通勤ランにも!ランニング用バックパックの人気おすすめランキング10選

トレイルランや長距離のランニング、通勤ランなどでは着替えや財布、飲料などで少し荷物が多くなることがありますよね。そんな時におすすめなのがランニング用バックパック(リュック)です。軽量な上にランニング中でも快適なフィット感があり、また容量も数L〜20L程度まで選べます。
そこで今回は、ランニング用バックパックの選び方を簡単に解説した上で、おすすめの商品ランキング10選をご紹介していきます!

ランニング用バックパックの選び方

まず最初に、ランニング用バックパックを選ぶ際のポイントを4点に分けて一つずつ解説していきます。ポイントを押さえて、満足度の高いランニング用バックパックをゲットしてくださいね!

フィット感(揺れない事)を大切に

ランニング中にバックパックが揺れてしまうと走りにくいだけでなく、肩への負担も高まってしまいます。しっかりと身体にフィットするバックパックを選びたいものです。体に密着する背面部分やショルダーベルトに十分なクッション性があるかどうかチェックしておきましょう。

加えて、ヒップベルトやチェストベルトを巻けてしっかり固定できる方が安定感を出せます。

またバックパックに入る量ぴったりの荷物を収納した方が、中の荷物が動きにくくなるので、不快な揺れが起こりにくくなりますよ。

収納するアイテムに合わせて容量を選ぶ

バックパックの容量は、1L前後の小型タイプから20L前後の大容量タイプまであります。

小さすぎると本来収納したかったアイテムが入らないという事態に陥りますし、大きすぎてもバックパックの中で荷物が揺れやすく重量も重くなりがち。ランニング中に何を収納したいのか予め簡単に整理してみましょう。

着替えなどを収納する場合は、かさばる事が多いので、10L以上の商品を選ぶと良いでしょう。

ポケットの位置は要チェック

ランニング中に物が取り出しやすいと給水などがスムーズになります。ポケットの数はもちろん、ポケットの位置までしっかりと確認しておきましょう。

もし全ての荷物をメインコンパートメントに収納する場合、取り出す度に立ち止まってバッグを開けるといった手間がかかってしまいます。

あると便利なハイドレーションシステム

ソフトなボトルに吸引チューブが付いている給水アイテム・ハイドレーション。ボトル給水に比べ、より手軽により小まめに給水出来る便利アイテムです。

バックパックにハイドレーションシステムが搭載されていると、そのハイドレーションを使うのが非常に楽になります。

ランニング中の給水をよりスムーズにしたい方は、ぜひハイドレーションシステムに対応したバックパックを選んでください。

ランニング用バックパックの人気おすすめランキング10選

それでは売れ筋のランニング用バックパックの中から厳選した、おすすめの商品ランキング10選をお届け致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

SALOMON(サロモン)

TRAIL10(トレイル10)

L37997500

サイズ縦45×横20×マチ14cm
重量(約)280g
容量10L
ハイドレーション対応

フィット感に優れる一体成形モデル!

肩にかけるショルダーストラップが背面と一体化した構造になっている事により、フィット感が非常に高いSALOMON(サロモン)のトレイル10。クッション性に優れ軽やかな背負い心地が人気です。

また外ポケットは500mlボトルが収まるメッシュポケットを両サイドに搭載。飲み物、タオル、着替えなど必要なものが一通り収納しやすい10Lタイプです。

9

asics(アシックス)

ランニングバックパック10

EBM402

サイズ縦43×横25×マチ18cm
重量(約)-
容量10L
ハイドレーション対応

充実したポケットで収納しやすい!

asics(アシックス)のランニングバックパック10。内ポケット5個に外ポケット6個という充実したポケットが魅力の一つです。小物を綺麗に収納しやすく、スッキリしますよ。外ポケットが豊富にあることで、ランニング中でも取り出しやすいですね。

また身体に触れる背面やウエストポケットには汗の侵入を軽減するシートを内蔵。ランニング中に発汗しても中の荷物が湿気にくいのが嬉しいポイントです。

8

deuter(ドイター)

アドベンチャーライト 9

D42032

サイズ縦41×横20×マチ11cm
重量(約)610g
容量9L
ハイドレーション対応

背負った時の通気性に優れるバックパック!

