最強はどれ?ハードタイプのクーラーボックスの人気おすすめランキング7選

BBQやキャンプなど夏を楽しむアウトドアイベントには新鮮な食材としっかり冷えた飲み物が必要不可欠!クーラーボックスの出番も多くなりますよね。特に保冷力に優れるハードタイプはメインクーラーとして頼れる存在です。ただ断熱材や容量の違い、キャスターの有無など種類も様々で一体どう選んだらいいのか分かりませんよね。
そこで今回は、ハードタイプのクーラーボックスの選び方とおすすめ商品についてご紹介致します。

ハードタイプクーラーボックスの選び方

今回は、ハードタイプクーラーボックスの中でもBBQや海水浴、キャンプなどで使えるクーラーボックスについて選び方を紹介していきたいと思います。

釣りでクーラーボックスを使いたいという人も多いと思いますが、その場合は是非以下の記事をチェックしてみて下さい!

荷物に合わせたサイズ選びをしよう!

まずはクーラーボックスの容量(サイズ)を決めていきましょう。

小型タイプなら5L前後のものからあり、大型の場合50L以上のものもあります。

少人数でピクニックなどちょっとしたアウトドアを楽しむなら5〜10Lタイプでも良いでしょう。一泊二日のキャンプなど食材が多くなるようなイベントなら30L以上を目安に選んでみましょう。

もちろん人数よって準備する食材や飲み物の量などは変わるので、人数が多くなるなら、さらに容量の大きいものが必要なこともあります。

断熱材の種類から選ぶ!

クーラーボックスの保冷力は断熱材とその厚みによって変わってきます。断熱材は主に「発泡スチロール」「ウレタン」「真空断熱パネル」の3種類があり、最もリーズナブルなのが発泡スチロール。逆に保冷力・価格ともにもっとも高いのが真空断熱パネルです。

価格重視=発泡スチロール、価格と保冷力のバランス=ウレタン、保冷力重視=真空断熱パネルと考えると分かりかもしれません。

ただ真空断熱パネルの場合、重量も重たくなりがち。発泡スチロールやウレタンの場合は、軽さも魅力になってきます。

また発泡スチロールでも十分な保冷力はあるので、予算を考慮しながら選んでみて下さいね。

持ち運びやすいタイプを選ぶ!

特に容量が大きく重たくなるクーラーボックスは、持ち運ぶのにも一苦労・・・なんてこともあります。出発時も到着時もクーラーボックスを持ち運ぶ事になるので、移動させやすいかどうかも必ずチェックしておきましょう。

ハンドルの形状

まずチェックしたいのがハンドルの形状です。

サイドハンドルがついていたり、ハンドル自体が両サイドまでしっかり広がっていると、2人で持ち運ぶことができるので、負担を軽減することができます。

また握る部分にソフトな素材が使われていると、握った手に痛みを感じにくいですよ。

キャスター

クーラーボックスの中にはキャスター付きのキャリータイプもあります。

これなら持ち上げる必要がないので、持ち運びが格段に楽になります。大型タイプを選ぶ場合は、キャスター付きを選ぶのも負担を軽減する有効な手段ですね。

ハードタイプクーラーボックスの人気おすすめランキング7選

それでは、売れ筋のハードタイプクーラーボックスの中から厳選したおすすめ7商品についてご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

Coleman(コールマン) エクストリームホイールクーラー/50QT

コールマン クーラーボックス エクストリームホイールクーラー/50QT アイスブルー 3000003087

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅58×奥行46×高さ45cm
重量 :6kg
容量 :47L
断熱材:ウレタン

47Lの容量でもキャスター付きで重たくない!

アウトドアブランドの代表格であるコールマンのクーラーボックス・エクストリームホイールクーラー。

47Lの容量を兼ね備え、一泊二日キャンプのような食材や飲み物が多いイベントでもバッチリ使えます。2Lのペットボトルなら12本収納でき、満杯にするとかなり重量感が出ますが、キャスターで走行できるので安心。ハンドルが長く、スーツケースのように移動させられますよ。

また蓋には飲み物を置きやすいように丸い窪みがあり、カップホルダーにも出来ちゃいます。地面に置くと、倒してこぼしやすいので、とっても嬉しいですね。

価格は安くありませんが、本格的にアウトドアを楽しみたい人にオススメなクーラーボックスです!

6

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー CBX-27L

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー ホワイト CBX-27L(W)

タイプ:ハードタイプ(キャスター付き)
サイズ:幅54×奥行29.5×高さ34.9cm
重量 :3.68kg
容量 :27L
断熱材:スチロール

4通りの持ち方で持ち運べるのがGOOD!

伸和のホリデーランドクーラー・CBX-27L。

このクーラーボックスの最大の魅力は、蓋中央にあるメインハンドルに加え、サイドハンドルとキャスター、肩がけベルトが付いている事。1人で持つ時はメインハンドルや肩がけベルトを使い、荷物満杯で重たい時はサイドハンドルを2人で持ったり、キャスターを使って移動させたり出来ます。

持ち運び方法が複数ある事で、利用シーンに合わせて使えるのが良いですね。

また断熱材は発泡スチロールですが、厚さ3cmと肉厚設計で保冷力が高められているのも見逃せません。

比較的手頃で使い勝手の良いクーラーボックスです!

