ワイヤレスも!テンキーの人気おすすめランキング6選【2018最新】

デスクのスペースを考えてテンキーレスキーボードを使っているという方も少なくないと思いますが、execlなどで数字入力が多い作業時は外付けのテンキーがあると便利。タイピングしやすく、作業効率を飛躍的に高める事が出来ますよ。Bluetooth接続でワイヤレスになったタイプも多くあります。
そこで今回は、テンキーの選び方を簡単に解説した上で、おすすめの6商品をランキング形式でご紹介していきます。

テンキーとは?

テンキーとは数字入力専用のキーのことで、0〜9までの10個のキーがあることで"テンキー"と呼ばれています。

文字入力に使用するキーボードの中にはテンキーがないタイプが有り、これはサイズがコンパクトになる分、よりデスク上を省スペースに使えます。ただ数字入力作業が多いという方には、テンキーがとっても便利。テンキーレスキーボードでも外付けでテンキーを追加する事が出来るんですよ。

また、有線タイプと無線(Bluetoothや専用レシーバーで接続)タイプがあり、USBのポートを増やせるUSBハブが付いているようなものまであります。

テンキーの選び方

ここからはテンキーの選び方についてご紹介していきます。種類も多いのでしっかりポイントを押さえて満足できるテンキーを見つけてくださいね!

有線と無線を選ぼう!

テンキーには、有線タイプと無線タイプがあります。ここではそれぞれの特徴を簡単に解説していきます。

有線タイプ

携帯性よりも使用感を重視したいという方におすすめなのが有線タイプのテンキー。

操作先端末との接続が非常に安定するので、ストレスなくキー入力が可能です。また電池が不要という点も有線タイプのメリット。充電や電池交換を考える必要なく使えます。

無線タイプ

持ち運びメインの方やUSBポートがない端末の操作に使いたいという方にオススメなのが無線タイプ。コードがないので携帯性が高く、気軽に持ち運べます。デスクで使えば見た目もスッキリとしますよ。

また無線タイプには、Bluetooth接続によるものと専用の受信レシーバーを操作先端末のUSBポートに挿し込んで使用するタイプがあります。USBポートがないタブレット端末などで利用する際は、Bluetooth接続式を選ぶようにしてくださいね。

キーボードと合ったキーピッチ

キーピッチとは、隣り合うキーの中心同士の距離を示すものです。

キーボードとテンキーのキーピッチを合わせておいた方が、いつもの慣れた感覚でタイピングしやすいですよ。テンキーを選ぶ際は、キーボードのキーピッチも確認してみて下さいね。

USBポートを埋めたくない人はUSBハブ付きを選ぼう!

有線のテンキーや専用レシーバーを使って接続する無線のテンキーの場合、本体端末のUSBポートを1つ使ってしまう事になります。

キーボードやマウスも有線でUSBポートを使う場合、3個のUSBポートが埋まるという事に。本体端末のUSBポートを全て使ってしまう事にもなりかねません。

そこで便利なのがUSBハブ付きのテンキーです。USBポート数を増やせるので、USBポートを埋めたくないという方は、必要に応じてUSBハブのあるものを選びましょう!

NumLock非連動がオススメ!

テンキーの利用目的のほとんどは数字入力だと思いますが、テンキーで数字入力する場合はNumLockをONにする必要があります。

この時にNumLockがキーボードとテンキーで連動しているとキーボードもNumLockがONになります。その場合に一部のテンキーレスキーボードでは、キーボードの一部のキーがテンキーとして使われ、キー入力に不具合が出てしまいます。

NumLock非連動タイプであれば、テンキーのNumLockをONにしてもキーボードはONになりません。

意図的にNumLock連動型を選ぶという場合を除いて、基本的にはNumLock非連動タイプを選ぶようにして下さいね。

対応機種やOSを確認しておく

テンキーは商品によって対応できるOSや機種が異なります。操作したい端末にテンキーが対応しているのかどうかは購入前に必ず確認するようにしましょう。

キーボード選びの基礎的なポイントをチェック

テンキーに関わらず、キーボード選びで理解しておきたいのが、メカニカル式・メンブレン式といったキースイッチやキーピッチ、キーストロークなどです。

以下の記事では、そういったキーボード選びのポイントを網羅的にわかりやすく解説しているので、よりしっかりと理解しておきたい方はぜひチェックしてみて下さい。理解を深めることで、自信を持って選べるようになるはずですよ!