ドイツのリュックメーカー・deuter(ドイター)のアドベンチャーライト9。背面に2本のフォーム(膨らみ)があるのが大きな特徴です。エアストライプシステムと呼ばれ、背中との接触面を少なくしつつ、2本のフォームの間を空気が抜けることでより涼しく蒸れにくくなります。フォーム自体は柔らかなため、フィット感も◎。

そしてヒップベルトにスマホが収まる程度のポケットを搭載。取り出しやすい位置にあるため、使い勝手が良いですよ。ただ今回紹介するバックパックの中では重量610gと少し重めです。

7

Qlione(クリオネ)

ランニングリュック

サイズ縦44×横27×マチ10cm
重量(約)280g
容量5L
ハイドレーション対応

スタイリッシュなデザインが◎!

容量5Lと少しコンパクトで扱いやすいランニング用バックパック。ツートンカラーでスタイリッシュなデザインは、街中を走る通勤ランにもおすすめです。バンジーコードで閉められる外ポケットにスマホを入れておけば、信号待ちの際にスマホをチェックするのも手間いらずですね。

またショルダーベルトとバックパネルは全面的にメッシュ素材を採用し、通気性良し。重量280gと軽量感のある背負い心地です。

6

asics(アシックス)

ランニングバックパック 4

EBM404

サイズ縦39×横25×マチ10cm
重量(約)340g
容量4L
ハイドレーション対応

どんなウェアとも相性の良いシンプルデザイン!

asics(アシックス)のランニングバックパック4。とってもシンプルなデザインはどんなウェアとも合わせやすく、背中のバックパックが悪目立ちしてしまうことがありません。容量は4Lと多くありませんが、財布・タオル・着替え用の下着など必要最低限のものを入れるとぴったりなサイズ感で、中の荷物が走るたびに揺れてしまう・・・なんてことを避けやすいですよ。

またボトルは本体の下部に収納可能。サイドポケットだと揺れて落ちるのが心配という方でも安心です。

5

NIKE(ナイキ)

ランニング コミューターバックパック

RN9010

サイズ縦47×横33.5×マ16cm
重量(約)390g
容量15L
ハイドレーション対応-

ナイキらしい洗礼されたデザインがカッコいい!

NIKE(ナイキ)のランニングバックパック・RN9010。スタイリッシュなデザインとシルエットでカッコよく背負える商品です。容量15Lと収納力があるので、着替えなども収まりやすいですよ。

またフロント側の中央に入った複数のラインとナイキのロゴはリフレクター(反射材)仕様。後方からライトが当たると反射してくれるので、帰宅ランなど暗い状態で街中を走る際にも安心です。

4

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

ナローサイクルバックパック

DBM273

サイズ縦41×横29×マチ5cm
重量(約)400g
容量2L
ハイドレーション対応

容量2Lのミニマルなバッグパック!

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)のナローサイクルバックパック。サイクリングはもちろん、ツーリングやランニングにも活躍してくれるコンパクトな商品です。

マチ5cmとフラット形状なので背負った時のシルエットが綺麗。背面は立体成型になっていて、通気性にも優れます。汗による不快な蒸れを軽減してくれますよ。

一方、容量は2Lと必要最低限のアイテムを収納するのにぴったり。ミニマルな荷物でランニングしたい方にオススメです。

3

SALOMON(サロモン)

TRAIL 20(トレイル20)

L37998600

サイズ縦45×横23×マチ17cm
重量(約)380g
容量20L
ハイドレーション対応

荷物がたっぷり入る!20Lの大容量

SALOMON(サロモン)のトレイル20。シャツ・ジャケット・11〜13インチ程度のノートPCなどが収納でき、また使い回しやすいシンプルなデザインで通勤ラン・帰宅ランにオススメです。スーツにも合わせやすく、走らない日は通勤用としてそのまま使えちゃいますよ。

