シマノやダイワなど!釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング7選

釣った魚の鮮度をキープするために必要不可欠なのが釣り用クーラーボックス。鮮度を落とさず持ち帰れば、美味しく頂く事も出来ますね。ただシマノやダイワといったメーカーからサイズ・保冷力・価格帯などが異なる様々な商品が販売されているので、どれが良いのか迷ってしまうという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、釣り用クーラーボックスの選び方と売れ筋から厳選したおすすめ7商品をご紹介していきたいと思います。

釣り用クーラーボックスの選び方

釣った魚の鮮度をキープするのに活躍する釣り用クーラーボックス。一体どんなポイントに注意して選べば良いのでしょうか?

まずは選び方のポイントを簡単にご紹介していきます。ポイントを押さえて満足度の高い釣り用クーラーボックスをゲットしちゃいましょう!

釣る魚や釣り方に合わせたサイズ・容量を選ぼう!

魚釣りをしている男性

釣り用クーラーボックスには5L程度のコンパクトなものから、50L程度の大きなタイプまで様々な容量があります。

例えば、小さな川魚など小物を釣る場合は、持ち運びやすいコンパクトタイプ(5〜10L程度)がおすすめ。反対に船で沖に出て大物を狙う場合は、30〜40L以上のものが良いでしょう。

どういう魚を狙うのか、また岸から釣るのか船で沖に出るのかといった釣り方に合わせてクーラーボックスのサイズや容量を決めていきましょう。

保冷力を決める断熱材は価格も考慮して選ぶ!

釣り用クーラーボックスの肝とも言える保冷力は断熱材によって変わってきます。ただ断熱材によって価格が変わってくるので、予算とのバランスも重要です。ここでは主な3種類である「スチロール」「ウレタン」「真空パネル」について簡単にご紹介します。

リーズナブルな価格が魅力のスチロール

断熱材として最もリーズナブルな素材がスチロールです。

保冷力については、真空パネルやウレタンに劣るものの、持ち運びやすい軽さで扱いやすく、手頃な価格ということもあり人気があります。保冷剤や氷などを上手く使って保冷力を高めるという工夫も出来るので、価格重視なら十分候補になりますよ。

保冷力と価格のバランス型と言えるウレタン

スチロールよりもワンランク高い保冷力を誇るのがウレタン。もちろん価格も多少高くなりますが、ある程度長期的に使う事も視野に入れて買うならおすすめです。スチロール同様、軽いので、持ち運びもしやすいですよ。

またウレタンの厚みも重要で、厚いほど保冷力は高まります。選ぶ時には、その点もぜひチェックして下さいね。

高い保冷力を誇る真空パネル

3つの素材の中では最も高い保冷力が期待できる真空パネル。

熱伝導率が低く、炎天下の日や熱がこもった地面に置いた時にもしっかり保冷出来ます。ちなみに、底面だけ真空パネルのものや上下・左右・前後の6面全てが真空パネルのものなど、真空パネルを採用したクーラーボックスの中にもグレードがあります。

6面全面真空パネルのタイプだと保冷力は抜群ですが、価格もかなり高くなり、また重量感も出てきます。

重量がある場合はキャスター付きが便利!

釣り用クーラーボックスを選ぶ時には重量もチェックして欲しいのですが、特に重たいタイプを選ぶ場合は、キャスターが付いていると持ち運びがかなり楽になりますよ。

釣りに行くたびに持ち運ぶ事になりますし、大漁の日はなおさら重たくなるので、よく考えて選んで下さいね。

釣り用クーラーボックスの人気おすすめランキング7選

それでは、釣り用クーラーボックスのおすすめ7商品をご紹介していきます。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

7

SHIMANO(シマノ)

スペーザ ライト

350LC-035M

サイズ幅76.6×奥行34.7×高さ32cm
重量6.1kg
容量35L
断熱材発泡ポリスチレン(天面・底面・側面)

特徴的な横長フォルムで大物も綺麗に収納できる!