関連記事

徹底比較!最強キーボードの人気おすすめランキング10選【2018最新】

私たちの日常生活では必要不可欠となったパソコンやタブレット。文字を入力する際には必ず必要になるキーボードですが、あなたはどのように選んでいますか?有線・無線(ワイヤレス)の違いの他に、キー配列や打鍵音、テンキーの有無など本当に様々なポイントがあるんですよ。そこで今回はあなたに合ったキーボードを見つけるために、キーボードの選び方を解説した上で、売れ筋商品の中から特にオススメの10商品をご紹介していきます。

この記事を読む

テンキーの人気おすすめランキング6選

それでは、テンキーのおすすめ6商品を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

6

サンワサプライ

ワイヤレスUSBテンキー

NT-WL20SV

タイプ無線
対応機種Windows10・8.1・8・7の動作するパソコン(USB搭載機種)
キータッチメンブレン
キーピッチ19mm
キーストローク2.9±0.2mm
NumLock非連動

スタイリッシュなワイヤレスタイプ!

キーとキーの間に枠があり、それぞれのキーが独立したアイソレーションタイプのテンキーボード。コードのないワイヤレスタイプということもあり、とってもスタイリッシュなデザインが大きな魅力です。持ち運びする際にも便利ですよ。

有線タイプではないため電池が必要ですが、単4電池1本でOK。家の中でも使うことが多い電池なので、わざわざ用意する必要がないケースも多いのではないでしょうか。

5

DIATEC(ダイヤテック)

FILCO Majestouch TenKeyPad

FKB22MB

タイプ有線
対応機種Microsoft Windows 98/Me/2000/XP/Vistaが動作するパソコン(USB搭載機種)
キータッチメカニカル(茶軸)
キーピッチ19mm
キーストローク4±0.5mm
NumLock非連動

程よい打ち心地のメカニカル式茶軸タイプ!

気持ちの良い打鍵感と「カチャッカチャッ」という軽やかな打鍵音などからヘビーユーザーに人気の高いメカニカル式のテンキー。

メカニカル式の中でもバランスの良い茶軸タイプで、メカニカル式キーボードを使っているという方にはおすすめです。キーストロークは4mmと深めになっていながら接点は2mm押し込んだ位置にあるので、打ち逃しが起きにくく、安定したキー入力が可能。

また「Tabキー」「BackSpaceキー」「00キー」など入力の手間を軽減してくれるキーが搭載され、本格的な数字入力に使えるテンキーです!

4

BUFFALO(バッファロー)

iBUFFALO テンキーボード

BSTK08MSV

タイプ有線
対応機種Apple Mac Bookシリーズ・Power Bookシリーズ・Bookシリーズ(USB搭載機種)
キータッチメカニカル(茶軸)
キーピッチ19mm
キーストローク-
NumLock-

MacBookでの数字入力が多い方におすすめ!

BUFFALO(バッファロー)のMac用テンキーボード。特にテンキーのないMacBookで数字入力作業が多い方におすすめです。

キーピッチはMacBookと同じ19mmで慣れ親しんだ感覚でキー入力可能。デザインもMacの雰囲気に近い仕上がりで違和感なく使えますよ。

またキーには桁数の多い数値入力が楽になる「000」キーなどを搭載。有線タイプのため、USBポートに挿せばすぐに使い始められます。

3

ELECOM(エレコム)

テンキーボード

TK-TCM015

タイプ有線(USBハブ2ポート付き)
対応OSWindows 8.1・RT8.1・7(SP1)・Vista(SP2)
キータッチメンブレン
キーピッチ19mm
キーストローク2.3mm
NumLock非連動

よく使うエクセルや電卓ソフトをワンタッチで起動可能!