比較的リーズナブルな価格も人気のポイントです。

2

asics(アシックス)

ランニングバックパック 5L

155896

サイズ縦40×横20×マチ3cm
重量(約)170g
容量5L
ハイドレーション対応-

長時間走っても負担の少ない軽さが魅力的!

asics(アシックス)のランニング用バックパック5L。重量約170gと今回ご紹介するアイテムの中では最軽量の商品です。長時間走っても負担になりにくく、またメッシュ素材で不快な蒸れを軽減。口コミでも"背負うと言うより着るといった感じ"とその背負い心地の良さが評判です。

また伸縮性のあるストレッチ素材が使われているため、容量に多少の無理が利きます。飲料ボトルはショルダーベルト部分に2本収納でき、ランニング中でも簡単に取り出せますよ。

1

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

Martin Wing(マーティン ウイング) 6

NM61526 L

サイズ縦34×横18.5×マチ7.5cm
重量(約)390g
容量6L
ハイドレーション対応

デザイン・使い勝手共に優れる人気バックパック!

人気アウトドアブランドTHE NORTH FACE(ザノースフェイス)のランニング用バックパック・マーティンウィング6。マーティンウィングシリーズはレース用として人気が高いこともあり、背負った時の安定感やフィット感は抜群です。

さらに使い勝手の面でも魅力が盛りだくさん。外ポケットは7個と豊富な上に、ヒップポケットなどランニング中でも取り出しやすいポケットが充実しています。500mlボトルが収まるポケットもありますよ。

さらにメインコンパートメントにはサイドファスナーがあるため、外からアクセス簡単。満足度の高い人気ランニング用バックパックです。

おすすめランニング用バックパックの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ重量(約)容量ハイドレーション対応商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

Martin Wing(マーティン ウイング) 6

デザイン・使い勝手共に優れる人気バックパック!縦34×横18.5×マチ7.5cm390g6L

2

2位のアイテムの商品画像

asics(アシックス)

ランニングバックパック 5L

長時間走っても負担の少ない軽さが魅力的!縦40×横20×マチ3cm170g5L-

3

3位のアイテムの商品画像

SALOMON(サロモン)

TRAIL 20(トレイル20)

荷物がたっぷり入る!20Lの大容量縦45×横23×マチ17cm380g20L

4

4位のアイテムの商品画像

DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)

ナローサイクルバックパック

容量2Lのミニマルなバッグパック!縦41×横29×マチ5cm400g2L

5

5位のアイテムの商品画像

NIKE(ナイキ)

ランニング コミューターバックパック

ナイキらしい洗礼されたデザインがカッコいい!縦47×横33.5×マ16cm390g15L-

6

6位のアイテムの商品画像

asics(アシックス)

ランニングバックパック 4

どんなウェアとも相性の良いシンプルデザイン!縦39×横25×マチ10cm340g4L

7

7位のアイテムの商品画像

Qlione(クリオネ)

ランニングリュック

スタイリッシュなデザインが◎!縦44×横27×マチ10cm280g5L

8

8位のアイテムの商品画像

deuter(ドイター)

アドベンチャーライト 9

背負った時の通気性に優れるバックパック!縦41×横20×マチ11cm610g9L

9

9位のアイテムの商品画像

asics(アシックス)

ランニングバックパック10

充実したポケットで収納しやすい!縦43×横25×マチ18cm-10L

10

10位のアイテムの商品画像

SALOMON(サロモン)

TRAIL10(トレイル10)

フィット感に優れる一体成形モデル!縦45×横20×マチ14cm280g10L

まとめ

今回は、ランニング用バックパックをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

通勤ランやトレイルランを楽しむ方にとっては欠かせないアイテムなので、ぜひ満足度の高いお気に入りランニング用バックパックを見つけてくださいね!

合わせて読みたい記事

関連キーワード