最強トラックボールの人気おすすめランキング10選【ロジクールやケンジントン】

ポインターを操作するという点ではマウスと同じですが、ボールを指先で転がすだけで済むのがトラックボール。使い方に慣れてしまえばマウスよりも疲労を軽減でき、長時間使用にも向いています。ただボール位置の違いやBluetooth対応の有無をはじめ、比較ポイントが多いので中々選びづらいのではないでしょうか?
そこで今回はトラックボールの選び方を解説した上で、厳選した10商品を一挙にご紹介していきます。

トラックボールとマウスの違いとは?

トラックボールもマウスも見た目は似ていますよね。ただトラックボールは本体に球体がついているのが特徴です。

どちらもポインターを操作するという点では役割は同じですが、その操作方法が大きく異なります。

マウスはマウスの本体全体を動かして操作しますが、トラックボールは球体を指でコロコロ転がしてポインターを操作します。指先の動きだけで操作出来るので、長時間使っても腕や肩への疲労が少なく、腱鞘炎に悩まされていた人やコアなユーザーに人気の高い商品です。

また机のスペースが狭くてもトラックボールを置けさせすれば良いので、省スペースにもなりますね。

トラックボールの選び方

特に、今までマウスを使っていたけどこれからトラックボールを使ってみたいという人は、しっかり選び方のポイントを押さえてトラックボール選びを進めたいですよね。まずは選び方のポイントを分かりやすく簡潔にまとめてみたので、チェックしてみてくださいね!

有線or無線(ワイヤレス)?

トラックボールには、有線タイプと無線タイプ(BluetoothとUSBレシーバーの2種類)があるので、まずはその点を理解しておきましょう。

有線タイプ

USBケーブルなどを利用し操作先の端末と接続するタイプです。

ケーブルの煩わしさがあることは否めませんが、電池を気にする必要なく安定したポインターの操作が可能です。自宅のデスクの上で据え置きで使うなら有線タイプもオススメ出来ます。

無線(ワイヤレス)タイプ

操作先端末との間にケーブルがないのが無線(ワイヤレス)タイプです。さらに無線には2通りの接続方法があります。

▼USBレシーバー

USBレシーバーを使うタイプは、操作する端末のUSBポートに専用レシーバーを差し込むことで無線操作が可能になります。

初期設定などが特に必要なく、トラックボールに付属しているUSBレシーバーをPCなどに挿せばすぐに使用開始出来るので、設定が不安という人でも安心ですよ。

▼Bluetooth

近年は、スピーカーやイヤホンなどBluetooth接続する機器もかなり普及していますが、トラックボールにもBluetoothで接続できるタイプがあります。

初回のみ操作先の端末毎にペアリングの設定が必要ですが、以降はすぐに使えるので、複数端末を切り替ながら操作したいという人にもオススメです。

効率的な操作を可能にするボタンの数

トラックボールにはマウスと同じようにいくつかのボタンが搭載されています。そして、そのボタン数はトラックボールによって異なっています。

よく使う操作をボタンに割り当てることが出来るので、うまく使いこなせれば使い勝手が飛躍的に向上しますよ。その際にボタン数が少ないとカスタマイズがあまり出来ないので、購入する前に確認しておきましょう。

トラックボールのポジション

トラックボールのボールポジションは、主に「親指」「人差し指」「手のひら」の3種類に分かれます。使用感に大きく影響する部分なので、どの種類が使いやすいかしっかり考えて選ぶことが大切です。

親指操作タイプ

トラックボールのボールポジションとしてはベーシックと言えるのが親指操作タイプです。

親指でボールを転がしながら、人差し指や中指でボタンをクリックするような形になります。トラックボールに慣れていない人が最初に戸惑う事の1つが思い通りにボールを転がせないという事ですが、親指は比較的操作能力が高いので、慣れやすいとも言えるタイプです。

ただ親指への負荷が高まる傾向にあるので、その点は気を付けて下さいね。

人差し指操作タイプ

親指操作タイプと同じかそれ以上に一般的なのがこのタイプです。

人差し指と中指を使いながらボールを転がしてポインターを操作します。親指操作よりも指の可動範囲が広くなるので、より大きなポインター移動もしやすくなります。直感的な操作もしやすいですね。

ただマウスと異なり左クリックが親指になるので、その点は慣れるのに少し時間を要するかもしれません。

手のひら操作タイプ

ポインターを操作するボールが中央部にどっしりと構えているのが手のひらタイプです。

手のひらまたは人差し指から薬指までを使いながらボールを転がします。マウスとは全く異なる形状と操作感なので、ある程度トラックボールに慣れ親しんだ人向けとも言えますね。

慣れれば、最も自由かつスピーディーにポインターを操作出来ます。

解像度(dpi)の違いを理解しておく

トラックボールには解像度と呼ばれるものがあります。

dpi(Dots per Install)という単位で表され、これはボールを回転させた時にどの程度ポインターが移動するかという指標になります。高dpiになればより敏感にポインターが反応するという事ですね。

300dpi〜1500dpi程度のトラックボールが多く、何段階かで変更出来るものもあります。初めての人は好みが分からないかもしれないので、切り替え可能なトラックボールを選ぶのもオススメです。

トラックボールの人気おすすめランキング10選

それでは、トラックボールの厳選10アイテムをご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

10

LOGICOOL(ロジクール) TM-150r

LOGICOOL 有線 レーザー式 4ボタン マーブル TM-150r

接続方法 :有線
ボール操作:人差し指操作
読み取り :光学式
解像度  :300dpi
ボタン数 :4個
電源   :-(電池不要)

スリムボディが特徴的な省スペースタイプ!

