浴室掃除に!バスブラシの人気おすすめランキング5選【スポンジタイプも】

浴室・浴槽の掃除をする時に必要不可欠なバスブラシですが、スポンジタイプや天井なども綺麗にできる伸縮タイプ、また細かいところを掃除しやすいハンディタイプなど種類は様々。さらに無印やダイソーなどの100均一などでもおしゃれでかわいいものがたくさん販売されているので、どれが良いのか迷ってしまいますね。そこで今回は、バスブラシの選び方や使い方について解説し、人気おすすめ商品5選を紹介致します。

バスブラシの選び方

お風呂場のお掃除道具といえばバスブラシですね。色々と種類があるので、用途に合ったものを選ぶことが重要です。

浴槽の中、天井、ドアの冊子部分のような細かい場所など、掃除したい場所によっても選び方は変わってくるので適切なものを探していきましょう。

それでは選び方を紹介していきたいと思います!

用途に合わせて種類を選ぶ

浴室掃除バスブラシには「ブラシタイプ」と「スポンジタイプ」の2種類があります。

それぞれの特徴を生かすため、利用シーンに合わせて使い分けることがポイントになります。

凸凹のある細かい場所にはブラシタイプ

ドアの冊子や排水口周り、また凸凹がある場所の隙間など、手の届きにくい所の掃除に適しているのがブラシタイプです。硬めのブラシが隙間に入り込み、歯磨きの要領でゴシゴシ綺麗にしてくれます。

ただし、浴槽の中などツルツルした広い面には向いていないので覚えておきましょう。

"面" を広範囲で綺麗にできるスポンジタイプ

ツルツルした壁や、浴槽など基本的に凹凸のない所をお掃除できるのがスポンジタイプの魅力です。持ちやすくて、槽アカや水アカなどの汚れをサッと落とせるので気軽に使えますよ。

また落ちにくい頑固な汚れは強くこすったりして、加減を調節できるので幅広い用途に活躍してくれるところが◎。

ただし凹凸のある部分には不向きですので、ブラシと併用することで隅々まで綺麗にできますよ!

掃除場所に合わせてサイズを選ぶ

浴室の大きさにも関係しますが、掃除する場所によって大きさも考えて選ぶことをおすすめします。基本的に浴槽や平たい壁の掃除をする際は、大き目のスポンジがGOOD。大きい面で一気に綺麗にできるので、時間も疲労も軽減できます。

また、ブラシは主に細かい場所に使用することが多いのでそこまで気にしなくても大丈夫ですが、床を掃除する時にはなるべく大きいブラシをおすすめします。小さなブラシで床をゴシゴシするのは時間もかかりますし、腰にも負担がかかってしまうので気をつけましょう。

伸縮タイプかハンディタイプを選ぶ

バスブラシ・バススポンジには、短いハンディタイプと長さを変えられる伸縮タイプが存在します。例えばハンディタイプは力が伝わりやすいので、目の前の汚れをしっかりゴシゴシできるところが魅力。一方、伸縮タイプの強みは壁の高い部分や天井など、手の届きにくい場所を掃除できるところです。

使用用途を考えて選んでみて下さいね!また、ヘッド部分を交換してブラシとスポンジを使い分けられる2in1タイプもあるので、気になる方は要チェック。

収納しやすいものを選ぶ

バスブラシを使った後どこに収納するのかも考えておきましょう。買った後に掃除はできたけど収納場所がなくて邪魔・・・とならないようにしたいですよね。

また清潔に保つためにも通気性がよく、乾燥させやすいものがおすすめです。

フック穴が付いていたり、タオルハンガーにかけられるもの、また吸盤などで壁に取り付けられるものなどがあるので、購入前にはよく考えて選びましょうね!

バスブラシの人気おすすめランキング5選

それでは、バスブラシの人気おすすめランキング5選を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

レック 激落ち バスクリーナー

レック 激落ち バスクリーナー マイクロ&ネット ( バススポンジ 風呂スポンジ )

タイプ:スポンジ
サイズ:(約)縦8.5×横4.8cm
収納 :フック紐付き

2in1の激落ちくんスポンジで浴槽ピッカピカ!

レックの「激落ち・バスクリーナー」

洗剤を使わなくてもヌメリ・水アカをスッキリ綺麗にできるスポンジタイプのバスクリーナーです。

魅力は裏面がポリエステルネット、表面はマイクロファイバーの2WAYタイプなところ!水だけで掃除する時には表面、洗剤を使って頑固な汚れを落とす時は裏面、と使い分けられるんです。

また超極細繊維を使用しているので、毎日こまめにお掃除している方であれば表面だけで綺麗に保てますよ。たまに洗剤を使ってあげると尚良し!

