人気メーカー勢揃い!ボクシンググローブの人気おすすめランキング5選

みなさん運動してますか?近年ボクササイズなどのフィットネスが流行っていて、モデルやタレント、芸人など有名人でもやっている方が多くいますよね。ボクササイズやキックボクササイズは、体を引き締めて綺麗になるだけでなく健康にも良いんです。みなさんも良い汗を流して健康な生活を送りましょう!今回はこれから始める方や、買い替えを考えている方に、上手な選び方や人気おすすめ商品5選を紹介致します。最後にお手入れ方法も♪

ボクシンググローブの必要性

ボクシンググローブを着ける必要性とは一体何なのかを簡単に説明していきますね。ボクシングはご存知のとうり左右の拳でパンチを繰り出すスポーツ。ジムに行くとエクササイズ目的の方もプロの方も、サンドバッグやトレーナーが持つミットと呼ばれるものにパンチを打ってトレーニングを行います。

その際、ボクシンググローブを着けていないと拳や手首を傷めてしまいます。特にパワーがある方が力一杯パンチすると骨折する可能性も・・・。そんな一大事を避けるためにボクシンググローブは必要不可欠なトレーニンググッズという訳です。

またスパーリング (実践練習) を行う時は自分だけでなく相手へのダメージも軽減させるために、よりクッション性の高い大きなボクシンググローブを使用します。(※プロの試合の時は別です。)重量も重たくなるのでスピードも落ち、より安全性が高くなるんですよ。

ボクシングはスポーツです!あくまでも安全が第一なので、楽しくボクシングを続けられるように自分に合ったボクシンググローブでしっかり拳を守りましょう。

ボクシンググローブのオンス(oz)で選ぶ

ボクシンググローブにはサイズがいつくかあり、重さがオンス(oz)で表されています。ジムでトレーニングする時は絶対このサイズじゃなきゃだめ!というものは決まっていませんが、それぞれに用途があるのでまずは簡単に説明致します。

8オンス(oz)

8oz (227g) はプロ試合用のグローブになります。最も軽いミニマム級(47.62kg以下)〜スーパー・ライト級(63.50kg)までの試合で使用されるサイズ。(※男子)

プロが練習で使用している事もありますが、拳を守るパッドが薄くて軽いので基本的にジムでトレーニングをする際にはあまり適していません。

10オンス(oz)

10oz (283g) もプロ試合用グローブです。スーパー・ライト級(63.50kg)以上の階級での試合に使用されます。(※男子)

しっかりパンチの打ち方が分かっていて、経験者であれば使用しても大丈夫ですが拳を守るという意味ではまだ十分ではありません。

12オンス(oz)

12oz (336g) のグローブからが一般的には練習用と言われるサイズになってきます。体の小さい方や女性の方で、あまり重いグローブだと動けないというのであれば12ozはおすすめです。

14オンス(oz)

14oz (396g) は拳を守るには十分な大きさなので練習には最も適しているかもしれません。女性から男性までバランスよくお使い頂けます。

16オンス(oz)

16oz (453g) のグローブは主にスパーリング (実践練習) で使用されるサイズ。かなり大きくて拳を痛めないようにしっかりパッドが入っています。

大きな男性や体重のある方は16ozで練習しても問題ありませんが、女性や平均的な男性であればやや大きく、重たいのでトレーニングしづらいかもしれません。

紐式 or マジックテープ式

ボクシンググローブの着脱方法には紐式とマジックテープ式があります。グローブをはめた時に手首を紐で縛って固定するのか、マジックテープで固定するのかの違いです。それぞれの特性を理解しておきましょう。

紐式

紐式はプロ試合用グローブと同じ形式になり、手の平あたりから縛っていき最後は手首に巻きつけて完全に固定するタイプです。

メリット】グローブとのフィット感が素晴らしく、手と一体化しているような感覚。ガチガチに固定できるので安定感もありますよ。

デメリット】一人で着けることが出来ないので、誰かにお願いしないといけないという点です。着脱に時間と手間がかかってします。

一体感は弱くなりますが、100均などで売っているゴムを紐と取り替えると、一人でもスポッとはめられますよ。見た目は本物のボクサーと同じように見えるので、気分も上がりトレーニングにも力が入ります!着脱は少々手間だけど、やっぱりグローブは紐タイプがカッコ良いという方は是非お試し下さい。

