Androidで使える自撮り棒の人気おすすめランキング5選

スマホが登場してからというもの自撮りはとっても身近なものになりましたよね。カメラ性能の向上や加工アプリの登場で楽しみ方も広がりました。ただアングルに納得いかない、被写体がフレームに収まりきらないといった事はありませんか?そこで便利なのが自撮り棒です。三脚付きやLEDライト付きのものもあり、さらに本格的な自撮りが楽しめますよ。今回はAndroid端末で使える自撮り棒の厳選オススメ5商品をご紹介致します。

Android対応自撮り棒の選び方

自撮りをもっと楽しむためには欠かせないアイテム・自撮り棒。まず最初に選び方のポイントを少し解説していきます。ぜひ購入前にチェックしてみて下さい。

シャッタータイプを選ぶ!

自撮り棒には「有線タイプ」と「無線タイプ」があり、さらに無線タイプの中にもリモコン付きのものと無しのものがあります。

イヤホンジャックにコードを挿し込んで使用する有線タイプとリモコン無しの無線タイプは、自撮り棒本体にシャッターボタンが付いています。

ただ無線タイプの場合は、初期設定をしてAndroid端末と自撮り棒をペアリングさせる必要があるので、慣れていない人は少し気をつけて下さい。

一方、リモコン有りの場合、最大10m程度離れた場所からでもリモコンによってシャッターを切る事が可能です。主に三脚付きの自撮り棒はこのタイプになっています。

有線・無線(リモコン有り・リモコン無し)の中からタイプを選んでみましょう。

携帯性と機能性から選ぶ

自撮り棒を選ぶ時に意識してチェックしたいのが携帯性と撮影時の使い勝手です。

持ち運ぶ事が多くなるので、その点ではコンパクト&軽量なタイプが便利です。

また撮影時の使い勝手という点では、グリップ部分の持ちやすさや自撮り棒を伸ばした時の長さ、先端ホルダー部分のアングル調整が重要です。特にアングル調整(左右・上下への回転)がしっかり出来た方が満足度の高い自撮りができますよ。

動画撮影や遠目からの撮影ができる!三脚付き

大人数での自撮りではフレームに被写体が収まりきらない事もあります。そんな時に三脚があれば少し離れた場所から撮影できて便利ですよ。

また固定アングルから動画撮影をしたい場合にも三脚が便利。スポーツやトレーニングなどの成果チェックに動画を撮影する人も多いですよね。

最近は三脚付きの自撮り棒も多いので、ぜひチェックしてみて下さい。

ストラップ付きなら落としにくい

自撮り棒を持って自撮りに夢中になっていると、不意に手を滑らせてしまう事もあるかもしれません。もちろん先端に設置しているスマホは地面に叩きつけられることになります。

そういった事を防ぐために、自撮り中はストラップを手首にかけておくと安心。万が一の時も落下防止に繋がります。

対応機種をチェック

Android端末は、iPhoneと異なりメーカーが様々なので、シャッターの仕様が機種によって異なります。

対応しているAndroidのOSや機種が明記されているものも多いので、事前にしっかりと確認しておきましょう。

Android対応自撮り棒の人気おすすめランキング5選

それではAndroid対応自撮り棒のおすすめ5商品を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

SIDARDOE 自撮り棒 三脚付き

SIDARDOE 自撮り棒 セルカ棒 Bluetooth無線 三脚 リモコン 自撮り補助ライト バックミラー付き 補助光機能付き 360度回転 iPhone/Android対応

タイプ:無線シャッター(リモコンあり)
長さ :18〜81cm
重さ :142g
三脚 :○
対応機種:幅5〜8cm・Android4.2以降の機種
その他 :3段階調光可能なLEDライト・バックミラー搭載

女子に嬉しいLEDライト&バックミラー付き!

自撮り棒の先端に3段階の明るさ調整が可能なLEDライトとバックミラーが搭載された自撮り棒。暗い場所でもライトで照らせ、綺麗な自撮りが撮れるのが嬉しいポイント。バックミラーを使えば、より画質の高いアウトカメラでの自撮りも可能になります。

また折りたたむと18cmというコンパクトサイズになり、重量も142gと軽いです。持ち運びに苦労する事もなさそうですね。

自撮りをより楽しくさせてくれる機能が充実した自撮り棒です!

4

LENDOO 自撮り棒 三脚付き

LENDOO 自撮り棒 Bluetooth シャッターボタン・三脚付き iPhone Android アクションカメラ GoPro 対応

タイプ:無線シャッター(リモコンあり)
長さ :18.4〜85cm
重さ :180g
三脚 :○
対応機種:幅5〜8cm・Android4.2以降の機種
その他 :-

スマホからGoproまで対応出来る!

