持ち運びが便利!キャスター付きクーラーボックスの人気おすすめランキング5選

クーラーボックスが重くて持ち運びに苦労したという経験がある人も多いのではないでしょうか?飲み物や食材を詰め込むと想像以上に重たくなりますよね。そこで便利なのがキャスター付きのクーラーボックス。地面から持ち上げる必要がないので、重たくなってもスムーズに持ち運べちゃいます。
そこで今回はキャスター付きクーラーボックスの選び方と売れ筋から厳選したおすすめ5商品を紹介したいと思います。

キャスター付きクーラーボックスの選び方

まずはキャスター付きクーラーボックスを選ぶ際のポイントについて簡単に解説していきます。是非あなたのお気に入りクーラーボックスを見つけるための参考にして下さいね。

容量選びは慎重に!

クーラーボックスにおいて、容量・サイズ選びは最も重要なポイント。

クーラーボックス自体は、5L程度の小型タイプからあります。ただキャスター付きのメリットは、ある程度容量が大きく重たいものでも持ち運びやすいということ。そういった事もあり、キャスター付きクーラーボックスは基本的には20L〜30L以上の商品が多くなっています。

大型なら100L以上のものもありますが、家族で一泊二日のキャンプを楽しんだりBBQのために食材や飲み物を保冷する場合は、30L〜50L程度で十分事足ります。

大きすぎてもかさばってしまう上に、何を取り出すのにも開ける事で保冷効果が下がってしまいます。いまいち容量がピンと来ない方はミドルサイズの30L前後で選んで、足りなくなってくればもう一台追加するのが賢い買い物ですよ。

保冷力は断熱材の素材や厚み、密閉性をチェック!

クーラーボックスに期待することは肉や魚の鮮度を保ったり、飲み物を冷たい状態でキープすることですよね。そのためには保冷力が重要ですが、ポイントは断熱材の種類・断熱材の厚み・密閉性の3点です。

断熱材には「発泡スチロール」「ウレタン」「真空断熱パネル」の3種類があり、最もリーズナブルなのが発泡スチロール。最も高額で保冷力が高いのが真空断熱パネルです。ただ特に真空断熱パネルは他の素材と比べ価格の差も大きいので、最初はなかなか手が出しにくいかもしれません。とはいえ発泡スチロールでも必要十分な保冷力はあるので、予算ベースで決めてしまっても良いでしょう。

また密閉性という点では、蓋にパッキンなどを使って密閉性が高められていたりします。選ぶ際は、この3点をチェックするようにしてみましょう。

ハンドルのタイプは?

キャスター付きクーラーボックスには引っ張ってキャスターを回転させるためのハンドルが付いています。このハンドルは、伸縮可能タイプとそうではないタイプがあるので、メリット・デメリットを考えながら選びましょう。

伸縮可能キャリーハンドル

より腕に負担なく軽快な走行が出来るのが伸縮可能なキャリーハンドルです。

手を下ろした時の自然な位置でハンドルを持ちやすく、走行時のコントロールもしやすくなります。使わない時は短くしてコンパクトに出来るので邪魔にもなりませんよ。

ただハンドル全体に負荷がかりやすく、伸縮可能なことで若干構造が複雑になります。耐久性に問題が出てしまうと致命的なので、キャリーバーの素材強度や購入者の口コミ、レビューを確認するなど十分な注意を払いましょう。

取っ手型ハンドル

キャリーハンドルのように伸縮することはできないタイプで、少し長い取っ手が付いているとイメージすると分かりやすいですね。

ハンドルが短いことで重さを直接的に感じやすく、背の高い人の場合は多少かがまないと手が届かないという事もあり得ます。ただシンプルな構造なので本体との接合部分以外には故障の原因になることがなく、心配が少ないですね。

キャスター以外でも持ち運べる?

キャンプ場や河原などアウトドアを楽しむ場所では地面が凸凹でキャスターが使いにくい事もあります。また車への積み降ろし時は本体自体を持つ事にもなります。

キャスターを引っ張るためのハンドル以外に、サイドハンドルや取っ手などがあり、持ちやすいかどうかチェックしておきましょう。

ドリンクホルダー付きだと簡易テーブルに早変わり!

野外でBBQをしたり飲食を楽しむ時に便利なのがカップホルダー機能です。

地面に直接ドリンクを置くと誤って蹴り倒してしまったりする可能性がありますが、クーラーボックスの蓋にカップホルダーがあれば、簡易テーブルとして使えちゃいます。

購入する時は是非チェックしてみて下さいね。

キャスター付きクーラーボックスの人気おすすめランキング5選

それでは、キャスター付きクーラーボックスのおすすめ5商品を紹介致します。気になる商品は是非チェックしてみて下さいね。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

CAPTAIN STAG(キャプテンスタッグ) リガード ホイールクーラーボックス

キャプテンスタッグ クーラーボックス リガード ホイールクーラー 28L

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅43.5×奥行33.5×高さ43.5cm
重量 :4.4kg
容量 :28L
断熱材:ウレタン

安定感のあるホイールと2段階調整可能なハンドルで滑らかに走行!