トラックボールとしては珍しいスリムボディが特徴的なロジクールのTM-150r。

左右どちらの手でもコントロール可能な左右対称デザインで、トラックボールを置く場所が狭くても置きやすいです。またボタン数は多くありませんが、左右に大きく設置されていて使いやすいボタン位置設計になっていますね。

トラックボールの中では価格的にもリーズナブルなので、初めての人でもチャレンジしやすいですよ♪

9

ケンジントン SlimBlade Trackball 72327JP

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 SlimBlade Trackball 72327JP

接続方法 :有線
ボール操作:手のひら操作
読み取り :光学式
解像度  :-
ボタン数 :4個
電源   :-(電池不要)

ダイナミックに動かしやすい手のひら操作タイプ!

ケンジントンの手のひら操作タイプのトラックボール。

トラックボールの操作にある程度慣れている人にオススメなハイエンドモデルになります。指の可動域に最も制限がかかりにくいタイプなので、繊細な動きからポインター移動が多い作業まで、どんな操作にも対応できます。慣れて自在に使えるようになれば、腕や肩、手首の疲労が軽減されるだけでなく、操作性も確実にマウス以上のものになるでしょう。

腕に疲労を残す事なく、自由自在にポインターを操作して、快適なPCライフを送ってみませんか?

8

ELECOM(エレコム) ワイヤレスマウス トラックボール M-DT2DRBK

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 人差し指用 8ボタン ブラック M-DT2DRBK

接続方法 :USBレシーバー
ボール操作:人差し指操作
読み取り :光学式
解像度  :540dpi
ボタン数 :8個
電源   :単3乾電池×1本

多彩なボタンで日々の作業を効率的に!

エレコムのワイヤレストラックボール・M-DT2DRBK。

ホイールを含めて8個のボタンが搭載され、特に親指付近に集中させた設計になっています。「戻る・進む」や左右ボタンなどに加え、カスタマイズ可能なボタンが3つ搭載されているので、うまく使いこなせれば効率的かつ快適な環境に出来ます。

例えば「enter」を割り当てれば、何かを確定させる度に右手をトラックボールから離す必要も無くなりますよ。

オールブラックのカラーデザインもシンプルで良いですね。

7

ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337JP

ケンジントン 【正規品・5年保証付き 日本語パッケージ】 OrbitTrackball with Scroll Ring 72337JP

接続方法 :有線
ボール操作:人差し指操作
読み取り :光学式
解像度  :-
ボタン数 :3個
電源   :-(電池不要)

専用のリフトレスト付きで腕への負担を最小限に!

シンプルなデザインがカッコいいケンジントンの有線トラックボール。

有線タイプなのでUSBケーブルを差し込めばすぐに使用可能。取り外し可能な専用リフトレストが付属しているので、腕をより脱力させた状態でポインターの操作が可能になります。

ボタン数はホイールボタン含めて3個と少ないので、あまり複雑なカスタマイズは出来ませんが、凹凸が減った事でスタイリッシュなデザインに仕上がっています。

価格的にも手頃感がありますよ♪

6

ELECOM(エレコム) 有線マウス トラックボール M-XT3URBK

エレコム 有線マウス トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3URBK

接続方法 :有線
ボール操作:親指操作
読み取り :光学式
解像度  :750/1500dpi(切り替え可能)
ボタン数 :6個
電源   :-(電池不要)

ネットサーフィン時に大活躍するこだわりの「進む・戻る」ボタン

エレコムの6ボタン搭載トラックボール・M-XT3URBK。

webページを閲覧していると「進む」「戻る」といったアクションが必然的に増えますが、こちらはその「進む・戻る」ボタンにこだわったトラックボールです。ちょうど人指し指でアクセスしやすい位置にあり、ボタン感もあるので押し間違いもしにくいです。

またホイールの位置は一般的なマウスと同じ位置で慣れやすく、チルト機能により左右に傾ける事で水平スクロールも可能となっています。dpiの設定を変えることもできるので、好みに合わせた操作感にアレンジしやすいのも良いですね。

5

ELECOM(エレコム) ワイヤレスマウス トラックボール M-XT4DRBK

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 左手用 6ボタン ブラック M-XT4DRBK

接続方法 :USBレシーバー
ボール操作:親指操作
読み取り :光学式
解像度  :750/1500dpi
ボタン数 :5個
電源   :単3乾電池×1本

左利きにオススメな親指操作タイプ!