マジックテープ式

一般的に練習用グローブはマジックテープ式になっています。

メリット】やっぱり着脱が楽!というところですね。簡単にマジックテープで止めるだけで済むので、周りの人に手伝ってもらう必要がありません。

デメリット】長く使っているとマジックテープが弱り、剥がれやすくなってきます。また、紐式ほどの一体感が無いところもデメリットとなるでしょう。

しかし、マジックテープ式の使いやすさはトーレニングで毎回使用する際には非常に大きなメリットになります。プロの方でもマジックテープ式グローブを使っている方は多いので、特別なこだわりがない方はマジックテープ式が使いやすくておすすめです!

パンチンググローブ

パンチンググローブは普通のボクシンググローブより薄く、軽いものになります。日本は欧米諸国などとは多少考え方も違うので、初心者の方にはこちらを進めることが多いです。

意図としては、パンチを打った時ナックル(拳)が当たっている感覚が分かりやすいので、上達するまではこれでフォームや打った感覚を養うというものですね。また、サイズはS、M、Lなどで分かれています!

ただ、サンドバッグなどを力いっぱい殴っていると拳や手首を痛めやすいので、絶対にこれを使わないといけないという決まりはありません。

自分の好みで選んで頂ければ大丈夫です。

ボクシンググローブの人気おすすめランキング5選

それでは、ボクシンググローブの人気おすすめランキング5選を紹介したいと思います。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

(adidas)アディダス

スピード 50 ボクシンググローブ

サイズ6oz〜16oz
タイプマジックテープ
素材PU

心地いいフィット感!スピード50

アディダスのボクシンググローブ「スピード50」。こちらは着け心地に重点を置いるので、フィット感が素晴らしいボクシンググローブです。

また、サイズも幅も6ozから16ozまで選べるところがGOOD!お子様から大人の男性まで使用することが出来ますね。

さらに衝撃吸収性に優れてたIMF機能を採用していて、あなたの拳をしっかり守ってくれます!これで思う存分、ワンツーパンチ♪

4

WINDY(ウィンディ)

パンチンググローブ

TBG-2

サイズM
タイプゴム
素材本革

ムエタイ王国タイの2大ブランド 「WINDY」

こちらはムエタイ王国タイのブランドで、世界各国で有名な「WINDY」のパンチンググローブ。

親指がカットされていて、着脱が非常にしやすくなっているところが特徴。また本革で作られているので、使い込むうちに味が出てきてミットやサンドバックを叩いた時の "パーンッ" という音は最高ですよ! 

特に皮と皮がぶつかる音は一度味わうと病みつきになっちゃいます。これで日頃のうっぷんを晴らしてみてはいかがでしょうか?

ただしパンチンググローブは手首を痛めやすいので、最初は正しくパンチを打てるように練習をしましょうね。

3

Twins

ボクシンググローブ

サイズ6oz〜16oz
タイプマジックテープ
素材本革

本格派グローブであなたもプロに?

タイのもう一つのトップブランド「TWINS」のグローブ。こちらは日本でも多くのボクシングジムで使用されているしっかりとした作りのグローブです。

リーズナブルな価格帯で手に入る本格派グローブといった感じですね。プロの選手でも使用している方は多く、スパーリング(実践練習)にも使われるほどのグローブなので安全性と耐久性はお墨付きですよ!

さらに、カラーの種類が豊富なことろも◎。女性の方も気に入るカラーがきっと見つかるはずです。お気に入りのグローブで楽しくトレーニングしましょう♪

2

Everlast(エバーラスト)

ボクシンググローブ

サイズ8oz〜16oz
タイプマジックテープ
素材合成皮革

世界戦でも使われるトップブランド

世界中で愛され使用されているアメリカのボクシングメーカー「エバーラスト」。

エバーラストのグローブといえば世界戦でも多くのトップボクサー達が使い、あのマイクタイソンが使用していた事でも有名なグローブです。

また、確かな品質とフィット感であなたの拳をしっかりと守ってくれますよ。トレーニングにも集中できますね。

見た目にもこだわりたいあなた!トップファイターと同じ気分でトレーニングしてみませんか?きっと上達も早いはず!