5

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) シエロ クーラーボックス14 M-8175

キャプテンスタッグ クーラーボックス シエロ クーラーボックス14 M-8175 容量12L ブルー

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅37.5×奥行27×高さ28cm
重量 :1.4kg
容量 :12L
断熱材:スチロール

ドリンク用としても最適!500mlペットボトルを縦置き11本収納可能

キャプテンスタッグのクーラーボックス・シエロ クーラーボックス14。

350ml缶なら縦置き22本、500mlペットボトルなら縦置き11本が収納でき、ドリンク用のクーラーボックスとしても使い勝手の良いサイズ設計です。

こちらは12Lタイプですが、6.8Lの小型タイプから最大33Lの容量まで選べ、価格はいずれもリーズナブル!ハンドルサイズも本体の両サイドまでしっかり広がっていて、複数人で持ちやすいのも嬉しいポイント。

リーズナブルながら使いやすいクーラーボックスです!

4

igloo(イグルー) コンツアー 30

igloo(イグルー) コンツアー 30 クーラーボックス (28L) レッド/ホワイト/ブルー #44208

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅46.5×奥行33.5×高さ42cm
重量 :3.2kg
容量 :28L
断熱材:ウレタン

これ一つで350ml缶41本を収納出来ちゃう!

アメリカ発の人気アウトドアブランドであるIGLOO(イグルー)のコンツアー30 クーラーボックス。

おしゃれな色使いが印象的ですが、これ一つで350ml缶が41本収まる収納力も大きな魅力。キャンプでお酒を楽しみたい人が多くても安心感のある量を持ち運べますよ。

また断熱材にはウレタンが採用され、厚めに敷き詰められているので保冷力もバッチリ。暑い日でも冷んやりとしたドリンクが楽しめますね。

価格的にも高すぎず安すぎずでコスパに優れたクーラーボックスです!

3

Coleman(コールマン) 54QT スチールベルトクーラー

コールマン クーラーボックス 54QTスチールベルトクーラー

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅60×奥行42×高さ42cm
重量 :7.5kg
容量 :51L
断熱材:ウレタン

キャンパー御用達のスチール製クーラーボックス!

コールマンのクーラーボックスの中でも高い人気を誇るスチールベルトクーラー。

お手頃価格のものに比べれば価格は高いですが、高級クーラーボクッス・イエティ(Amazon楽天)などに比べれば割安感があります。

まずレトロな雰囲気が漂う見た目が非常におしゃれ。キャンプに向かう前日から気分を高めてくれますよ。ターコイズやレッド、ストロベリー、マットブラック、シルバーなどカラー展開も豊富で、いずれもこだわりを感じさせる品の良いカラーです。

また断熱材には発泡ウレタンが採用され、厚み約3cmとしっかり詰められています。容量も51Lとたっぷりあり、本格的なキャンプでも不満なく活躍してくれる充実した機能性。

とりあえず価格重視でクーラーボックスを買ったけど、そろそろもっとこだわったクーラーボックスが欲しい!という方は是非チェックしてみて下さい。

2

LOGOS(ロゴス) ハイパー氷点下クーラーL

タイプ:ハードタイプ(折りたたみ可)
サイズ:幅39×奥行30×高さ29cm
重量 :1.5kg
容量 :20L
主素材:EVA/PU/PE/PVC

ハードタイプなのに折りたためるのが最高!

ロゴスのクーラーボックス・ハイパー氷点下クーラーL。

シェルプロテクト構造の本体は外からの衝撃にも強く、保冷している食材や瓶などをしっかり保護してくれる上に、使い終われば折りたたんでコンパクトに。帰りの車の中で出番が終わったのにかさばってしまうことがなく、家に帰ってから保管するのにも便利。

さらにロゴスの人気保冷剤・氷点下パック(Amazon楽天)を使うとアイスクリームでも11時間保冷出来ちゃいます。

真夏の太陽の日差しが降り注ぐキャンプ場で雄大な景色を見ながら冷えたアイスを食べるなんて贅沢を・・・堪能してみませんか?

※氷点下パック以外の保冷剤も利用可能です。

1

igloo(イグルー) マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER

igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE BREEZE ULTRA マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER 00045106

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅45.5×奥行34.5×高さ42.5cm
重量 :4kg
容量 :26L
断熱材:ウレタン

安定の保冷力・抜群の持ち運びやすさ・手頃な価格!

イグルーのキャスター付きクーラーボックス・マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER。

最大の魅力はスーツケース感覚でクーラーボックスを運べること。安定した走行ができるキャスターと伸縮ハンドルで腕に負担なくクーラーボックスを持ち運べます。

女性でも使いやすいので、力持ちの男性がいないアウトドアにもぴったり。荷物運びで困ることがありませんよ。

また地面の熱の影響を受けにくいクールライザー構造とウレタンが採用された断熱材で保冷力も高め。こちらのタイプだと大人数でのキャンプでは容量不足ですが、大容量なマックスコールド50(Amazon)もおすすめです!

保冷剤選びもしっかりしよう!

保冷力を高めるためには、保冷剤もうまく活用したいですね。クーラーボックスと保冷力の高い保冷剤を組み合わせて、より鮮度の高いお肉やキンキンに冷えたお酒を楽しみましょう!

ぜひ、以下の保冷剤の記事も合わせてチェックしてみて下さい。

まとめ

今回は、ハードタイプのクーラーボックスをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

クーラーボックスは中々奥の深いアイテムで最初は価格重視で選んで使っていても、段々とこだわったクーラーボックスやより保冷力の高いものが欲しくなってくるもの。

これからアウトドアを楽しみたいという人もクーラーボックスを買い換えたいという人も、是非あなたにぴったりなクーラーボックスを見つけて下さいね!