最強クーラーボックスの人気おすすめランキング10選【コールマンやイグルーなど】

夏はBBQやキャンプ、海水浴など楽しいアウトドアイベントが盛り沢山ですよね。そんな楽しいイベントで重宝するのがクーラーボックス。ロゴスやコールマン、イグルーといったアウトドアブランドの商品から激安商品まで様々なクーラーボックスがあります。中にはキャスターがついたキャリータイプなんかもあるんですよ。
そこで今回はクーラーボックスに注目して、選び方と厳選したおすすめ10商品をご紹介致します。

クーラーボックスの選び方

鮮度の良い食材でBBQを楽しんだり、キンキンに冷えたお酒を野外で堪能できると、夏の思い出もより一層楽しいものになるかもしれませんね!

まずは、夏のアウトドアイベントの必須アイテムとも言えるクーラーボックスの選び方について簡単にご紹介致します。

ハード?ソフト?タイプを選ぼう!

クーラーボックスの種類としては「ハードタイプ」と「ソフトタイプ」が一般的です。そして、ハードタイプの中にはキャスターが付いたキャリータイプなんかもあります。選ぶときはそれぞれの特徴を理解した上で選ぶようにしましょう。

ソフトタイプ

クーラーボックスというと、中には"かさばる"というイメージのある人もいるのではないでしょうか?そんなイメージを払拭するのがソフトタイプ。

折りたたんでコンパクトに収納できるアイテムが多く、自宅での収納も楽チン。もちろん、イベントを楽しんだ帰り道でも邪魔になりにくいですよ。

ハードタイプに比べ、保冷力は下がる傾向にありますが、コンパクトサイズならお弁当の持ち運びなど普段使いなどに使いやすいですね。また複数必要な場合に全てハードタイプだとかさばってしまうので、多少保冷力が低くても問題ないもの用としてのサブクーラーとしてもおすすめです。

ハードタイプ

多くの人がイメージするクーラーボックスがこのタイプではないでしょうか。

パッキンを使ってしっかり密閉出来るものも多く、断熱材も肉厚になります。保冷力ならソフトタイプよりハードタイプですね。また複数持ち運ぶ場合でも上に積み重ねやすく、車のトランクでも空間をしっかり使えます。

加えて、中に入れた飲食物の保護力に優れるので、キャンプ場に到着してクーラーボックスを開けると食材が潰れていた・・・なんて事にもなりません。

ただ中身を空っぽにしても折りたたむ事はできないので、未使用時の保管場所を考えながら選ぶようにしましょう。

キャリータイプ

ハードタイプのクーラーボックスの中にはキャスターが付いたキャリータイプもあります。

特に大型で荷物が多いと持ち運ぶのが大変なので、スーツケース感覚で移動させられるキャリータイプが活躍してくれます。

ただ凸凹道での走行は得意ではないので、使用する場所は少し限られるかもしれません。

持ち運びたい荷物量に合わせて容量を選ぶ!

次に持ち運ぶ荷物量に合わせて容量・サイズを選んでいきましょう。

夫婦や友人など1〜2人でお弁当と飲み物を入れたいといった場合なら5L程度の小型なもので十分。反対に一泊するようなキャンプに使う場合は、30L以上の容量があるタイプがオススメ。宿泊しないデイキャンプなら20L前後でも良いでしょう。

どんな時に使うかイメージしながら容量を選んでみて下さいね。

またペットボトルなどを入れたい場合は、縦置き出来ると便利です。内寸の高さもチェックしておきましょう。

保冷力を高める断熱材は予算とのバランスを考えて!

