Bluetooth対応トラックボールマウスの人気おすすめランキング3選

据え置きで使うことが多いトラックボールですが、中には持ち運びながら使いたい人や複数の端末を操作したいという人もいますよね。そんな時には無線接続できるBluetooth対応のトラックボールが便利です。またUSB-Cポートのみ対応のMacBookユーザーにもありがたい存在です。
そこで今回はBluetooth対応のトラックボールについて選び方とオススメ3商品をご紹介致します。

Bluetooth対応トラックボールの選び方

ポインターを操作するデバイスとしてはマウスの方が一般的ですが、使いこなせば圧倒的に楽になるトラックボール。腱鞘炎などで負担をできるだけ軽減したい方やコアなユーザーには根強い人気がありますよね。

トラックボール自体は商品数が多いという訳ではないので、選び方のポイントを押さえておけばチャレンジしやすい商品とも言えます。Bluetooth対応タイプはなおさら商品数が少く、要点が分かっていれば選びやすいですよ。まずは簡単に選び方をチェックしていきましょう!

ボールポジションから選ぶ

トラックボールのボール位置には大きく3種類があります。まずそれぞれの違いを理解しておきましょう。

親指タイプ

ボールを親指で操作するタイプになります。操作感が最もマウスに近いので、マウスから切り替える人が最初に使うタイプとしてもオススメです。親指はコントロールが利きやすいので、ボールの微妙な転がしも思い通りにしやすいですよ。

ただ一気にポインターを動かしたい時には、少し窮屈感があるかもしれません。

人差し指タイプ

人差し指または中指を使ってボールを操作していきます。

親指よりも大きく動かせるのでポインターの移動量が多いという人にも負担の少ないタイプです。また、ボールの位置が手と正対するので、より直感的に操作しやすくなっています。

親指タイプに比べ、ボタン配置の関係からマウスとの操作感の違いは大きくなりますが、トラックボール初心者でも使い始めやすいタイプと言えるでしょう。

手のひらタイプ

本体中心部にボールが配置されていて、手のひらや指先全体を使ってボールを操作します。

形状的にマウスの原形がなく、操作感も全く異なるので、特に最初は馴染みにくいかもしれません。慣れるとボールを自在に転がしやすいので、細かな動きから大きな動きまで様々なコントロールがしやすくなります。

ボタン配置やボタン数をチェック

トラックボールのボタン数は商品によって異なります。特にトラックボールで出来るだけ操作を完結したいという人は、ボタン数の多いタイプがオススメです。

よく使う操作をボタンに割り当てることが出来るので、例えば「enter」を割り当てれば何かを確定する時に右手をトラックボールから離すことなく操作出来ます。

またボタンの配置も異なるので、自分が押しやすいと感じる位置にボタンがあるかどうかも重要です。

手に合った大きさや形状

トラックボールは形状や大きさが商品によってそれなりに異なってきます。

据え置きで使うならフィット感重視で、手に合わせて大きめタイプを選ぶのがオススメ。また持ち運びながら使う場合は、携帯性を重視してコンパクトタイプを選ぶようにしましょう。

Bluetooth対応トラックボールのおすすめ3選

それでは、Bluetooth対応トラックボールのオススメ3商品をご紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

3

Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP

Kensington ExpertMouse ワイヤレストラックボール K72359JP 【日本語パッケージ】

接続方法 :Bluetooth・USBレシーバー
ボール操作:手のひら操作
読み取り :光学式
解像度  :-
ボタン数 :4個
電源   :単3乾電池×2本

直径55mmの大型ボールでダイナミックなポインター移動が可能!

本体中心部に55mmの大型ボールが設置された手のひらタイプのトラックボール。

ボールが大きくなるとポインターを大きく動かしやすいので、大画面で使う人やポインター移動が多いという人にはぴったりです。またボールの周囲にはスクロール用のリングが配置され、画面スクロールとポインターの移動の合わせ操作も楽チンです。

着脱可能なパームレストで手の負担を軽減

優しく沈み込むクッション性が魅力のパームレストが付いていて、長時間操作でも負担を軽減してくれます。ポインター操作をしない時も手を休められて良いですね。

操作に慣れるまでは大変かもしれませんが、使いこなせれば非常に使い勝手の良いトラックボールです!

2

ナカバヤシ Digio2 Q 極小 トラックボール

Digio2 Q 極小 トラックボール Bluetoothマウス 静音 5ボタン ブルー 48373

接続方法 :Bluetooth
ボール操作:親指操作
読み取り :レーザー式
解像度  :450〜1200dpi
ボタン数 :5個
電源   :単4乾電池×2本

持ち運びやすいコンパクト&軽量タイプ!

ナカバヤシが手がけたコンパクト&軽量が特徴のBluetooth対応トラックボール。

ポケットやカバンに収納しやすいコンパクトなサイズで重さは105gと非常に軽量な設計になっています。持ち運びメインの人はもちろん、手の小さな人でもフィットしやすいタイプですね。ボール直径は34mmとこちらも小型になっています。

加えて全てのボタンの静音性が高められているので、周囲が静かな図書館や隣席に人がいるカフェでも作業しやすいのが嬉しいポイント。

またポインター速度には「お任せモード(450〜1200dpi)」と「固定モード(600dpi)」があり、用途に合わせて切り替えられるのも魅力的。約21ヶ月電池交換が不要(メーカー計測)という省エネぶりも良いですね。

MacBookなどノートパソコンと合わせて外出先で使うなら一押しのトラックボールです!

1

Logicool(ロジクール) ワイヤレストラックボール MX ERGO

Logicool ロジクール MXTB1s bluetooth ワイヤレス トラックボール MX ERGO Windows,Mac対応

接続方法 :Bluetooth・USBレシーバー(Unifying対応)
ボール操作:親指操作
読み取り :光学式(オプティカル)
解像度  :320〜440dpi
ボタン数 :8個
電源   :充電式

Bluetooth対応トラックボールの最高峰!

ロジクールから2017年に発売されたBluetooth対応トラックボール・MX ERGO。

こちらはハイエンドモデルになっていて、無線接続はBluetoothとUSBレシーバー(Unifying)のどちらでも対応可能です。

ユニークなポイントとしては外側に対して傾斜(20°)をつけられるようになっている点で、腕がより自然な角度になります。筋緊張が20%軽減出来ると言われ、深夜作業や長時間の使用でも身体への負担を抑えてくれます。

また手のひら全体で気持ちよく掴んでいる感覚のあるフィット感は、一度触れると手放せない心地よさですよ。さらに1分充電するだけで約8時間使用できる高速充電にも対応し、万が一予期しない充電切れが発生してもその場をしのげます。

価格は高いですが、商品ラインナップの少ないBluetoothトラックボールの中では貴重すぎる高機能商品です!

まとめ

今回は、Bluetooth対応トラックボールをピックアップしてみましたが、いかがでしたでしょうか?

まだ商品数が少ないのでご紹介できるアイテム数にも限りがありますが、特にUSB-CポートしかないMacBookユーザーや移動先での利用が多い人には需要があります。全体的に価格は高めですが、しっかりチェックして満足感の高いトラックボールを選んでくださいね!