Android端末はもちろん、Goproや1/4ネジ穴のカメラに対応出来るのが魅力的なLENDOOの自撮り棒。普段はAndroidメインで使いながら、アウトドアなどではGoproを使った固定アングルでの動画撮影なども楽しめちゃいますよ。

自撮り棒のポール部分は軽くて丈夫なアルミ合金製で、最長85cmまで伸ばしてもしっかり安定してくれます。ブレにくいので自撮りしやすいのが嬉しいポイントです。

ただリモコンのシャッターボタンはAndroid・iPhoneのみの対応。デジカメなどを利用する際は使用出来ないので、気を付けて下さいね。

3

Bodyguard 自撮り棒 iPhone/Android対応

Bodyguard 自撮り棒 スマホ セルカ棒 Bluetoothリモコン ライトニング接続 兼用 三脚付 360度回転 iPhone/Android対応

タイプ:有線・無線シャッター(リモコンあり)
長さ :25〜95cm
重さ :138g
三脚 :○
対応機種:幅5.4〜8.5cmのAndroid
その他 :バックミラーあり

有線・無線両対応の自撮り棒!

イヤホンジャックにコードを挿し込んで使う有線タイプとBluetoothによる無線接続のどちらでも対応出来るのが特徴的なBodyguardの自撮り棒。

すぐに自撮りしたい時はイヤホンジャックに挿すだけで使える有線接続が便利ですし、三脚を使った撮影をするならリモコンを使える無線接続が便利。使用シーンに合わせて使い分けられるのが良いですね。

またバックミラーが付いているのでアウトカメラを使った自撮りもできますよ。インカメラよりも画質が向上するので、思い出の一枚がより綺麗に撮れるかもしれません♪

2

TaoTronics セルフィースティック TT-ST001

自撮り棒 TaoTronics セルフィースティック Android iPhoneスマートフォン対応 【高級版】 【一年間の安心保証】 TT-ST001

タイプ:無線シャッター
長さ :約19〜77cm
重さ :約120g
三脚 :×
対応機種:幅5.6〜8.5cmのAndroid
その他 :USB充電ケーブル付き
※作動しない場合「SelfieCam」アプリをDLする事で使用可能。

TaoTronicsの人気自撮り棒・TT-SH10の強化版!

数ある自撮り棒の中でも人気の高いTaoTronicsの自撮り棒。TT-SH10が最も有名ですが、こちらはその強化版になっています。

長さが少しコンパクトになっていますが、重量120gという驚きの軽さで持ち運びが楽チン。さらに高級感のあるマットブラックデザインのポール部分には、宇宙技術にも採用された超軽量アルミニウム合金が採用され、軽さと強度が向上。伸ばしてもしなりにくく、伸縮自体もスムーズになっています。

またスマホのホルダー部分はシリコンが使われているので、スマホを傷める事もなく、ハンドル部分はゴム製の滑り止めが採用され、しっかりグリップ出来ます。

ただ価格が少し上がっているので、もし値段重視で選びたい場合は、TT-SH10(Amazon楽天)をチェックしてみて下さい!

1

M-Toro 自撮り棒 YT-9928

M-Toro 自撮り棒 Bluetooth セルカ棒 無線 軽量 シャッターボタン 三脚付き 360度回転 (ブラック)

タイプ:無線シャッター(分離式リモコンあり)
長さ :20〜100cm(6段階伸縮)
重さ :235g
三脚 :○
対応機種:幅5〜8.5cm・Android4.3以降の機種
その他 :ズーム機能あり
※一部のAndroid機種ではカメラの初期設定が必要。

充実の機能で写真フォルダが自撮り写真で溢れる!?

Amazonの自撮り棒部門でベストセラー1位に輝いた実績を持つM-Toroの人気自撮り棒。

充実した機能が搭載されていて、様々なシーンで自撮りをより楽しめるのが大きな魅力です。伸縮ポールは最小20cm〜最大1mまでしっかり伸ばせて、先端のホルダー部分は左右360度・前後180度のアングル調整が可能。どんなシーンでもベストショットが撮りやすいですよ。

さらにチルト機能でスマホを縦にした状態でも撮影出来るので、背景やシーンによって横画面と縦画面を使い分けられるのもGOOD。Androidの一部端末ではリモコンからのズームイン・ズームアウトも可能で、三脚を使った撮影時も離れた位置から画角調整が手軽に行えます。

また自撮り棒と三脚の切り替えが手軽なのも魅力的で、ハンドル部分を傘のように開くことでそのまま三脚になる一体構造になっています。

非常に対応力が高い自撮り棒で、多くの方にオススメしたいアイテムです!

まとめ

今回は、Androidで使える自撮り棒をピックアップしてみましたが、いかがでしたか?

普段から自撮りを楽しんでいる人でも自撮り棒を利用することで、さらに満足度の高い自撮りが出来るようになりますよ。お気に入りの自撮り棒を見つけて、ぜひ旅行や観光、毎日の自撮り写真を充実させて下さいね!

パソコン・スマホの人気ランキング