横幅の内寸が60cmという横長フォルムが魅力のシマノ・スペーザ ライト。

大型魚でもゆったり収納しやすい大きさで、持ち運びにも都合の良い形状です。内部インナー素材には抗菌剤ノバロンが採用され、衛生面でも安心。内側の底面は少し凹凸のある形状になっていて、氷から溶けた水が魚と接触しにくく、保冷力を高める工夫がされています。

また、水抜きはサイドにある水栓を開くだけでOK。フタは両開き可能で、閉じるだけで自動ロックがかかるという簡単操作設計です。

少し価格は高くなりますが、キャスター付き(Amazon楽天)タイプもオススメです!

6

igloo(イグルー)

MARINE ULTRA(マリーンウルトラ) 54

サイズ幅65×奥行46×高さ39cm
重量4.5kg
容量51L
断熱材超高密度ウレタンフォーム

大容量で価格・保冷力共にGOOD!

アメリカを代表するクーラーボックスブランド・イグルーのクーラーボックス。

イグルーは、比較的リーズナブルな価格帯でコスパの高さが大きな魅力の一つ。そして、こちらのマリーンウルトラ54はマリンシリーズの代表作とも言えるロングセラー商品となっています。

51Lと容量もしっかりあり、船釣りでも重宝しますよ。蓋には計測用のメジャーが付いているので、釣ったその場でサッと計測できるのも楽しみの一つ。多くのフィッシャーマンに愛されている人気クーラーボックスです!

ただパッキンが付いてないので少し水漏れしやすいかもしれません。ゴムパッキンだけ後付けするのもオススメです。

5

秀和(SHU-WA)

ウレタンクーラー

UL2500LH

サイズ幅45.4×奥行28.4×高さ36cm
重量3.3kg
容量25L
断熱材硬質ウレタンフォーム

ウレタンがぎっしり注入された保冷力が◎!

秀和のクーラーボックス・UL2500LH。

断熱材にはウレタンが使われ、注入発砲方式で隅までしっかり敷き詰められています。保冷力の高さが一つのポイントですが、ウレタンの軽さも魅力的。持ち運びやすいので、使い勝手の良さを感じやすいですよ。

さらに超音波接着の蓋と、厚みのあるEVAパッキンで密閉性が高く、一段と保冷力が高められています。

また蝶番などの金属部分は全てステンレスと真鍮が使われているので、錆びに強く、長く愛用できるのも良いですね。

4

SHIMANO(シマノ)

フィクセル プレミアム300

ZF-030N

サイズ幅58.3×奥行35×高さ35cm
重量6.5kg
容量30L
断熱材6面全面真空断熱パネル

6面全面真空断熱パネルの最上位モデル!

シマノのフィクセル・プレミアム300。

最大の魅力は、上下・左右・前後と6面全てに真空断熱パネルが採用されていること。炎天下も苦にしない抜群の保冷力を誇ります。インナー素材には抗菌剤ノバロンが採用され、開閉が楽な両開きの蓋は、自動ロック仕様。一手間減らしてくれる機能面も嬉しいポイント。

また底面にラバー素材が採用され、船や防波堤など、どんな釣り場にも安定して置ける点も見逃せませんね。

価格は高いですが、機能性を重視して選びたいという方にはオススメなクーラーボックスです!

3

DAIWA(ダイワ)

シークールキャリーII

SU 2500

サイズ幅53.5×奥行33.0×高さ38.5cm
重量4.8kg
容量25L
断熱材真空パネル・ウレタン(底1面/側面)・スチロール(上フタ)

電車釣行にも!移動が楽なキャスター+ハンドル付きのキャリークーラー

ダイワのクーラーボックス・シークールキャリーII。

釣り場に向かう時に助かるキャリークーラーで、キャスター付きのボックスを長いハンドルで引っ張るだけで持ち運べます。スーツケースをイメージしてもらうと分かりやすいかもしれませんね。さらに駅の改札口もそのまま通れるサイズなので、電車釣行にもぴったりですよ。

また内部は底面と側面に真空パネルが使われているため保冷力に優れ、蓋の開閉はワンタッチの簡単操作。

特に釣り場までの移動が多いという方にオススメしたいクーラーボックスです!ただ蓋は取り外し出来ないので、洗って乾かす時に少し使いにくいかもしれません。

2

DAIWA(ダイワ)

クールライン

S600X

サイズ幅31×奥行23×高さ23cm
重量1.6kg
容量6L(8Lもあり)
断熱材スーパースチロール

小物釣りに最適なコンパクト&お手頃クーラー!