トラックボールの中には左右対称デザインで利き手関係なく操作できる商品もありますが、必ず左右対称にならない親指タイプは右利き用に作られることがほとんど。その点で、こちらのトラックボールは存在価値の高い商品です。

手の筋肉や骨格を考慮した設計で、手に馴染みやすくフィット感も抜群。手の平から指先まで無理のない角度で滑らかにフィットしてくれます。

また右利きの人にも少なくないニーズがあり、右手でメモ取ったりやお菓子を食べるといった事を「しながら操作」を可能にしてくれるんです。

4

ELECOM(エレコム) トラックボールマウス M-HT1URBK

エレコム トラックボールマウス 有線 大玉 8ボタン チルト機能 ブラック M-HT1URBK

接続方法 :有線
ボール操作:人差し指操作
読み取り :光学式
解像度  :540/1000/1500dpi(切り替え可能)
ボタン数 :8個
電源   :-(電池不要)

低反発パームレストでさらに疲労軽減!

エレコムの大型トラックボールが採用されたトラックボールマウス“HUGE”。

直径52mmの大型ボールが採用された事で、少ない指の動きでより大きなポインター移動を実現してくれるのが大きな魅力です。

トラックボールが大きくなると手への負担が気になりますが、低反発パームレストが搭載され長時間作業もしっかりサポートしてくれますよ。

またポインターの移動速度を500〜1500の3段階で調整できるので、使用用途や好み合わせて切り替えられるのもGOOD。指の置き場所とボタン位置も近いので、操作性の高さもあります。

ただパームレストによりサイズ感が出ているので、置くスペースが狭いという人は気をつけて下さいね。

3

ELECOM(エレコム) ワイヤレスマウストラックボール M-XT3DRBK

エレコム ワイヤレスマウス トラックボール 6ボタン ブラック M-XT3DRBK

接続方法 :USBレシーバー
ボール操作:親指操作
読み取り :光学式
解像度  :750/1500dpi(切り替え可能)
ボタン数 :6個
電源   :単3乾電池×1本

ボタンや解像度をアレンジして自分好みに♪

6位で紹介したエレコムのトラックボールの無線(USBレシーバー)タイプになります。

ポインターの操作感を変える2つのdpiモードや好きな機能を割り当てられるカスタマイズボタンが搭載され、しっかり自分好みにアレンジできます。使いこなせば満足度の高いトラックボールになる事間違いなし!

また男性でも安心して手を乗せられるゆったりとしたサイズの本体は、6つの指の骨や筋肉により形状設計されていて包み込まれるようなホールド力があります。

ホイールの位置も慣れた先端中央部にあり、トラックボール初心者の方でもチャレンジしやすいタイプです!

2

Logicool(ロジクール) ワイヤレストラックボール MX ERGO

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応

接続方法 :Bluetooth・USBレシーバー(Unifying対応)
ボール操作:親指操作
読み取り :光学式(オプティカル)
解像度  :320〜440dpi
ボタン数 :8個
電源   :充電式

ロジクールのハイエンドモデル「MX ERGO」

ロジクールが2017年にリリースしたハイエンドトラックボール・MX ERGO。

接続は無線となりBluetoothとUSBレシーバ(Unifying)に両対応、様々な機器への接続を可能にしています。

そして最大の特徴は、手や腕に優しい事。手のひらに合わせた曲線美なデザインは、一般的なマウスに比べ筋緊張を20%も軽減させると言われ、とにかく"のせ心地"が抜群。手の平から指先までしなやかに無理のない角度でフィットしてくれます。

さらに、着脱可能なメタルプレートにより横方向に対して傾斜(0°/20°)を付けられるので、体圧を外に逃げやすくしたり、逆に水平にして負荷を分散するといった事も出来るんです。

価格は高いですが、デザイン・操作感・機能性全てに優れたトラックボールです!

1

LOGICOOL(ロジクール) ワイヤレストラックボール M570t

接続方法 :USBレシーバー(Unifying対応)
ボール操作:親指操作
読み取り :レーザー式
解像度  :540dpi
ボタン数 :6個
電源   :単3乾電池×1本

圧倒的な人気を誇る最強トラックボール!

トラックボールの中では頭一つ抜けた人気を誇るロジクールのM570t。

手を乗せた時に安定感のあるフォルムで、滑らかな曲線フォルムにより乗せ心地も抜群。長時間使っても疲労感が少ないモデルです。

また先端中央にホイール、その左右にクリックボタンというマウスに馴染んだ人でも乗り換えやすい設計なのも嬉しいですね。これからトラックボールを使いたいという人には間違いのないトラックボールと言えるでしょう。

加えて、単3乾電池1本で最大18ヶ月使用できるというのも見逃せないポイント。ボタンのカスタマイズやポインタースピードの調整も可能で、使い込んでいくほどに良さを実感できますよ。

トラックボール選びに悩むなら、まず最有力候補にしてほしい商品です!

まとめ

今回は、トラックボールに注目して厳選アイテムをご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

ポインティングデバイスのシェアで言えば圧倒的にマウスの方が高いですが、使いこなせば別世界が待っていると言っても過言ではないので、ぜひ気になったトラックボールをチェックしてみてくださいね!