さらに収納にはフックに通す紐がついているので、吊るしておくことが可能。通気性の良いところにかけておくとカビの心配もありませんね。

機能的なスポンジタイプのバスクリーナーをお探しの方に是非おすすめです。

4

山崎産業 バスボンくん

バスボンくん すき間スッキリクリーナー グリーン

タイプ:スポンジ
サイズ:(約)9×3.3×29cm
収納 :フック付き

手強い隙間汚れは "バスボンくん" にお任せ!

山崎産業の「バスボンくん」

こちらはアミ目繊維が隙間の汚れをしっかり落とす、コンパクトサイズの "バスボン" くんです。

排水口やドアの溝をはじめとする細かく掃除しづらい場所に最適。普段気づきにくいところほど汚くなっているので、スッキリ綺麗にしてあげましょう。

また柔らかく細かい網目繊維なので、優しく隙間のヌメリや石鹸カス汚れをキャッチし、シリコンコーティングしているようなドアの冊子なども傷つけてしまう心配はありません!

普段なかなか掃除できない隙間を綺麗にしたい方は、是非こちらのバスボンくんに頼ってみて下さい♪

3

オーエ QQQ フッキングスポンジ

タイプ:スポンジ
サイズ:(約)縦17.5×横8.7×高さ3.7cm
収納 :フック付き

手軽にササッと使えるフッキングスポンジ!

オーエの「QQQ・フッキングスポンジ」

やや大きめサイズでお掃除ラクラクなフッキングスポンジです。手すりやタオルハンガーに掛けておくだけなので、とっても楽チン。

また、面積の大きいスポンジなので、浴槽のお掃除にかかる時間や疲労が少なくてすむところが◎!効率よく綺麗にできますね。

さらにスポンジが汚れていることが一目でわかるホワイトカラーなところも清潔に保てるポイント。綺麗にするスポンジが汚いままという状況を避けられます。

浴室内にタオルハンガーがある方は、そこに掛けておくといつでも手軽にサッと使えるので便利ですよ。キレイな掃除道具で素敵な浴室にしましょうね。

2

山崎産業 ユニットバスボンくん

ユニットバスボンくん お風呂ラクラククリーナー 抗菌 ホワイト

タイプ:網目繊維
サイズ:(約)縦8.5×横4.8cm
収納 :吊り下げ穴付き

フサフサ繊維が隅々までお掃除!

山崎産業の「ユニットバスボンくん」

ふわふわの網目繊維がさっと撫でるだけでヌメリ・石鹸カス汚れなどを綺麗に落としてくれる "ユニットバスボンくん" です。

特徴は浴槽や浴室のコーナーにぴったりフィットしやすい円形ヘッドを採用している上に、最短50cm〜最長73cmまで長さの調節ができるところ。

ジャグジー周りや浴槽はもちろん、壁の高い部分や天井の隅なんかもお掃除できちゃいます。小柄な方や女性には嬉しいポイントですね。

また、抗菌加工が施されているので清潔に保つことが可能。口コミでは "高いところも難なく届く!お風呂掃除が一気に楽になりました。買って大正解です(*^^*)" と大好評です。

低い場所から高い場所まで楽にお掃除したい方は是非おすすめします。今までほったらかしていた天井部分も綺麗になりますよ♪

1

3M スコッチブライト おふろブラシ

スコッチブライト おふろブラシ ハンディブラシ S バスシャイン B-552

タイプ:ブラシ (スポンジに取り替え可能)
サイズ:ー
収納 :ー

ヘッド交換できてブラシ&スポンジ自由自在!

3Mの「スコッチブライト・お風呂ブラシ」

こちらはハンディタイプのお風呂ブラシです。力の込めやすいラバーグリップを使用し、硬めなブラシが隙間に入り込んでこびり付いた汚れをかき出してくれます。

また、ブラシの毛が開いて使えなくなってきたらヘッド交換ができるところも魅力。さらに別売りのスポンジヘッドもあるので、ブラシとスポンジ両方が1本で使えて経済的な商品です。

つまみを押さえてスライドさせるだけで外れるので取り替えは非常に簡単ですよ。隙間汚れはブラシで、バスチェアや洗面器、浴槽などの平面部分はスポンジで使い分けてみてはいかがでしょう!

ハンディタイプなので収納にも場所を取らないおすすめな商品です。

まとめ

今回は、バスブラシの人気おすすめ商品をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか?

お風呂場の掃除には必ず必要になってくるバスブラシ。ご自宅の浴室や使用用途に合う最適な商品で、いつでも綺麗で清潔なお風呂場にしましょう♪

買い物の人気ランキング