エクセル使いに嬉しいエレコムのテンキー。

最大の特徴は、エクセルや電卓、ブラウザをワンタッチで起動できる事。よく使う操作を大幅に時間短縮出来るので、普段の作業がより捗りますよ。

またUSBハブが付いていて2つのUSBポートが追加されるのも便利。スマホや卓上扇風機などUSBから給電するアイテムが多い方でも安心です。

2

サンワサプライ

プログラマブルテンキー

NT-19UH2BK

タイプ有線(USBハブ2ポート付き)
対応機種Windows搭載ノートパソコン(USB2.0対応)
キータッチメンブレン
キーピッチ19mm
キーストローク4.0±0.5mm
NumLock非連動

深めのキーストロークでしっかり押せる打鍵感

サンワサプライの深めなキーストロークが特徴的なテンキー。

浅めのキーストロークよりも"押した感"の強い深めのキーストロークが好みという方にはぴったりです。またUSBハブを搭載しているのも嬉しいポイント。USBポート不足を解消してくれますよ。

さらに、数字入力・カーソルキー入力の他に、割付キー入力という3つの異なるモードを搭載。キーボードのキーを割り当てることが可能なため、よく使うショートカットキーなどをより簡単に使えるようになります。

1

ELECOM(エレコム)

テンキーボード

TK-TCM011BK

タイプ有線(ワイヤレスタイプも有)
対応機種USBポートのあるWindowsパソコン
キータッチメンブレン
キーピッチ19mm
キーストローク2.3mm
NumLock非連動

価格と使い勝手に優れた人気のテンキー!

エレコムの癖のないシンプルなテンキー。

キーピッチ19mmにキーストローク2.3mmという設計は、ノートパソコンを使い慣れた方なら違和感の少ない仕様で、慣れ親しんだ感覚でキー入力が可能。Excel作業に便利な「Tabキー」や「00キー」を搭載し、入力作業もしっかりサポートしてくれます。

また今回紹介したテンキーの中では最もリーズナブルな価格で、コスパの面でも非常に優秀。シンプルがゆえに使い勝手が良く、多くの方にオススメできるテンキーです!

おすすめテンキーの比較表

商品画像商品名紹介文タイプ対応機種キータッチキーピッチキーストロークNumLock商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

ELECOM(エレコム)

テンキーボード

価格と使い勝手に優れた人気のテンキー!有線(ワイヤレスタイプも有)USBポートのあるWindowsパソコンメンブレン19mm 2.3mm非連動

2

2位のアイテムの商品画像

サンワサプライ

プログラマブルテンキー

深めのキーストロークでしっかり押せる打鍵感有線(USBハブ2ポート付き)Windows搭載ノートパソコン(USB2.0対応)メンブレン19mm 4.0±0.5mm非連動

3

3位のアイテムの商品画像

ELECOM(エレコム)

テンキーボード

よく使うエクセルや電卓ソフトをワンタッチで起動可能!有線(USBハブ2ポート付き)Windows 8.1・RT8.1・7(SP1)・Vista(SP2)メンブレン19mm 2.3mm非連動

4

4位のアイテムの商品画像

BUFFALO(バッファロー)

iBUFFALO テンキーボード

MacBookでの数字入力が多い方におすすめ!有線Apple Mac Bookシリーズ・Power Bookシリーズ・Bookシリーズ(USB搭載機種)メカニカル(茶軸)19mm --

5

5位のアイテムの商品画像

DIATEC(ダイヤテック)

FILCO Majestouch TenKeyPad

程よい打ち心地のメカニカル式茶軸タイプ!有線Microsoft Windows 98/Me/2000/XP/Vistaが動作するパソコン(USB搭載機種)メカニカル(茶軸)19mm 4±0.5mm非連動

6

6位のアイテムの商品画像

サンワサプライ

ワイヤレスUSBテンキー

スタイリッシュなワイヤレスタイプ!無線Windows10・8.1・8・7の動作するパソコン(USB搭載機種)メンブレン19mm 2.9±0.2mm非連動

まとめ

今回は、テンキーを厳選してご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

有線・無線やNumLock非連動、USBハブなどご紹介したポイントを押さえた上で、ぜひあなたにぴったりなテンキーを選んでくださいね!

キー入力のストレスが無くなり、作業も効率的になるので、良いこと尽くめですよ♪

関連キーワード