ダイワのクーラーボックス・クールライン S 600X。

管理釣り場や防波堤、ワカサギ釣りなどにちょうど良いサイズで、軽さもあり扱いやすいクーラーです。使う人を選ばないホワイトカラーもシンプルで良いですね。

またロングハンドルなので、移動時の持ち運びが楽チン。さらに魚を入れる時は投入口を使えるので、蓋を開ける必要がありません。外気が入りにくいので、鮮度もキープしやすいですよ。

これから釣りを始めたいと思っている方でも使いやすく、お手頃価格でオススメです!

1

DAIWA(ダイワ)

クールライン

GU 800X

サイズ幅37.5×奥行22.5×高さ25cm
重量2.3kg
容量8L
断熱材HPウレタン

ウレタン採用の比較的手頃なクーラーボックス!

ダイワのクーラーボックス・クールライン GU 800X。

スチロールでは保冷力が不安だけど、予算もそこまで上げたくない・・・という方にオススメなのがこちらの商品です。断熱材にはウレタンが採用されながら、価格は比較的リーズナブル。

加えて嬉しいのが、上蓋を取り外せること。釣り用クーラーボックスはどうしてもある程度のニオイが付いてしまうので、洗いやすく乾かしやすいというのが便利です。

ブルーとライムグリーンという少し個性的なカラー展開は好みが分かれる部分かもしれませんが、価格と保冷力のバランスが取れたクーラーボックスです!

おすすめ釣り用クーラーボックスの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ重量容量断熱材商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

DAIWA(ダイワ)

クールライン

ウレタン採用の比較的手頃なクーラーボックス!幅37.5×奥行22.5×高さ25cm2.3kg8LHPウレタン

2

2位のアイテムの商品画像

DAIWA(ダイワ)

クールライン

小物釣りに最適なコンパクト&お手頃クーラー!幅31×奥行23×高さ23cm1.6kg6L(8Lもあり)スーパースチロール

3

3位のアイテムの商品画像

DAIWA(ダイワ)

シークールキャリーII

電車釣行にも!移動が楽なキャスター+ハンドル付きのキャリークーラー幅53.5×奥行33.0×高さ38.5cm4.8kg25L真空パネル・ウレタン(底1面/側面)・スチロール(上フタ)

4

4位のアイテムの商品画像

SHIMANO(シマノ)

フィクセル プレミアム300

6面全面真空断熱パネルの最上位モデル!幅58.3×奥行35×高さ35cm6.5kg30L6面全面真空断熱パネル

5

5位のアイテムの商品画像

秀和(SHU-WA)

ウレタンクーラー

ウレタンがぎっしり注入された保冷力が◎!幅45.4×奥行28.4×高さ36cm3.3kg25L硬質ウレタンフォーム

6

6位のアイテムの商品画像

igloo(イグルー)

MARINE ULTRA(マリーンウルトラ) 54

大容量で価格・保冷力共にGOOD!幅65×奥行46×高さ39cm4.5kg51L超高密度ウレタンフォーム

7

7位のアイテムの商品画像

SHIMANO(シマノ)

スペーザ ライト

特徴的な横長フォルムで大物も綺麗に収納できる!幅76.6×奥行34.7×高さ32cm6.1kg35L発泡ポリスチレン(天面・底面・側面)

まとめ

今回は、釣り用クーラーボックスをピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

釣った魚をより良い状態でキープしておく為に、ぜひ釣り用クーラーボックスを活用してみましょう。釣る楽しみはもちろん、持って帰って子供に自慢したり、美味しく頂いたりと魚釣りがより一層楽しくなりますよ♪

関連キーワード