷点下クーラー

使う時は中身をしっかりガード!使用後は折りたたんでコンパクトに幅43×奥行35×高さ35cm1.95kg40L

まとめ

今回は、ソフトクーラーボックスをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

大切な食材を傷まないようにすることはもちろん、汗が止まらない野外で冷えたビールが飲めるのも最高ですよ!ぜひあなたの使い方に合ったソフトクーラーボックスを見つけて下さいね!

関連キーワード