フローリングワイパーの人気おすすめランキング5選【シート付きも!】

フローリングのホコリや汚れを手軽にお掃除できる便利なフローリングワイパー。最も聞き覚えのあるものと言えばクイックルワイパーではないでしょうか?しかし、その他にもスコッチブライトやアズマ工業などのメーカーからも数多く販売されているんです。またキャンドゥなどの100均や無印などでも購入できるのでどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。そこで今回は、フローリングワイパーの選び方と人気おすすめ商品を紹介致します。

※このボタンを押すと厳選したオススメ5商品の紹介まで一気に飛びます。既に商品に詳しい方はご利用下さい。

ヘッドのサイズで選ぶ

ほとんどのヘッドは市販されている家庭用シートに対応できるようになっていますが、商品によって多少ヘッドサイズに違いがあります。ヘッドの面積が少しでも大きい方がスペースの広い部屋を掃除する時には便利になり、逆に面積が小さいヘッドだと、トイレやイスの足まわりのような細かい場所を掃除する時には小回りが利くので扱いやすいと言えます。

また、業務用サイズになると非常に大きなヘッドとなりますが、家庭用として販売されているシートは使えないので注意して下さいね。

柄のタイプで選ぶ

フローリングワイパーを選ぶ時には柄のタイプもチェックしておきましょう。大きく分けて「伸縮タイプ」「ジョイントタイプ」「1本柄タイプ」の3つがあります。それぞれの特徴を理解して自分に合った柄を選んで下さい!

伸縮タイプ

伸縮タイプの特徴は長さを自由に変えられるところ。段階的に引き伸ばして調節するものと、好きな長さに微調節できるものがあります。微調節するものは柄の間にある繋ぎ目をクルクルと回して緩め、引き伸ばしたり縮めたりした後、締めて固定します。細かく好みの長さに合わせられるところが魅力ですね。

しかし、使っていく内に繋ぎ目が緩んで勝手に縮んだり、力を入れて拭き掃除をしていると曲がってしまう可能性も。力の入れすぎに注意したり、定期的に緩んでいないかチェックしておきましょう。

ジョイントタイプ

ジョイントタイプは柄が数本のパイプに分かれているので、本数を変えることで長さの調節を行います。1本で使用すればハンディタイプとしても使用出来ますよ。また使用している時に緩んでしまう心配がないところも◎。

ただし完全に好みの長さに微調節することは出来ないので覚えておきましょう。さらに、伸縮タイプ同様に力を入れすぎると曲がったり折れたりする可能性もあるので、注意して使用して下さいね。

1本柄タイプ

こちらは長さ調節が出来ないシンプルな1本柄タイプになります。特徴は丈夫でしっかりとしているところ。力を込めて拭き掃除がしやすい上に、繋ぎ目が曲がったり勝手に縮む心配もありません。

ただし、短くコンパクトに出来ないので収納場所の確保だけは忘れずに!

ヘッド裏の形状をチェック!

フローリングワイパーのヘッド裏の形状は商品によって様々。平らでシンプルなものから凹凸のある立体的なものまであります。立体的なものだとゴミやホコリ、髪の毛などをしっかりキャッチしやすいというのがメリットです。

ゴミを逃さず効率的に拭き取ることを考えると凹凸形状のものがおすすめなので、購入前には確認しておきましょう。

グリップと柄の最上部もチェック!

グリップが握りやすい形状かどうかも確認しておくことをおすすめします。細すぎると握りにくく疲れやすいので、グリップが柄の部分より太くなっているかなどを意識して選んでみて下さいね。

また柄の最上部にフック穴が付いているものもあり、吊るして収納出来るので便利です。さらに壁に立てかける際、倒れにくいようにゴム製になっているものもあるので、快適に使用できる商品をお探しでしたらチェックしてみてはいかがでしょうか?

フローリングワイパーの人気おすすめランキング5選

それでは、フローリングワイパーの人気おすすめ商品5選を紹介致します。

※商品価格は時期により変動する可能性があります。購入前に必ずご自身で確認をお願い致します。
※売り切れの場合もあります。予めご了承ください。

5

Swiffer(スイッファー)

フロアワイパー スターターキット

サイズ幅12.3×奥行7.5×高さ31.5cm
柄のタイプジョイント (最長127cm)
特徴360度回転・ラバー付きグリップ
付属ドライシート7枚・ウェットシート3枚

初めて購入する方におすすめの1式セット!

米国P&G社の、初めての方でも安心のスターターキットセットです。付属のシートにはマイクロ繊維によってとらえたゴミを逃がさない "トラップ&ロック構造" という独自テクノロジーが施されているところがポイント。しっかりゴミをキャッチ出来そうですね。

また、ドライシートとウェットシートの両方が付いてくるところも◎。ホコリや髪の毛が気になる時はドライシートで、床に付いた汚れやシミを落としたい時はウェットシートで拭き分けることが出来ますよ。

大きめ面積のヘッドなので、広いスペースの床掃除をするのに最適な商品です。

4

アズマ工業

ミニフローリングワイパー (軽くて丈夫な伸縮アルミ柄)

サイズ幅18×奥行6.5×高さ63.5cm
柄のタイプ回す (最長63.5cm)
特徴スポンジパッド・軽くて丈夫なアルミ柄
付属

ミニサイズで狭いスペースもお掃除ラクラク!