クーラーボックスの保冷力を決める要素として大きいのが断熱材の種類です。主に「スチロール」「ウレタン」「真空パネル」の3種類があり、その種類によって保冷力は変わってきます。ただ、断熱材によって価格も変わってくるので、ある程度予算に合わせて選んでいく必要があるでしょう。また保冷剤をうまく使って保冷力を高める事も考えておきましょう。

ここでは主な3種類の断熱材について簡単に解説します。

スチロール

断熱材として最もリーズナブルなのがスチロールです。

真空パネルやウレタンと比べれば保冷力は低いですが、必要十分な保冷力は期待出来ます。断熱材の厚みによっても保冷力は変わるので選ぶ際はチェックしてみましょう。また素材自体が軽いので、持ち運びやすいというのはメリットの一つ。

もう少し保冷力を高めたい・・・という時は保冷剤をうまく使ってあげると良いですよ。

ウレタン

スチロールよりも保冷力に優れるのがウレタン。価格的にすごく高くなるという訳でもないので、保冷力と価格のバランスが取れた種類とも言えますね。またスチロール並みの軽さも魅力です。

多少価格が上がるのはOKで、スチロールよりももう少し保冷力が欲しいという方にオススメです。

真空パネル

断熱材として最も保冷力に優れるのが真空パネルです。

真空状態を作る事で外の熱をシャットアウトする仕組みで、炎天下でも抜群の保冷力が期待できます。底面だけ真空パネルのものから6面全て真空パネルが採用されたものまであります。

ただ価格がグッと高くなる上に、重量感も出ます。もちろん保冷力は抜群ですが、持ち運びやすさなど全てがアップグレードされるという訳ではないので注意して下さいね。

持ちやすいか確認

クーラーボックスは持ち運ぶ機会が非常に多いアイテムなので持ちやすいかどうかもチェックしておきましょう。

ソフトタイプならショルダーベルトの長さや手持ちハンドル部分の握りやすさ、ハードタイプならハンドルが付いている位置(中央・サイド)や使用素材(柔軟性のある素材だと手が痛くなりにくい)・複数人で持てる形状かどうかなどです。

持ち運ぶだけで疲れきってしまわないように、気をつけて下さいね!

クーラーボックスの人気おすすめランキング10選

それでは、売れ筋クーラーボックスの中から厳選したおすすめ10商品をご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー CBX-27L

伸和(SHINWA) ホリデーランドクーラー ホワイト CBX-27L(W)

タイプ:ハードタイプ(キャスター付き)
サイズ:幅54×奥行29.5×高さ34.9cm
重量 :3.68kg
容量 :27L
断熱材:スチロール

3cmの発泡スチロールでしっかり保冷!

伸和のクーラーボックス・ホリデーランドクーラーCBX-27L。

断熱材には発泡スチロールが使われ、3cmと少し厚めなのが特徴。熱が内部へ侵入するのを抑制し、内部をしっかり保冷してくれます。

また持ち運びやすいというのも大きな魅力。手持ちハンドルには低密度ポリエチレンが採用され、柔らかな握り心地です。肩掛け出来るショルダーベルトやキャスターも搭載され、多彩な持ち運び方法で負担を軽減してくれますよ。

水抜き栓付きで、アウトドアから釣りまで幅広く活躍してくれるクーラーボックスです!

9

igloo(イグルー) クーラーボックス マリーンウルトラ 30

igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE ULTRA マリーンウルトラ 30 00044726

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅47×奥行28×高さ43cm
重量 :3kg
容量 :28L
断熱材:ウレタン

1人でも持ち運びやすい程よいサイズ!

アメリカの人気クーラーボックスブランドであるイグルーのマリーンウルトラ30。

比較的手頃な価格と使い勝手の良いサイズ感で活躍の場が多い商品です。容量28Lとそれなりの容量がありますが、重すぎて1人で持てない・・・という事もなく、家族でのアウトドアでもお父さん1人で移動させやすいですよ。

また2Lのペットボトルが縦に収まるので、飲み物用としても便利。無駄なスペースなく使えます。加えて、地面に置いた時に下からの熱が届きにくいクールライザー構造が採用され、保冷力の面でも安心。

ただパッキンが付いていないので、多少密閉性は落ちてしまうかもしれません。

8

Coleman(コールマン) エクストリームアイスクーラー/25L

コールマン クーラーボックス エクストリームアイスクーラー/25L 2000022238

タイプ:ソフトタイプ
サイズ:幅41×奥行27×高さ28cm
重量 :1.1kg
容量 :25L
主素材:PETアルミニウム/ポリエステル/ポリエチレン(フォーム)