キャプテンスタッグのキャスター付きクーラーボックス・リガード ホイールクーラー28L。

2段階調整が可能なキャリーハンドルには鉄が使われ、強度面は安心。ピンクやグリーン、ライトブルーなど色鮮やかな5色から選べるのも良いですね。

断熱材はウレタンで、蓋にはドリンクホルダー付き、本体側面には直接持てる取っ手があり、機能面でも魅力があります。

ただ「ハンドルの伸縮する部分が壊れやすい気がする」というようなレビューも散見され、耐久性については不安な部分も。

4

Daiwa(ダイワ) クーラーボックス シークールキャリーII

ダイワ クーラーボックス シークールキャリーII (25L)

タイプ:キャリータイプ
サイズ:(内寸)15.0×38.5×31.0cm
重量 :4.8kg
容量 :25L
断熱材:真空パネル・ウレタン(底1面/側面)・スチロール(上フタ)

電車釣行に最適!釣り人に嬉しいクーラーボックス

釣り具メーカー、ダイワのキャスター付きクーラーボックス・シークールキャリーII。

底面と側面には真空パネル+ウレタンが断熱材として使われ、高い保冷力が魅力の一つ。25Lの容量があるので、小物釣りや川釣りでは十分すぎるほど。沖釣り以外なら海釣りでも十分使えるでしょう。

またちょうど駅の改札をそのまま通過できるサイズと走行音に配慮した静音キャスターなので、電車釣行にもぴったり。さらにフロントロック式の蓋は片手で開け閉め可能です。手が塞がりがちな釣りの現場では助かりますね。

釣り場まで車移動する人でも、駐車場から釣り場まで苦労することなく移動できちゃいますよ!

3

igloo(イグルー) ホイールクーラー 38

igloo(イグルー) ホイールクーラー 38 クーラーボックス (36L) マジェスティックブルー #45004

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅58.5×奥行33×高さ40.5cm
重量 :4.5kg
容量 :36L
断熱材:ウレタン

2Lのペットボトルが縦置きできる深底設計!

世界的なクーラーボックスブランド、イグルーのホイールクーラー 38。

36Lの容量を誇り、2Lのペットボトルが縦置きできるというのが魅力の一つ。最大6本入り、重たくなりがちな飲料も効率的に収納してキャスターで持ち運び楽チンです。

また本体側面には本体を直接持てるモールドハンドルが付いていて、車からの積み降ろしもバッチリ。扱いやすいのが良いですね。

加えて、キャスターを引っ張るためのハンドルは、しっかりした作りでゆったり持てる大型サイズ。

使いやすさと安心感のあるクーラーボックスです!

2

FIELDOOR(フィールドア) キャスター付きクーラーボックス

FIELDOOR クーラーボックス キャスター付き ブルー (3層構造保冷 / 2WAYハンドル)

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅59×奥行35×高さ42cm
重量 :1.4kg
容量 :46L(80L/100Lあり)
断熱材:ウレタン

ダブルハンドルで持ち方色々!容量にも自信アリ

FIELDOORのキャスター付きクーラーボックス。

本体側面にはキャスターを引っ張るための大型ハンドルと直接持ち上げるための小型ハンドルが付いていて、シーンによって使い分けられるのが大きな魅力。地面が凹凸なら2人で両サイドの小型ハンドルを持って移動させるのも簡単です。

また大人数でのアウトドアレジャーにも対応できる80Lや100Lタイプもあり、大容量なキャスター付きクーラーボックスが欲しいというニーズにも応えてくれますよ。

さらに断熱材には厚み27mmのポリウレタンが使われ、保冷力もアップ。蓋にはドリンクホルダーまで付いています。

非常に汎用性の高いキャスター付きクーラーボックスです!

1

igloo(イグルー) マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER

igloo(イグルー) クーラーボックス MARINE BREEZE ULTRA マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER 00045106

タイプ:キャリータイプ
サイズ:幅45.5×奥行34.5×高さ42.5cm
重量 :4kg
容量 :26L
断熱材:ウレタン

使いやすいミドルサイズで保冷力・使い勝手・価格も良し!

イグルーのキャスター付きクーラーボックス・マリーンブリーズウルトラ 28 ROLLER。

容量は26Lのミドルサイズで、初めてのクーラーボックスとしても使いやすいサイズ感。伸縮可能ハンドルとスムーズなキャスターで移動もしやすいです。旅行に行く時にスーツケースを引っ張るような感覚で使えるので、女性や子供でも難なく使えちゃいますよ。

また本体側面には車への積み降ろし時に持ちやすい取っ手があり、キャスターで走行しにくい地面ならそのまま持つことも可能。

ちなみに、大人数でのキャンプで使用するなどもっと大きなタイプが欲しい!という方には、こちらの大型版であるマックスコールド50(Amazon)もチェックしてみて下さい。

まとめ

今回は、キャスター付きクーラーボックスに注目して、厳選アイテムをご紹介させて頂きました。

とにかく移動や持ち運びが楽になるので、重たいものを出来るだけ楽に運びたいという方は是非一度キャスター付きのクーラーボックスを試してみてはいかがでしょうか?楽しいレジャーイベントの中で唯一のストレスが解消されるかもしれませんよ♪

関連キーワード