入り組んだ場所や狭い場所のお掃除におすすめなミニフローリングワイパーです。テーブルやイス周り、トイレなどの小スペースに非常に使いやすくて小回りが利くところが特徴。大きなワイパーでは拭きづらいところも快適ですよ。

また、ヘッドの裏は柔らかいスポンジパッドが施されているので、力を入れて拭いても床を傷つける心配がなさそうですね。さらに軽くて丈夫なアルミ製の柄なので耐久面でも◎。

しっかりと長さの調節もできるコンパクトサイズのフローリングワイパーはいかがでしょうか?

3

山崎産業 (Yamazaki Sangyo)

コンドル フローリングワイパー

AF300 418565

サイズ幅30×奥行11×高さ112cm
柄のタイプ1本柄
特徴エラストマークッション
付属シート5枚

コスパ◎!1本柄で力を込めやすいワイパー

こちらは1本柄のフローリングワイパーです。長さの調節は出来ませんが、力を込めて拭くことが出来て使用中に縮んでしまう心配もありません。

また、ヘッド裏には耐久性に優れたストラマークッションを採用しているところも魅力。ぴったりと床にフィットするため細かいホコリなども逃がしませんよ。

さらに1本柄は繋ぎ目がないので、壁や天井などを拭く時も曲がったりせずにしっかりと掃除出来るところが嬉しいですね。

収納には多少場所を取ってしまいますが、1本柄は余計な気を使わなくて良いので是非おすすめです。

2

3M(スリーエム)

スコッチブライト フロアワイパー

FW-TSS

サイズ幅25×奥行11.4
柄のタイプ伸縮 (最長130cm)
特徴360度回転・凸凹ゴム製ヘッド
付属ドライシート3枚

可動性抜群!360度動くヘッドで自由自在

お掃除グッズで有名なスコッチブライトのフローリングワイパーです。鮮やかなグリーンカラーが生活感の出やすい掃除道具を爽やかな印象にしてくれますね。

また、ヘッド裏が凸凹形状になっているところもGOOD!小さくて取りにくいゴミから大きなゴミまで、ヘッド全面でしっかり拭き取ることが出来ますよ。拭いたはずなのにまだゴミが・・・ということも少なくなりそうですね。

さらに、ヘッドが360度回転するところも大きな魅力となり、拭きづらいタンスや冷蔵庫の隙間・裏も自由自在に動いてくれます。デザイン性と機能性に優れたフローリングワイパーをお探しの方に是非おすすめです。

1

花王(Kao)

クイックルワイパー

サイズ幅10×奥行6.5×高さ28.5cm
柄のタイプジョイント (最長110cm)
特徴グルグルやわらかヘッド・極薄ヘッド・ラバーキャップ
付属ドライシート・立体吸着ウェットシート各1枚

グルグルヘッドで汚れを逃さずキャッチ!

フローリングワイパーと言えばクイックル!と言っても過言ではないほど有名で人気の商品です。機能性の高いところが人気の秘訣。まずヘッド裏は凹凸形状になっているので、少しの力でゴミやチリなどをしっかりキャッチしてくれます。

またヘッドがわずか3cmの極薄仕様になっているところも魅力。家具の下の狭い隙間もスイスイ入って綺麗に出来ちゃいますよ。さらにグリップ部は握りやすいラウンド形状になっていることに加え、グリップの先端にはラバーキャップも付いていて◎。ちょっと手を離したい時に壁に立て掛けても、ズルズルと滑って倒れにくくなっているんです。

長さはジョイントタイプで調節可能。低い位置から高い位置までこれ1本にお任せできるフローリングワイパーです。迷っているなら是非おすすめですよ!

おすすめフローリングワイパーの比較表

商品画像商品名紹介文サイズ柄のタイプ特徴付属商品詳細へ移動

1

1位のアイテムの商品画像

花王(Kao)

クイックルワイパー

グルグルヘッドで汚れを逃さずキャッチ!幅10×奥行6.5×高さ28.5cmジョイント (最長110cm)グルグルやわらかヘッド・極薄ヘッド・ラバーキャップドライシート・立体吸着ウェットシート各1枚

2

2位のアイテムの商品画像

3M(スリーエム)

スコッチブライト フロアワイパー

可動性抜群!360度動くヘッドで自由自在幅25×奥行11.4伸縮 (最長130cm)360度回転・凸凹ゴム製ヘッドドライシート3枚

3

3位のアイテムの商品画像

山崎産業 (Yamazaki Sangyo)

コンドル フローリングワイパー

コスパ◎!1本柄で力を込めやすいワイパー幅30×奥行11×高さ112cm1本柄エラストマークッションシート5枚

4

4位のアイテムの商品画像

アズマ工業

ミニフローリングワイパー (軽くて丈夫な伸縮アルミ柄)

ミニサイズで狭いスペースもお掃除ラクラク!幅18×奥行6.5×高さ63.5cm回す (最長63.5cm)スポンジパッド・軽くて丈夫なアルミ柄

5

5位のアイテムの商品画像

Swiffer(スイッファー)

フロアワイパー スターターキット

初めて購入する方におすすめの1式セット!幅12.3×奥行7.5×高さ31.5cmジョイント (最長127cm)360度回転・ラバー付きグリップドライシート7枚・ウェットシート3枚

まとめ

今回は、フローリングワイパーの人気おすすめ商品をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか?

掃除機をかける程でもないけど、気になるホコリや髪の毛をサッと綺麗にしたい時にとっても便利なフローリングワイパー。1つ持っていると非常に助かるので、是非お気に入りの商品を探してみて下さいね♪

関連キーワード

  • 掃除

生活雑貨の人気ランキング