折りたためばコンパクトに!使わない時にも保管しやすいソフトタイプ

人気アウトドアブランドであるコールマンのソフトクーラーボックス・エクストリームアイスクーラー。

水色のスタイリッシュな見た目は清涼感のある雰囲気で、夏でも暑苦しさがありません。容量も25Lと十分あるのでキャンプなどでも活躍してくれますよ。

また手持ちハンドルやショルダーベルトにはパッドが付いていて、持ち運び時の負担も少なめ。上部の蓋には面ファスナーで開閉できる取り出し口が付いているので、蓋自体の開閉を極力少なくできるのも良いですね。

ちなみに、価格は高くなりますが、より保冷力を求めたい人は同じコールマンのアルティメイトシリーズ(Amazon楽天)もオススメです!

7

LOGOS(ロゴス) ハイパー氷点下クーラーL

タイプ:ハードタイプ(折りたたみ可)
サイズ:幅39×奥行30×高さ29cm
重量 :1.5kg
容量 :20L
主素材:EVA/PU/PE/PVC

折りたたみ可能で食材の保護力も◎!

ロゴスのクーラーボックス・ハイパー氷点下クーラーL。

最大の魅力は、ハードタイプのような硬さがありながら、折りたたみ可能な事。食材が潰れてしまうがない上に、帰り道や使用しない時にはコンパクトで保管しやすくなります。

また、ロゴスの人気保冷剤・氷点下パック(Amazon楽天)とセットでの使用を想定されたクーラーで、その組み合わせならアイスクリームを最大11時間保冷できる高い保冷力があります。もちろんその他の保冷剤も使えますが、ロゴスに頼り切っちゃうのも良いですよ!

手頃な価格帯のものと比べると価格は上がりますが、機能性・保冷力に優れるクーラーボックスです!

6

Astage(アステージ) クーラーボックス フォレスクルー #13

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅38.1×奥行25.8×高さ27.1cm
重量 :1.3kg
容量 :13L
断熱材:スチロール

リーズナブルでシンプル!ちょっとしたアウトドアに最適

Astageのシンプルなクーラーボックス・フォレスクルー #13。

1人〜2人用には使いやすい容量で、飲み物や氷など保冷しておきやすいですね。サブクーラーとして使うのもありで、350ml缶なら18本まで収納出来ちゃいます。

手持ちハンドルが小さく、持ちやすいとは言えませんが、肩がけベルトが付属しているので、背負って持ち運べるのもGOOD。

13L以外にも10L〜45Lまでサイズ展開があるので、価格を重視したいという方は是非チェックしてみて下さい!

5

FIELDOOR(フィールドア) キャスター付きクーラーボックス

FIELDOOR クーラーボックス キャスター付き ブルー (3層構造保冷 / 2WAYハンドル)

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅59×奥行35×高さ42cm
重量 :1.4kg
容量 :46L(80L/100Lあり)
断熱材:ウレタン

手持ちでもキャスターでも!使い方に合わせて持ち運べる

FIELDOORのキャスター付きクーラーボックス。

断熱材には27mmの厚さのポリウレタンが採用され、3層構造による保冷力が魅力の一つ。こちらは46Lの大型ですが、さらに大容量(80Lなど)なタイプもあり、夏の大型イベントでも食材や飲料などをしっかり保冷してくれます。

また大容量という事は荷物を入れるとそれだけ重たくなるということですが、キャスター付きなので移動時の負担を軽減できます。サイドハンドルが付いているので複数人で持つ事も出来ますよ。

特にキャスター付きで大容量タイプを探している人にオススメです!