1

Winning(ウイニング)

ボクシンググローブ

サイズ8oz〜16oz
タイプマジックテープ
素材牛皮革

界最高峰の1つ!日本が魅せる大和魂

世界が認めるハイクオリティブランド、WINNING(ウイニング)。ボクシングをやっていて知らない人はいない、日本が世界に誇るボクシンググローブです。

品質、耐久性、安全性、どれをとってもトップクオリティで、多くの世界チャンピオンが使用しているグローブ。また、ほとんどの日本のボクシングジムで見かけるグローブですね。

欠点といえば、お値段が高いということ。なかなか気軽に買える価格ではないのですが、これから長く使っていきたい方やしっかりとした拳の保護機能を求める方であれば買って損はないグローブです。

ジムで使うと、良いグローブ使ってるね〜と声をかけられる事もあるくらい!これを使っているとその人の本気度が一目で分かります。本当に!

おすすめボクシンググローブの比較表

商品画像商品名紹介文サイズタイプ素材商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

Winning(ウイニング)

ボクシンググローブ

界最高峰の1つ!日本が魅せる大和魂8oz〜16ozマジックテープ牛皮革

2

2位のアイテムの商品画像

Everlast(エバーラスト)

ボクシンググローブ

世界戦でも使われるトップブランド8oz〜16ozマジックテープ合成皮革

3

3位のアイテムの商品画像

Twins

ボクシンググローブ

本格派グローブであなたもプロに?6oz〜16ozマジックテープ本革

4

4位のアイテムの商品画像

WINDY(ウィンディ)

パンチンググローブ

ムエタイ王国タイの2大ブランド 「WINDY」Mゴム本革

5

5位のアイテムの商品画像

(adidas)アディダス

スピード 50 ボクシンググローブ

心地いいフィット感!スピード506oz〜16ozマジックテープPU

ボクシンググローブのお手入れ方法

ボクシンググローブは革製品なので、使用しているうちにひび割れたり破れたりしてきます。また、最も頭を悩ませる問題がニオイ!一度クサくなってしまうとなかなかニオイが取れないので嫌になっちゃいます。グローブを着けるたびに手がクサくなってはやる気もおきませんよね。

そこで、日頃からしっかりお手入れしてあげることで長持ちする上に、クサくなることも防げるので紹介しておきます。

基本的メンテナンス

グローブを使用した後はなるべく早くバッグから取り出してお手入れしてあげましょう。汗や手の菌がたくさん内部に潜んでいるので放っておくと悪臭の原因に・・・。

取り出したらますはじめに、柔らかい布やタオルでしっかりと汗などを拭き取っていきます。内部もきちんと拭いてあげて下さいね。その後は風通しの良いところで陰干しするだけ。これが最も基本的な手入れなので最低限これだけは毎回続けましょう。バッグに入れっ放しにしているとすぐにクサくなってしまいますよ!

定期的に革のお手入れも!

こちらは毎日する必要はありません。革に油分が無くなってきてひび割れが心配だなと思ったら、グローブにレザーローションやクリームで革に栄養を与えてあげて下さい。グローブを陰干しでしっかり乾かした後、柔らかい布で革に円を描くように塗り込んでいきましょう。

塗り終えたら再び風通しの良い場所で乾かせてあげて下さいね。

臭くならないためには!

基本的なメンテンスをしてグローブを乾かせた後に、ファブリーズや消臭スプレーなどを軽く内部に吹きかけておくのが最も手軽な方法です。毎回グローブを使った後にしているとそう簡単には臭くなることはありませんよ。この時、ただの消臭スプレーより除菌効果のあるものを使う方が効果的です。

また、アルコールなどを含ませた布で内部を拭くのも効果的ではありますが、革を傷めてしまうのであまりおすすめは出来ません。どうしてもというのであれば、グローブ外側の革にはアルコールがつかないように気をつけて行いましょう。

さらにすでに臭くなってニオイが取れないという方は専用の除菌消臭スプレーや靴用の除菌・消臭パウダーなども販売されているので試してみるのもありかもしれませんね。ただ、日々基本的なケアをしてあげることが臭くならない最大の近道だということを忘れないように!

まとめ

ボクシンググローブの人気おすすめランキング5選をご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

お気に入りのボクシンググローブを見つけて、楽しく健康的な毎日を過ごしましょう♪

関連キーワード