4

igloo(イグルー) マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER

igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE BREEZE ULTRA マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER 00045106

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅45.5×奥行34.5×高さ42.5cm
重量 :4kg
容量 :26L
断熱材:ウレタン

スーツケース感覚!重たい荷物もキャスターで楽々走行♪

イグルーのクーラーボックス・マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER。

安定感のあるキャスターと伸縮可能なハンドルで、まるでスーツケースのように使えるのが大きな魅力。重たい荷物でも移動が楽なのは嬉しいですね。

また10位で紹介したマリーンウルトラ30をスタッキング(積み重ね)する事も可能なので、セットで買って、二つともキャスター移動なんて事も出来ちゃいます。

移動が多い人にオススメしたいクーラーボックスです!

3

サーモス(THERMOS) ソフトクーラー REF-020

タイプ:ソフトタイプ
サイズ:幅30×奥行23×高さ34cm
重量 :0.5kg
容量 :20L
断熱材:ポリウレタン/発泡ポリエチレン/ポリプロピレン不織布

5層の断熱構造で冷んやり冷たいドリンクを楽しめる♪

サーモスのソフトクーラーボックス・REF-020。

ポリウレタンなど複数の素材を使って5層に仕上げた断熱構造が魅力の一つで、暑い日の野外でも鮮度の高い食材や冷たいドリンクを楽しめますよ。

折りたためばコンパクトになる上に、固定バンドで縛っておけるのもGOOD。家の中でも場所を取らずに保管できますね。

また底面には置いたり運んだりする時の擦れから守る底鋲が付いていて、使用中の消耗も軽減してくれます。

価格もお手頃で、とってもオススメなソフトクーラーボックスです!

2

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) シエロ クーラーボックス14 M-8175

キャプテンスタッグ クーラーボックス シエロ クーラーボックス14 M-8175 容量12L ブルー

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅37.5×奥行27×高さ28cm
重量 :1.4kg
容量 :12L
断熱材:スチロール

価格重視で選ぶならコレ!コスパ抜群のクーラーボックス

日本のアウトドアブランドであるキャプテンスタッグのクーラーボックス・シエロ クーラーボックス14。

とにかくリーズナブルな価格が最大の魅力で、価格重視で選ぶならコレで決まりと言っても良いでしょう。容量は6.8L〜33Lまであり、使い方に合わせて選ぶことが出来ますよ。

またハンドルが大きく、複数人で支え合って持てるのも使い勝手の良いポイント。大容量サイズでも安心です。さらに開閉は上部の中央にある「PUSHボタン」を押して蓋をあげるだけなので、取り出しも楽チンです。

価格重視で選びたいという方は是非チェックしてみて下さいね。

1

Coleman(コールマン) クーラーボックス テイク6

コールマン クーラーボックス テイク6 ブルー 3000001355

タイプ:ハードタイプ
サイズ:幅27×奥行21×高さ18cm
重量 :0.8kg
容量 :4.7L
断熱材:ウレタン

コンパクトサイズで普段使いに最適!

コールマンのクーラーボックス・テイク6。

容量4.7Lのコンパクト設計で、普段使いや週末に夫婦やカップルで出かけるピクニックにぴったり。蓋はトレーにもなるので、簡易テーブルとして使えるのも嬉しいポイントです。

また重量も軽いので女性の方でも持ち運びやすいですよ。断熱材にはウレタンが採用され、保冷力にも優れます。

加えて、350mlの缶なら6本収納できるので、ドリンク用のサブクーラーボックスとしても◎♪

大人数には向きませんが、数人で楽しむなら使い方いろいろで、価格も手頃!オススメのクーラーボックスです。

保冷力アップなら保冷剤も活用しよう!

真夏の日差しを浴びながら、キンキンに冷えたビールを飲みたい!なんて人は保冷剤も活用してみましょう。クーラーボックスに入れるだけよりも格段に保冷力が高まるので、オススメですよ♪

是非、以下の記事もチェックしてみて下さいね!

まとめ

今回は、クーラーボックスをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

暑い夏のアツいイベントを思いっきり楽しむためには、冷えたビールや新鮮な食材が欠かせませんよね!是非クーラーボックスを活用して、夏を楽しんで下さいね。

スポーツ・アウトドアの人気ランキング